医学書院

検索
HOME雑 誌JIM > 2011年10月号

JIM

2011年10月号 (通常号) ( Vol.21 No.10)
特集 思春期女子への診療 ティーンズとどう向き合いますか
 臓器や年齢を特定せずに地域の住民の診療を担当する家庭医・プライマリケア医は,10代の若者の診療に携わることも多い.子どものころから関わっていることや,家族背景などに詳しいこともあり,親からも,本人からも相談を受けることがある.とりわけ,思春期の女子(おおむね11歳から18歳まで)は,こころもからだも変化の時であり,重要なライフステージにある.従来,小児科,産婦人科,内分泌内科,整形外科,児童精神科など多くの専門家が担当している領域に,横断的なアプローチと予防医療を得意とする私たちがどのように関わっていけばよいか,とくに「最初の相談」についてなすべき診療と,つなぐべきコンサルテーションを主眼とした特集企画である.

■総論
思春期女性のからだとこころの成長・発達
井上 真智子
一般外来受診で思春期女子と話し合うべきこと
稲田 美紀
■ティーンズ女子のよくある悩み
にきびをはじめとしたスキントラブル
中村 健一
月経異常・若年妊娠
高橋 幸子・北村 邦夫
不登校と仲間関係
関谷 秀子
立ちくらみ・めまい
田中 英高
思春期の栄養と肥満・やせ
橋本 令子
■ティーンズ女子への介入
子宮頸がんワクチン対象になったら
久布白 兼行
発達障害・アスペルガー症候群を疑ったら
広沢 正孝
DV/暴力の介在を疑ったら
奥山 真紀子
■スペシャル・アーティクル
キャリーオーバー疾患における家庭医の役割
佐古 篤謙
今月のQuestion & Keyword Index

One more JIM


ガールズ・グループ
松村 真司
●What’s your diagnosis?・106
めまいが… 左もなんだか… ふたつに見えます…
中村 琢弥・高木 幸夫
●JIMで語ろう ローレンス・ティアニー×岩田健太郎 対談
優れた診断医はどう育つか? ――ティアニー氏に聞く(前編)

●シネマ解題 映画は楽しい考える糧・52
「ロバート・イーズ」
浅井 篤
●JIM Report
医師と携帯端末 私とiOS
軽米 寿之
●JIM Report
第3回近畿家庭医療学後期研修医ポートフォリオ発表会in京都の報告
朝倉 健太郎・中村 琢弥
●風邪の総合診療・6
局所不明瞭・高熱のみ型(熱+α,α≒0?)後編
岸田 直樹
●構造と診断 ゼロからの診断学・19
リンパ節腫脹とデジタル
岩田 健太郎
●レジデント Case Conference
子宮筋腫の手術前に著明な甲状腺機能低下をきたした45歳女性
和田 伊織・仲里 信彦・仲井 盛・豊川 貴生・篠原 直哉
●次号(11月号) 特集 知っておくべき高齢者の評価法