医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2010年07月号

訪問看護と介護

2010年07月号 (通常号) ( Vol.15 No.7)
特集 たんの吸引,医行為をめぐる連携
在宅の現場から,いま必要とされていることを問う
 介護職への医行為の拡大によせて
太田 秀樹
安全で効果的な介護職との協働を実現するために
 介護職によるたんの吸引について,看護職がすべきこと
川村 佐和子
訪問ヘルパーとして医療的ケアを実践して
 ヘルパーによる医行為において一番大切なこと
伊藤 佳世子
対談:介護研究会の実践から介護と看護の連携を考える
安達 マツ子・小池 洋子
介護職に必要な医療の知識と技術
 グループホームで開催した勉強会をふり返って
城 美奈子
訪問介護における人材育成の現状と課題
 訪問看護と介護の連携・協働のために
上之園 佳子
資料:特別養護老人ホームにおけるたんの吸引等の取扱いについて(通知)
 (平成22年4月1日厚生労働省発出)


■『逝かない身体――ALS的日常を生きる』大宅壮一ノンフィクション賞受賞記念企画
【対談】
私たちは「逝かない身体」と語り合える
川口 有美子・柳田 邦男
【対談を終えて】
逝かない身体と,逝きゆく身体と。母のいのちを支えたものと,その今後の課題
川口 有美子
【受賞によせて】ALS当事者の立場から
いつか焼かれる現実を知ってからの生き方
橋本 みさお
【受賞によせて】訪問看護・介護の立場から
患者さんに教えられて
塩田 祥子・中村 記久子
『逝かない身体』を読むための十冊
介護で“眠られぬ夜”のために
川口 有美子


■特別記事
患者の安全と介護者の負担軽減のために
 気管カニューレからの喀痰自動吸引システムの導入が可能に
山本 真
■訪問ほっとらいん
若年認知症の現状と実態
 『若年認知症の人と家族のために~サービス利用のてびき~』を発行して
関本 紀美子


●訪問看護時事刻々・136
勤労統計調査
石田 昌宏
●在宅ケア もっとやさしく,もっと自由に!・10
バルーンカテーテルをめぐって
秋山 正子
●せんねん村村長 老いを地域で活かす・10
“尊厳を傷つけるケア”よりよい生を全うするために・3
中澤 明子
●ほんとの出会い・52
紅紫の花の妖精と 純白の水芭蕉
岡田 真紀
●すっきり&やすらぎアロマ・4
アロマを生みだすハーブ バラ
百々 雅子
●読むことと旅すること 人との出会いに魅せられて・4
6月に寄せて
服部 祥子
●お母さんといっしょ・19
薬局のバカヤロー
横谷 順子
※マグネットステーションインタビューは都合により休載いたします 

商品写真
定価 1,296円
(本体1,200円+税8%)
(品切中)