医学書院

商品写真

肝胆膵高難度外科手術


(第2版)

編集:日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度委員会 
  • 判型 B5
  • 頁 368
  • 発行 2016年11月
  • 定価 11,000円 (本体10,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02792-2
日本肝胆膵学会編集の高度技能専門医のためのオフィシャルテキストブック
日本肝胆膵外科学会の認定する「高度技能専門医」取得を目指す医師、高度技能指導医、および修練施設に向けた学会編集のオフィシャルテキストブック。肝胆膵外科に携わる外科医は、本書を参考に普遍的視点から見た安全性・確実性を伴った手術手技を習得し、修練施設において指導医の元で充分な修練をして専門医取得を目指していただきたい。患者の信頼に足る技量を持つ肝胆膵外科医の誕生を切に願って。
目 次
I 肝胆膵の外科解剖
 [1]肝臓
     従来の肝解剖
     肝の外科解剖
  FOCUS グリソン鞘とレネック被膜
 [2]胆管
     胆管の合流形態の把握
     胆管,肝動脈,門脈の立体的な位置関係
 [3]膵臓
     膵の解剖における癒合筋膜
     膵の動脈
     膵の静脈
     膵頭神経叢
  FOCUS Treitz靱帯

II 基本手技
 [1]肝門部脈管処理
   A 肝門部グリソン鞘一括処理
     基本的外科解剖とterminology
     手術手順
   B 個別処理
     肝門部個別処理による肝葉切除
     Pringle法
     胆嚢摘出
     肝動脈剥離,テーピングおよび切離
     門脈剥離,テーピングおよび切離
     胆管
 [2]肝切除における血行動態およびハンギング法・肝授動
     肝切除における血行動態
     肝臓ハンギング法(hanging maneuver)
     肝授動
 [3]肝切離(ペアン法,CUSA®
     肝実質破砕の基本手技
     ペアン法
     CUSA® による実質破砕法
  FOCUS 肝機能評価
 [4]肝静脈の処理・下大静脈切除再建
     肝静脈の処理
     下大静脈の合併切除・再建
 [5]膵切離
     トンネリング
     膵の切離と止血
     膵体尾部切除術における膵切離
     門脈直上以外での膵切離
 [6]門脈切除再建
     術前の準備
     門脈切断
     端々吻合
     グラフト再建
     脾静脈・分枝の取扱い
     吻合の終了,術後管理
 [7]膵消化管吻合
   A 膵胃吻合
     内ステント留置を伴う膵管胃粘膜吻合術
     膵切離
     膵胃吻合時の患者体位
     胃粘膜ポケットの作成
     残膵腹側の膵実質胃漿膜筋層縫合
     膵管胃粘膜吻合
     膵背側の膵実質胃漿膜筋層吻合
     ドレーン留置・管理
   B 膵腸吻合
    B1 no stent法
     no stent法
     no stent法の実際
    B2 stent法
     手技の実際
     エビデンス
 [8]胆道再建
     胆管の切離
     小腸の作成
     吻合
     胆汁外瘻チューブ
     挙上空腸の固定
  コラム 肝胆膵外科高度技能専門医にまつわること

III 基本手術
 [1]右肝切除
   A 前方アプローチ
     前方アプローチとは
     皮膚切開と開腹法
     肝円索~肝鎌状間膜剥離
     流入脈管の処理
     血流コントロール法
     肝実質離断
     肝静脈損傷時の対応
     右肝静脈の処理
     間膜処理から標本摘出
     標本摘出後に
   B 右開胸開腹アプローチ
     右開胸開腹アプローチの適応
     右開胸開腹アプローチの実際
     術中超音波
     肝授動
     肝門処理
     右肝授動と右肝静脈の切離
     肝実質離断
     止血,胆汁リークテスト,洗浄
     閉胸閉腹
 [2]左肝切除
     皮膚切開・開腹
     肝門操作
     肝授動
     肝マーキング
     肝離断
     肝静脈切離
     止血・閉創
 [3]肝区域切除(前区域・後区域・内側区域・中央二区域)
     肝区域切除術
     前区域切除術
     後区域切除術
     内側区域切除
     中央二区域切除
 [4]尾状葉切除
     尾状葉切除の手順
 [5]胆道再建を伴う肝切除・尾状葉切除
   A 左肝切除(左三区域を含む)
     適応
     手術手技
   B 右肝切除(右三区域を含む)
     適応
     術前門脈塞栓術
     胆道再建を伴う右肝切除+尾状葉切除
     胆道再建を伴う右三区域切除+尾状葉切除
  FOCUS 肝胆道癌(胆道癌,原発性肝癌,転移性肝癌)の手術適応
 [6]膵頭十二指腸切除術
     膵頭十二指腸切除術の適応と切除範囲
     膵頭十二指腸切除術
 [7]膵体尾部切除術(腹腔動脈合併切除を含む)
     膵体尾部切除術の適応と切除範囲
     手術の実際
  FOCUS 膵癌の手術適応
 [8]胆嚢癌に対する肝切除・胆管切除再建
     適応
     肝S4a+S5切除
  FOCUS HPDの手術適応
 [9]生体肝移植
   A ドナー左肝切除
     腹腔鏡補助下左肝切除
   B ドナー右肝切除
     開腹
     右副腎の剥離
     短肝静脈と右下大静脈靱帯の剥離
     右下大静脈靱帯の剥離
     肝十二指腸靱帯・肝門部の剥離
     肝実質切離
     肝門板の切離
     グラフトの摘出
   C 生体部分肝移植手術レシピエントの手術手技
     手術手技の実際
 [10]膵臓移植
     脳死(心停止)膵臓移植
  FOCUS 生体膵臓移植

IV 腹腔鏡下肝膵切除
 [1]腹腔鏡下肝切除
     適応と術式
     手術器具の準備
     基本的手術手技
 [2]腹腔鏡下尾側膵切除術
     適応
     体位と器具の配置
     ポート位置
     手術の手順
     手技の実際
  FOCUS 腹腔鏡下膵頭十二指腸手術
  コラム 高度技能専門医申請ビデオ作成のコツとその重要性

V ロボット支援による腹腔鏡下胆膵手術
 [1]ロボット支援による腹腔鏡下胆膵手術
     ロボット支援手術
     腹腔鏡下手術支援ロボット
     手術適応
     手技

付録
 [1]新しい術式を行う際の留意点(倫理的側面も含めて)
     保険収載されていない新たな術式を行う際の留意点
     腹腔鏡下肝・膵切除を行う際に遵守しなければならないこと
     日本肝胆膵外科学会高度技能専門医や日本内視鏡外科学会
      技術認定医取得に向けた研究活動における倫理的配慮
 [2]肝胆膵外科における腹腔鏡下手術:腹腔鏡下手術の特殊性と安全性
     腹腔鏡下肝切除術
     腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術
     腹腔鏡下肝切除の保険収載:コンセンサス会議と前向き全例登録制度
     腹腔鏡下手術の特殊性
     腹腔鏡下手術の安全性
 [3]手術記録の書き方
     手術記録の内訳
     スケッチの実際
 [4]ビデオの上手な撮り方
     カメラワーク
     術者・助手の区別
     見せる意識
     まとめ
 [5]NCDからみた肝胆膵高難度手術
     専門医修練施設認定および専門医・指導医の関与の有無と手術成績の比較
     教育施設としての修練施設と今後検討すべきこと
  コラム 高度技能専門医申請ビデオの撮影にあたって


索引
関連書
  • 商品写真
    「おしりの病気」アトラス [Web動画付]
    見逃してはならない直腸肛門部疾患
    著:稲次 直樹
    定価 9,350円 (本体8,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03955-0
  • 商品写真
    画像所見のよみ方と鑑別診断
    胆・膵 (第2版)
    編著:花田 敬士/植木 敏晴/潟沼 朗生/糸井 隆夫
    定価 13,200円 (本体12,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03238-4
  • 商品写真
    肝の画像診断
    画像の成り立ちと病理・病態 (第2版)
    編著:松井 修/角谷 眞澄/小坂 一斗/小林 聡/上田 和彦/蒲田 敏文
    定価 9,900円 (本体9,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03204-9