医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2008年04月号

保健師ジャーナル

2008年04月号 (通常号) ( Vol.64 No.4)
特集 あなたのまちに地震が来たら?―2度の震災を乗り越えた新潟に学ぶ震災対応
いつ,どこで起きてもおかしくない震災。どんな準備をしても万全とは言い難いが,準備をしなければ決して対応できないといわれる。それを身をもって体験したのが,2004年,2007年と3年の間に2度の震災を乗り越えた新潟県だ。復興なったばかりのまちを襲った地震に対して,現場の保健師はどう対応したのか。過去最大規模の派遣保健師を受け入れ,どんな災害支援活動が行われたのだろうか。当事者たちの語りから,震災対応の実際を学び,明らかになった課題を整理する。
同時に,準備性を高めるための各地の取り組みを紹介し,いま,保健師が自分のまちでできること,しなければならないことを考える。


■新潟県中越沖地震―県内2度目の全国保健師派遣支援の実際
奥田 博子
新潟県中越沖地震から,被災地での保健活動の課題やポイントを学ぶ。最近の災害支援の状況から,新たな健康課題へのスピーディーな対応が求められるようになっている。また災害後は直接支援に目が行きがちだが,全体調整の役割が非常に重要であることも押さえておきたい。派遣においては,被災地の混乱を踏まえ,流動性のある,自己完結型の活動が望まれる。災害時は,被災自治体としても,派遣チームとしても,みる・つなぐ・動かすという保健師能力の基本が試される。地域特性に合った具体的な取り組みを,平時から心がけることが重要である。

■新潟県中越沖地震:現場での実際 県庁の役割
坪川 トモ子
中越沖地震発災から1か月間に新潟県が行った対応を紹介する。被災直後は情報収集が困難だったものの,①市村の被災地活動本部への支援,②避難所での健康管理,③被災地保健所の体制の強化の3点に絞って保健師派遣をすることにし,厚労省や県内保健所・市町村,看護協会などへ向けて適宜派遣要請を行った。また保健所との連絡を密にとり,対策本部への情報提供や改善提案などを行うとともに,被災地保健師・派遣保健師間の情報共有のため,活動報告会を開催した。今後の課題としては,いざというとき動けるための研修・訓練の充実や,スムーズな派遣調整のための関係機関との連携強化,派遣要請指針の策定などが考えられる。

■新潟県中越沖地震:現場での実際 保健所の役割
山田 秀子
保健所保健師が行った支援について報告する。被災後はさまざまな対応に忙殺されるため,応援保健師などによる保健所の機能強化はたいへん有効であった。派遣調整においては,自己完結型活動の促進を心がけた。時間の経過とともに住民の健康課題や派遣保健師の役割,市職員の心身状態などに変化が訪れ,それに臨機応変に対応することが求められた。3年前より,より早く,多くの対応が必要であったように思う。しかし災害対応は日々の保健師活動の組み合わせと凝縮であり,保健師であるなら対応できると考えている。

■新潟県中越沖地震:現場での実際 派遣チームの役割
山田 幸世・他
新潟県に隣接し,被災4日後から現地入りした群馬県の派遣体制と活動の実際を報告する。3年前の中越大震災の派遣経験から,保健活動のための公用車やノートパソコンなどを手配し,機動力の確保に努めた。前派遣の際の資料などは大いに有用であった。
現地へ派遣された保健師の活動は,復興が進むにつれ変化していった。当初は特定避難所での活動が中心であったが,やがて複数の避難所を巡回し,家庭訪問を行うこととなり,最終的には仮設住宅での支援となった。
今回の活動での経験を活かしマニュアルを充実させるなど,今後へつなげていきたい。

■被災への備え・派遣への備え
─「神戸市災害時保健活動マニュアル」を活用した日頃の保健師活動と災害
野々村 久実枝
神戸市は「神戸市災害時保健活動マニュアル」をもとに災害に備えている。マニュアルには災害時保健活動の視点や留意点をまとめるとともに,被災時の受け入れについては事前調整の手順を定め,派遣については,毎年度当初に派遣チーム体制をつくること,必要物品の一覧などを明記している。情報管理,平常時保健活動で心がける点などについても章を割き,日頃からの備えに努めている。また被災体験のない職員が3分の1を占めるなか,マニュアルだけでなく研修によって活動の標準化をはかっている。

■東海地震に備える災害時健康支援活動
土井 倫子
東海地震を想定した静岡県の災害時健康支援体制を紹介する。県所属の保健師の半数以上が被災地派遣を経験し,実践経験を積むとともに,その経験をもとにマニュアルを見直し,充実を重ねている。年3回の防災訓練において保健師派遣シミュレーションを行っている。また県内4つの防災局のうち3か所に保健師・看護師を配置し,体制整備や訓練,研修などを行っている。市町の体制整備は今後の大きな課題であるが,災害は必ず来るものと考え,今後も体制整備に努めていきたい。

■健康危機管理としての震災への備え―保健所保健師への期待
佐々木 隆一郎・他
厚労省地域保健対策検討会において,保健所は地域の健康危機管理の拠点と位置付けられた。長野県飯田保健所では,住民の健康を守ることを第一の役割と考え,(1)Preventive Deathを最小限にすることと,(2)2次健康被害の予防を行うため,地域特性に応じた体制づくりを行っている。保健所保健師に期待する役割は,(1)市町村が担えない部分の要支援者対策,(2)②地域の看護職が災害医療に関与するための体制づくり,(3)二次健康被害予防対策である。課題はあるが,職員がそれぞれの立場で,日常業務の合間をぬって準備を行うことが重要である。


■PHOTO 「まちづくり」の現場
“口から食べる幸せ”をサポート!―嚥下障害ケア「おいしい!プロジェクト」の取り組み

■PICK UP 私のまちづくり
病院から発信する地域リハビリテーション―嚥下障害ケア「おいしい!プロジェクト」の実践
村松 智子
■FOCUS
健診への住民ニーズに「即日検査」で応える
毛利 好孝・他
■活動報告
三鷹市における母親支援グループ活動
杉山 静


●【新連載】外傷からみつける虐待 サインを見逃さないための6つのレッスン・1
着衣に隠された痕跡は何を語る?
佐藤 喜宣
●ニュースウォーク・121
「末期治療文書」 75歳線引きの怪
白井 正夫
●【新連載】あの人の思い出カバン・1
思いのたけは言葉を超えて“ハニカミ保健師” 青嶋智重子さん(元山形市)
村中 峯子
●保健師のための経営学 シゴトの進め方の技術を学ぼう・4
情報収集のコツ
栗岡 住子
●看護系大学・研究所からのメッセージ・40
岡山大学大学院保健学研究科

商品写真
定価 1,404円
(本体1,300円+税8%)
(品切中)