医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2011年09月号

病院

2011年09月号 (通常号) ( Vol.70 No.9)
特集 地域医療を支える住民の活動
地域医療崩壊が叫ばれる中で,住民が当事者意識を持ち,医療者や行政と連携して医療を守る動きが出てきている.本特集では多数の実践報告を紹介し,地域医療を守る住民の活動の意義と今後のあり方について議論する.


【表紙】
赤木 主税 「恐竜」 制作年不明(1996~2005の間)
墨,アクリル,紙 76×54cm
1980年岡山県生まれ.生後1か月でダウン症と診断される.中学卒業後に通所した岡山県吉備の里能力開発センターで絵画の才能を開花.97,98年「Tシャツアート展」受賞,世界人権宣言50周年記念切手デザインコンクール佳作入選ほか.2006年4月より茨城県つくば市にあるNPO法人自然生クラブに参加.絵画制作の他,田楽舞の舞台にたち,アイルランド,ベルギー等の演劇祭に参加,国内外問わず精力的に作品展,公演を行う.
【今月号の作品】
彼は昔から恐竜が大好きである.だから恐竜の絵を沢山描いている.彼の恐竜は歯が強調されていることが多い.この恐竜も大きく口をあけて,歯が見える.(母 赤木真里子)

伊関 友伸
住民が地域医療を支える意義
伊関 友伸
これからの医療とマスコミ報道
飯野 奈津子
【先行事例】
 県立柏原病院の医療再生の現状-兵庫県丹波地域の住民の取り組み
足立 智和
 対話の場をつくる-地域医療を育てる会の挑戦
秋山 美紀
【実践報告】
 「条例」に込めた地域医療再生への思い-宮崎県延岡市
首藤 正治
 地域と大学が協働で取り組んだ人材育成-富山県南砺市
山城 清二
 住民・行政・医療の“かけはし”・“なかま”づくり-福井県高浜町
井階 友貴
 “地域医療サポーター”制度-飯塚病院
萱嶋 誠
 地域住民の協同によって建設-南生協病院
柴田 寿彦


■グラフ
地域を知る,医療を知る
 福島県立医科大学 ホームステイ型医学教育研修プログラム

■連載 看護学生と若手設計者が考える 理想の病院・9
子どもがわくわくする
中村 慎吾


●臨床倫理コンサルテーション・5
臨床倫理コンサルテーションの方法(2)-ケースコンサルテーションの手順
瀧本 禎之
●医療BSC基礎講座・8
BSCにおける経営戦略(その2)
高橋 淑郎
●医療ソーシャルワーカーの働きを検証する・61
患者の自己決定を支える-患者に寄り添った支援と連携
岩佐 暁子
MSWと協働して
武本 節子
●医療マネジメント 21世紀への挑戦・6 最終回
新・病院経営戦略-21世紀医療マネジメントの導きの糸
長谷川 敏彦
●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…・48
鉄郎対談集(3) おなかの胃ろう見せて 食べるはいのちの深淵と結びつく
鉄郎
●アーキテクチャー 保健・医療・福祉
【200回特別鼎談】 医療・福祉施設の被災からの復興
筧 淳夫・中山 茂樹・山下 てつろう
●リレーエッセイ 医療の現場から
東日本大震災から見えたもの
工藤 裕子
●「海外医療情報」
二木 立


■編集委員(五十音順)
井伊 雅子 一橋大学国際・公共政策大学院教授
池上 直己 慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教授
伊関 友伸 城西大学経営学部マネジメント総合学科教授
猪口 雄二 医療法人財団寿康会理事長
神野 正博 恵寿総合病院理事長
山田 隆司 台東区立台東病院管理者・院長

商品写真
定価 3,080円
(本体2,800円+税10%)
(品切中)