医学書院

商品写真

処置時の鎮静・鎮痛ガイド




編集:乗井 達守
  • 判型 A5
  • 頁 256
  • 発行 2016年11月
  • 定価 4,400円 (本体4,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02830-1
患者も術者もラクになる。処置時の鎮静・鎮痛を使いこなそう!
縫合・除細動・内視鏡の挿入など、一般的な処置の際に、患者の痛みや不安を軽減する鎮静や鎮痛について、入門的に解説したガイドブック。基本的な考え方から薬剤の使い分け、場面別での方法やケーススタディも収録。非麻酔科医でも安全にできる、鎮静・鎮痛の世界的スタンダード。付録には、鎮静・鎮痛施行の際に必要な各種チェックリスト、同意書のひな形などを掲載し、またPDF形式でのダウンロード配信も行っている。
●読者の皆様へ 付録PDF ダウンロードのご案内
本書巻末の付録1~4を配信しています。見返しのシールに記載されているユーザー名とパスワードをご用意のうえ,ダウンロードしてお使いください。
『処置時の鎮静・鎮痛ガイド』 巻末付録1~4 (sedation.pdf) [A4・11頁 4.5MB]
▼付録のご利用にあたって
目 次
Part 1 序論
 (1)処置時の鎮静および鎮痛とは
誰でも不快なのは嫌だ/処置時の鎮静および鎮痛(PSA)とは/合併症は珍しいが怖い/時には鎮静をしないという選択肢も/インフォームド・コンセント
 (2)ガイドライン
諸外国のガイドライン/日本のガイドラインの現状
 (3)PSAをめぐる歴史と研究
進化し続けるPSA/やはり気になるのは安全性/鎮痛は本当に必要なのか?/忘れるということ/これも,PSAといっていいの?/日本は発展途上

Part 2 処置前の評価と準備
 (1)体系だった問診・身体診察
AMPLEで問診を行う
 (2)気道の評価
LEMONSで挿管困難を予測する!/MOANSで換気困難を予測する!/HOPで病態困難を予測する!/実際に気道トラブル,換気困難が起きたとき
 (3)ASA分類
ASA分類とは/ASA分類によるPSAのリスク評価
 (4)準備するもの
必要な物品はSOAPIERでチェック/実は大切な経過観察のための人員と場所/ACLSは必修科目!
 (5)前酸素化のメリット/デメリット
前酸素化の方法/酸素化をめぐるエビデンス/前酸素化のデメリット

Part 3 モニタリング
 (1)モニタリングの必要性と注意点
全身麻酔とPSA/モニタリングの原則/各臓器機能とモニター
 (2)モニタリング各論
パルスオキシメーター/灌流指数(PI)/心電図モニター/非観血的血圧測定/カプノグラフィ/BISモニター/深部体温
 (3)モニタリングのTips
最新のモニター/モニターの配置/アラームの設定/最も重要なモニターはどれか/[Q&A] 人手が少ないときはどうしたらよいでしょうか?

Part 4 薬剤の特徴と使い分け
 (1)PSAに使う薬剤:総論
中枢神経系での濃度上昇が大事!/過量投与を防ぐためには/胎児にも薬は届きます
 (2)鎮静薬
ゆっくり効いてゆっくり目覚めるミダゾラム/素早い入眠と覚醒が特徴のプロポフォール/小児へのプロポフォール投与/[Q&A] プロポフォールとミダゾラムの使い分けは?/プレセデックス® は今後に期待/バルビツレート系薬剤
 (3)鎮痛薬
強力な鎮痛薬フェンタニルを使いこなす!/麻薬ではない鎮痛薬
 (4)ケタミン
古くて新しい薬・ケタミン/ケタミンとインフォームド・コンセント/ケタミン+プロポフォール=ケトフォール
 (5)拮抗薬・補助薬・薬物以外
拮抗薬の作用は一時的/音楽・アロマ/血腫ブロック

Part 5 処置後のケア
 (1)処置後の経過観察
「処置の終わり=鎮静の終わり」ではない/処置後モニタリングの目安は30分
 (2)帰宅基準
帰宅OKの基準は意識とバイタルサインの回復(+α)
 (3)帰宅時の指導
帰宅後にも鎮静薬の影響は残りうる/車の運転には特に注意/帰宅後の注意事項説明用紙を作っておくと便利/[Q&A] 処置後の評価をするのは,医師でないとダメでしょうか?/[Q&A] 患者さんを早く帰宅させたいので,拮抗薬を使ってもよいでしょうか?

Part 6 合併症対策
 (1)主な合併症の種類と頻度
飛行機事故による死亡事故なみに珍しい,重篤な合併症/事前評価とモニタリングで合併症を防ぐ/緊急着陸はしたくない,でも必要なときにはうまくやらなければならない/早期の対応が,重篤な合併症を防ぐ
 (2)基本は常にABCD
Airway:気道の問題は,一刻を争う/Breathing:合併症のなかでは呼吸器系が多い/Circulation:ハイリスク患者は,静脈ルートを2ルート確保/Disability:事前に行う家族への説明が重要
 (3)合併症から何を学ぶのか
合併症対策は国際的には最も重要視される医療評価である/[Q&A] 合併症が発生したときの蘇生に自信がありません.どうすればよいでしょうか?/[Q&A] 合併症に関するデータは,海外のデータばかりです.日本にも,そのようなデータが当てはまるのでしょうか?
 (4)局所麻酔薬中毒
頻度は低いが,危険な合併症/LAST発生時の対処法/何よりも予防が重要!

Part 7 状況別の鎮静・鎮痛
 (1)救急外来
救急外来におけるPSAとは/救急外来と一般外来の違いを認識する/鎮静・鎮痛の事前の評価・準備をし,処置の緊急度を把握する/処置の種類や患者背景により,PSAを最適化する/鎮静の前に準備すべきモノ・ヒトをそろえる/起こりえる合併症とその頻度/帰宅時の注意点/[Q&A] 処置に対する鎮静と画像検査時の鎮静の違いは何ですか?
 (2)CT/MRI撮影時
CT/MRI検査時の鎮静について/MRI室の特殊性を理解する/モニタリングについて/[Q&A] CTやMRI検査時の鎮静に使用される代表的な薬剤について,具体的な投与量と投与方法を教えてください
 (3)上下部消化管内視鏡
内視鏡時の目標深度/状況別の鎮静薬・鎮痛薬の使い分け/麻酔科へコンサルトをしたほうがよいケース/内視鏡における拮抗薬について/飲酒と鎮静薬の関係
 (4)気管支鏡
局所麻酔/気管支鏡時の目標深度/経静脈麻酔/抗コリン薬/内視鏡の際の気道デバイス
 (5)歯科・口腔外科
日本における歯科麻酔の現状/なぜ歯科治療において鎮静が必要なのか/歯科における鎮静は浅~中等度の鎮静を目安に行う/救急外来における歯科・口腔外科領域の麻酔

Part 8 小児と高齢者について
 (1)小児における注意点
小児の解剖・生理学的特徴を把握する/事前準備:絶食時間,気道困難のリスク評価/それぞれの患児にあわせた鎮静,鎮痛方法の選択/患児,保護者への説明/[Q&A] 慣れていない小児の患者に鎮静をかけることが不安ですが,どうにかなりませんか?/ [Q&A] 保護者は鎮静時,処置時には待合室に出すべきですか?/[Q&A] LET液のレシピを教えてください
 (2)高齢者における注意点
科を問わず,高齢者への処置の機会は多い/生理機能の低下+個人差が大きい/高齢者では鎮静薬・鎮痛薬の感受性が高い/高齢者ではpolypharmacy(多剤多量処方)の患者が多い/高齢者はバッグバルブマスクによる陽圧換気が難しい/[Q&A] 高齢者の処置時の鎮静は,いろいろ注意する点が多くて,不安になってきました/[Q&A] 少量投与とは,具体的にどれくらいの量を投与すればよいのでしょうか?

Part 9 ケーススタディ
 (1)骨折整復の患者
 (2)除細動の症例
 (3)縫合を必要とする小児
 (4)小児のMRI
 (5)内視鏡
 (6)歯科・口腔外科患者
 (7)合併症:モニタリング・蘇生の失敗
 (8)合併症:拮抗薬の不適切な使用

Part 10 トレーニング乗井達守
有害事象は必ず発生する/なぜシミュレーションコースが必要なのか/米国におけるトレーニングコース/日本の現状/シミュレーションにおける工夫/[Q&A] 看護師や技師など(医師以外)が受けられるコースはないのでしょうか?

付録
 1.鎮静時のチェックリスト
 2.セデーションタイムアウト時のチェックリスト
 3.直前チェックのための参考資料
 4.鎮静薬(・鎮痛薬)使用同意書
 5.小児の鎮静前後の評価に用いるチェックシートの例
 6.小児の鎮静後に家族への説明・指導に用いる文書の例
 7.「MRI検査時の鎮静に関する共同提言」の早見表

索引
関連書
  • 商品写真
    不明熱・不明炎症レジデントマニュアル
    編集:國松 淳和
    定価 4,950円 (本体4,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-04201-7
  • 商品写真
    病状説明
    ケースで学ぶハートとスキル
    著:天野 雅之
    定価 3,960円 (本体3,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-04170-6
  • 商品写真
    腹痛の「なぜ?」がわかる本
    痛みのメカニズムがみえれば診療が変わる!
    著:腹痛を「考える」会 
    定価 4,400円 (本体4,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03836-2