医学書院

商品写真

≪看護教育実践シリーズ 2≫

授業設計と教育評価




シリーズ編集:中井 俊樹
編集:中井 俊樹/服部 律子
  • 判型 A5
  • 頁 200
  • 発行 2018年03月
  • 定価 2,640円 (本体2,400円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03544-6
授業設計、教育評価、授業改善を関連させながら原則と方策を学ぶ
授業設計、教育評価、授業改善の3つは、それぞれが関連し合っていて切り離して考えることはできない。授業を設計する際には評価の視点が必要であり、評価により授業の改善点が明確になってくるからである。本書は、それぞれの基本的な考え方を説明しながら、学習目標の立て方、学習配列の考え方、評価のしかたなど実践的な内容を提示。これから授業を組み立てる方にも、これまでの授業を見直したい方にも参考になる1冊。
*「看護教育実践シリーズ」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
「看護教育実践シリーズ」刊行にあたって
はじめに
本書の構成と使い方

第1部 授業設計の意義と方法
 1章 授業設計とその意義を理解する
  1 授業は設計から始まる
   1 授業は段取り八分
   2 授業設計を理解する
   3 設計をシラバスで表現する
  2 設計で授業の質が高まる
   1 カリキュラムに沿った授業になる
   2 学生にあった授業になる
   3 目標,方法,評価が整合性をもつ
   4 設計することで柔軟に対応できる
  3 授業設計を明示する意義を理解する
   1 学生の学習の指針になる
   2 教員にとって意義がある
   3 教育機関にとって意義がある
  4 授業設計の方法と課題を理解する
   1 授業設計の理論的背景を理解する
   2 逆向きに設計する
   3 教員の陥りやすい失敗を理解する
 2章 授業の学習目標を設定する
  1 学習目標を設定する意義を理解する
   1 学習目標によって授業内容が決まる
   2 学習目標は学生の指針となる
   3 学習目標は学習意欲を向上させる
   4 学習目標によって評価が可能になる
  2 学習目標の種類を理解する
   1 到達目標と方向目標を理解する
   2 領域別の学習目標を理解する
   3 認知領域の学習目標を理解する
   4 情意領域の学習目標を理解する
   5 精神運動領域の学習目標を理解する
  3 学習目標を検討する
   1 学習目標の設定には考慮すべき視点が多い
   2 カリキュラムの視点から検討する
   3 専門家の視点から検討する
   4 学生の視点から検討する
  4 学習目標を精選する
   1 学習目標を列記する
   2 優先順位をつける
   3 実行可能かどうかを確認する
   4 学習目標を適切な数に集約する
 3章 学習活動を配列する
  1 学習活動の順序を考える
   1 スコープとシーケンスを理解する
   2 望ましい学習活動の配列を理解する
  2 学習内容を配列する
   1 単元を取り入れる
   2 課題分析で学習内容を構造化する
   3 学習内容の配列を決める
  3 必要な学習方法を特定する
   1 学習目標に適した学習方法を理解する
   2 学習方法を列記する
  4 授業全体の計画を作成する
   1 学習活動の流れをつくる
   2 計画の実行可能性を高める
 4章 シラバスを作成する
  1 シラバスを理解する
   1 シラバスの役割を理解する
   2 2つのシラバスを区別する
   3 シラバスで学習を促す
   4 シラバスの記載項目を確認する
  2 授業の目的と学習目標を明示する
   1 授業の目的を記述する
   2 学習目標を明確に示す
   3 学習目標を点検する
  3 成績評価の方針と方法を明示する
   1 教育機関の方針を踏まえる
   2 学習目標に沿った成績評価にする
   3 方法,基準,配分などを示す
  4 授業計画と支援方法を明示する
   1 各回の学習の内容と方法を示す
   2 授業時間外の学習活動を示す
   3 教科書や教材を示す
   4 受講ルールを示す
   5 オフィスアワーを示す
 5章 複数教員による授業を設計する
  1 複数教員による授業の特徴
   1 複数教員で教える機会は多い
   2 複数教員で教える利点を理解する
   3 複数教員で教える授業の4類型
   4 一貫性や継続性が課題になる
  2 複数教員で授業を設計する際の留意点
   1 設計の原則は変わらない
   2 協力し合える関係性が重要
   3 打ち合わせで役割を明確にする
   4 学生の学習状況を共有する
  3 オムニバス授業における工夫
   1 オムニバス授業に適した科目を理解する
   2 オムニバス授業の調整役を務める
   3 オムニバス授業に授業分担者として参加する
   4 オムニバス授業の成績評価を行う
  4 チーム授業における工夫
   1 個別指導に適している
   2 チーム授業の準備の留意点
   3 チーム授業の課題と向き合う

第2部 教育評価の基本と方法
 6章 教育評価の基本を理解する
  1 評価の力を理解する
   1 評価は重要だが難しい
   2 難しいのには理由がある
   3 評価は学習を変える
   4 評価は授業を改善する
  2 評価の構成要素と種類を理解する
   1 5つの構成要素を理解する
   2 目的別の評価を理解する
   3 主体別の評価を理解する
   4 基準別の評価を理解する
  3 適切な評価方法を選択する
   1 さまざまな評価方法を理解する
   2 適切な評価方法を選ぶ
  4 授業に評価を効果的に組み込む
   1 学生の学習活動を促す
   2 評価の方針を明確にする
   3 日常的な評価を活用する
   4 人が評価するバイアスを理解する
 7章 筆記テストによって評価する
  1 筆記テストを設計する
   1 筆記テストの特徴を理解する
   2 筆記テストの全体計画を立てる
  2 客観テストを作成する
   1 客観テストの特徴と種類を理解する
   2 正誤法の問題を作成する
   3 多肢選択法の問題を作成する
   4 組み合わせ法の問題を作成する
   5 並び替え法の問題を作成する
   6 単純再生法の問題を作成する
   7 完成法の問題を作成する
  3 論述テストを作成する
   1 論述テストの特徴を理解する
   2 解答の自由度を検討する
   3 論述テストの問題を作成する
   4 論述テストの採点を工夫する
  4 筆記テストの運営を工夫する
   1 筆記テストに向けて学習させる
   2 不正行為を防止する
   3 学生にフィードバックを与える
   4 結果から改善点を明らかにする
 8章 実技テストによって評価する
  1 実技テストによる評価の特徴を理解する
   1 実技テストを理解する
   2 看護技術の特徴を理解する
   3 実技テストの課題を理解する
  2 実技テストを設計する
   1 技術到達目標を設定する
   2 実技テストの内容を定める
   3 実技テストの方法を定める
   4 実技テストの制約や条件を考慮する
   5 実技テストの実施要項をつくる
  3 実技テストの評価基準を設定する
   1 評価項目を設定する
   2 評価基準を設定する
   3 客観的な評価を目指す
  4 実技テストの質を高める
   1 学生の緊張に配慮する
   2 思考のプロセスや判断の根拠も評価する
   3 実技テストを振り返る
 9章 学生の成果物によって評価する
  1 成果物による評価の特徴を理解する
   1 教育性の高い評価方法である
   2 レポートは代表的な成果物
   3 多様な成果物に目を向けよう
  2 学習課題を与える
   1 学習目標に応じて課題を検討する
   2 成果物の評価基準を明確にする
   3 明確に指示を与える
   4 自分で考えないとできない課題にする
   5 段階的に学習を進める
  3 成果物を評価し結果を伝える
   1 評価基準に沿って採点する
   2 フィードバックを与える
  4 成果物に対する評価の工夫
   1 学生自身に評価させる
   2 学生間で協力させる
   3 グループの成果物を評価する
 10章 評価基準を可視化する
  1 評価基準を可視化する意義を理解する
   1 学生の学習を方向づける
   2 的確にフィードバックできる
   3 教員間で評価基準を共有できる
   4 評価結果に納得できる
  2 チェックリストを作成する
   1 チェックリストの特徴を理解する
   2 チェックリストの作成方法を理解する
   3 チェックリストに尺度を加える
   4 多面的に評価する
  3 ルーブリックを作成する
   1 ルーブリックの特徴を理解する
   2 ルーブリックの作成方法を理解する
   3 ルーブリックを作成する際の工夫

第3部 授業改善の方法
 11章 授業改善の方法を理解する
  1 実践を通して授業を改善する
   1 意図的に授業改善の機会をつくる
   2 授業改善は教育評価の目的の1つ
   3 授業改善には2つのアプローチがある
  2 授業実践を振り返り改善する
   1 授業改善にはモデルがある
   2 授業改善につながるように振り返る
  3 授業のなかで改善点を明らかにする
   1 授業の途中で振り返る機会をつくる
   2 学生の反応を確認する
   3 学生の理解度を確認する
   4 自分の授業を録音・録画する
   5 参観者にアドバイスを求める
  4 授業全体を評価し改善する
   1 学生の試験結果を活用する
   2 授業評価アンケートを活用する
  5 自分自身の教育能力を向上させる
   1 同僚教員と教育について議論する
   2 ほかの教員の授業を見学する
   3 各種研修の機会を活用する
   4 自分の教育活動の実績を整理する

付録 授業に役立つ資料
 1 初回配付用シラバスの例
 2 授業評価アンケートのシートの例
 3 ティーチングポートフォリオの例
 4 用語集

文献
執筆者プロフィール
索引
関連書
  • 商品写真
    学生・新人看護師の目の色が変わる
    アイスブレイク30
    著:内藤 知佐子/宮下 ルリ子/三科 志穂
    定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-03938-3
  • 商品写真
    つまずき立ち上がる看護職たち
    臨床の知を劈く看護職生涯発達学
    編著:佐藤 紀子
    定価 2,970円 (本体2,700円+税10%)
    ISBN978-4-260-03925-3
  • 商品写真
    授業を活性化するLTD
    協同を理解し実践する紙上研修会
    著:安永 悟
    定価 2,640円 (本体2,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-03941-3