医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2012年01月号

病院

2012年01月号 (通常号) ( Vol.71 No.1)
特集 病院と日本復興
東日本大震災では,被災した医療機関を含め全国から駆けつけた医療人が医療・介護に力を注いだ.今こそ病院が担ってきたセーフティーネットを検証しながら,震災をのりこえ,人口構造の変化も見据えて,医療や社会保障の新しい枠組みを作り上げる時ではないか.

神野 正博
【座談会】震災復興と社会保障改革,これからの病院の役割を問う
堺 常雄・西澤 寛俊・日野 頌三・
山崎 學・井伊 雅子
日本の財政健全化と消費税
田近 栄治
東日本大震災への対応と医療提供体制の再構築
唐澤 剛
2025年の病院のあり方を考える
 -全日本病院協会「病院のあり方に関する報告書2011年版」より
徳田 禎久
被災地で目指す高齢社会のまちづくりモデル
後藤 純
東日本大震災におけるDMAT活動と課題
小井土 雄一・近藤 久禎・市原 正行
東日本大震災における対応-JMAT:日本医師会災害医療チーム
石井 正三
震災への対応と医療情報化
有倉 陽司


■グラフ
マネジメントの視点から災害対応を考える-Hospital MIMMS
 順天堂大学医学部附属練馬病院

■カラー連載 病院が変わる アフリカの今・1
病院変革戦略としての5S/KAIZEN/TQM
長谷川 敏彦


●病院への政策金融 事業仕分けと東日本大震災を通して・3(最終回)
大震災からの復旧・復興のために政策金融が果たす役割
岩野 正史
●臨床倫理コンサルテーション・9
臨床倫理コンサルテーションの方法(3)-分析・検討④
瀧本 禎之
●医療ソーシャルワーカーの働きを検証する・65
救命救急センターにおける医療ソーシャルワーク
品田 雄市
MSWと協働して
岩渕 篤敬
●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…・52
上方落語が描く病と医者(1)-身体で聴くということ
鉄郎
●病院経営フォーラム
病院原価計算手法の再考-手法論から活用論へ(1)
 原価の定義とその範囲の再考
渡辺 明良
●アーキテクチャー 保健・医療・福祉
競争力強化の手段としての病院建築-韓国病院建築の動向
尹 世遠
●リレーエッセイ 医療の現場から
それぞれの時代と『病院』
細田 満和子
●「海外医療情報」
二木 立

商品写真
定価 3,132円
(本体2,900円+税8%)
(品切中)