医学書院

商品写真

地域医療と暮らしのゆくえ

超高齢社会をともに生きる


著:高山 義浩
  • 判型 A5
  • 頁 180
  • 発行 2016年10月
  • 定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02819-6
多死時代のプライマリ・ヘルスケア、その答えは暮らしのなかに
世界の貧困・紛争をテーマにさすらった若者が、医師となって、佐久で若月俊一の魂に出会った。沖縄にあっても地域医療の前線にあり、時に霞が関のミッションを帯びて奔走し、どの現場でも汗を掻き続けるその目に「地域包括ケアシステム」の実像はどう映るのか。この国のかたちをどう模索しているのか。診療の傍ら多方面に発信する著者による、現代に老い病むひとを支えたいすべての医療者に捧げる提言の書。
目 次
はじめに

第1章 病院医療の葛藤と限界
 1 最後の砦としての病院
 2 「断らない病院」であるために
 3 持ち込まれる社会的矛盾
  COLUMN 文化的文脈のなかの疾病
 4 縛られる患者たち
 5 行き場のない高齢者たち
 6 地域から信頼される病院
  COLUMN 戦時下の医学部長
 7 患者表現としての「不条理」
 8 救急医療にみる鎮護のプロセス
 9 病院医療の居場所を探して
  COLUMN アラビアの看護師

第2章 地域と連携する病院医療へ
 1 戦後史は団塊世代とともに
 2 制度に依存しないケアの文化を
 3 効率化にある落とし穴
  COLUMN 弱者が支え合うコミュニティ
 4 プライマリ・ヘルスケアにおける5つの原則
 5 急性期病院から地域へ踏み出す
 6 「在宅医療」をめぐる4つの誤解
  COLUMN タイ山岳地域の在宅医療
 7 医療的介入を思いとどまるとき
 8 高齢社会における消費イノベーションを
 9 まだ、食べられねぇなぁ
  COLUMN タイで活躍するヘルスボランティア

第3章 看とりを暮らしのもとに
 1 終わらない戦争
 2 安らかに土に還る
 3 老衰死ができる地域づくりを
  COLUMN 子ネコの在宅ケア
 4 直観の濫用としての「胃ろう不要論」
 5 欧米に寝たきり老人はいないのか
 6 死に逝く人の「孤独」について
  COLUMN パキスタンの「ごちゃまぜ」障がい児教育
 7 真実を伝えること、判断を待つこと
 8 おかあちゃんが見える
 9 終末期における「もう1つの物語」
  COLUMN 「長生きしてくれてありがとう」の島

おわりに
参考文献
関連書
  • 商品写真
    ナラティブホームの物語
    終末期医療をささえる地域包括ケアのしかけ
    著:佐藤 伸彦
    定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-02098-5
  • 商品写真
    プライマリ
    地域へむかう医師のために
    著:松村 真司
    定価 2,376円 (本体2,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-00679-8
  • 商品写真
    健康格差社会への処方箋
    著:近藤 克則
    定価 2,700円 (本体2,500円+税8%)
    ISBN978-4-260-02881-3