医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2008年06月号

病院

2008年06月号 (通常号) ( Vol.67 No.6)
特集 人材不足をどう打開するか
「病院医療崩壊」と言われるほどの医師・看護師不足.平成18年の看護基準変更による看護師争奪戦は現在も続き,さらに多くの介護職が現場から離れてしまった.このような状況で,今後さらに進む超高齢化社会を乗り越えられるのであろうか.現状認識とともに,明日の医療・介護に対する打開策を探る.


松田祐樹・作 因幡の白兎 2007年 紙,アクリル 20×16×11cm
1987年東京生まれ.2007年春に個展デビューしたペーパークラフト作家.ネフローゼ症候群等による入院を繰り返す中で,繊細な立体表現に関心を持つ.表紙に紹介してゆくのは日本昔話の数々.設計図なしで頭の中のイメージから一気に創りあげる手法である.
6月号は因幡の白兎.白兎がワニを欺き,その背を飛び越えて,因幡の国に渡ろうとしたが,企みがばれて皮を剥ぎ取られてしまう場面.白兎の痛々しい表情と,大国主命のおおらかな表情が対照的である.ワニの背の足跡にも着目してほしい.


猪口 雄二
■高齢社会における労働力と労働市場の変化
佐野 哲
■現在の病院看護基準と看護師不足解消の方向性
楠本 万里子
■看護師の労働需給と雇用政策
角田 由佳
■介護労働者を取り巻く状況とその対応
鈴木 康裕
■医師・看護師不足への対応策としての「短時間正社員制度」の可能性
高崎 真一
【人材不足の現状と対応】
■「病院経営の現況調査」報告―日本病院団体協議会 平成19年10月発表
猪口 雄二
■短時間正職員制度の導入と効果
浅見 浩
■医師に選ばれる病院とは
稲葉 一元


■グラフ
社会人としての人材育成が人材確保への近道
山形市立病院済生館
【連載】
ヘルスケアと緑・6 緑に憩う
浅野 房世


■レポート
医療費未収問題における医療ソーシャルワーカーとしての貢献
都成 祥子・秋田 穂束


●医療ソーシャルワーカーの働きを検証する・25
在宅医療におけるMSWの退院支援―患者の意思を支える専門職として
永野 なおみ
●〈続〉基本からわかる医療経営学・3
医療専門職の特性と病院組織
中島 明彦
●続クロストーク医療裁判・6
術後管理における医師の責任―食道がん手術後気管内挿管抜管事件
小西 安世・石川 優佳・岡住 慎一・落合 武徳
●職場のメンタルヘルス・15(最終回)
今求められているメンタルヘルス対策
武藤 清栄・村上 章子
●DPC時代の医療経営管理塾・1
診断群分類とは
高橋 泰
●病院管理フォーラム
エクセレント・ホスピタルの条件を探る・6
米国・MB賞受賞病院の業務改善活動―マネジメントの質を高めるプロセス
猶本 良夫
医療経営と可視化・9
現場からの可視化(3)―可視化による病院マネジメント
齋藤 哲哉
医事法・14
医療責任の期間制限(時効・除斥期間)
植木 哲
●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…・9
病院に登場したコンビニ―病院に外の風を入れよ
鉄郎
●アーキテクチャー 保健・医療・福祉
徳島赤十字病院
小北 武・中村 俊一
From Hospital
水口 艶子
●リレーエッセイ 医療の現場から
リラクゼーションルーム M.M.C.
植松 順弘
●「海外医療情報」
二木 立


■編集委員(五十音順)
池上 直己 慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教授
猪口 雄二 寿康会病院理事長・院長
大道 久 日本大学医学部医療管理学教授
河北 博文 河北総合病院理事長
神野 正博 恵寿総合病院理事長
広井 良典 千葉大学法経学部総合政策学科教授

商品写真
定価 3,024円
(本体2,800円+税8%)
(品切中)