医学書院

商品写真

腎機能に応じた投与戦略

重篤な副作用の防ぎかた


監修:向山 政志/平田 純生
編集:中山 裕史/竹内 裕紀/門脇 大介
  • 判型 B5
  • 頁 400
  • 発行 2016年11月
  • 定価 6,264円 (本体5,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02864-6
腎機能評価と薬の特徴から読み解く、上手な薬の使いかた
重篤な副作用を回避するために医師、薬剤師が知っておきたいキーワード、考え方、計算式を、症例をあげながら具体的に解説。NSAIDs、β遮断薬、スタチン、抗菌薬など、処方頻度の高い薬のリスクと注意ポイントについて、実践的な情報を記載した。腎機能を正しく評価するための「10の鉄則」と、圧倒的な情報量の「腎機能別薬剤投与量一覧表」を収載! 上手な薬の使いかたを導く。
目 次
第1章 この副作用,防げますか?
 1 腎機能の低下した糖尿病患者で長引く致命的な低血糖→SU薬
 2 出血による死亡は発売後半年で23例,この悪夢は肥満患者で繰り返される?
   →ダビガトランエテキシラート(プラザキサ®
 3 腎機能正常の高齢者に起きた真夏の意識障害
   →バラシクロビル(バルトレックス®
 4 コルヒチン服用の腎障害患者に併用すると生命を脅かす薬
   →クラリスロマイシン(クラリス® ,クラリシッド®
 5 外用薬が原因で透析導入を要した急性腎不全
   →マキサカルシトール(オキサロール® 軟膏)
 6 まじめに服用し続けた患者を透析に追い込んだ薬→NSAIDs
 7 腎機能の見積もりミスによる取り返しのつかない薬剤性腎障害→バンコマイシン

第2章 副作用を起こさないために知っておきたい腎機能の話
 1 腎機能に応じた投与設計
 2 肝腎な話~薬剤の肝代謝・腎排泄について~
 3 クレアチニンを徹底的に科学する
 4 血清Cr値を基にした推算式の利点と問題点
 5 添付文書の腎機能表記の大問題
 6 シスタチンCを測定していますか?
 7 過大腎クリアランス(ARC)
 8 糖尿病患者・ネフローゼ患者の実測CCr,eGFRに及ぼす影響
 9 確認問題-この症例の腎機能は?
 10 第2章のまとめ

第3章 診療科別 危ない薬,意外と使える薬
 1 精神科編
   [1]スルピリド(ドグマチール®
   [2]デュロキセチン塩酸塩(サインバルタ®
   [3]パリペリドン徐放錠(インヴェガ® ),
    パリペリドンパルミチン酸エステル持効性懸濁注射液
    (ゼプリオン® 水懸筋注シリンジ)
   [4]炭酸リチウム(リーマス®
 2 神経内科編
   [1]リザトリプタン安息香酸塩(マクサルト®
   [2]アマンタジン塩酸塩製剤(シンメトレル®
   [3]チアプリド塩酸塩(グラマリール®
   [4]ガバペンチン(ガバペン® ),ガバペンチン エナカルビル(レグナイト®
   [5]レベチラセタム(イーケプラ®
   [6]プラミペキソール(ビ・シフロール® ,ミラペックス®
   [7]メマンチン(メマリー®
 3 整形外科・ペインクリニック・リウマチ科編
   [1]NSAIDs:ロルノキシカム(ロルカム® ),セレコキシブ(セレコックス®
   [2]NSAIDs:スリンダク(クリノリル® ),エトドラク(ハイペン®
   [3]アセトアミノフェン(カロナール® 錠,アセリオ® 静注液,アルピニー® 坐剤)
   [4]エルデカルシトール(エディロール® ),アルファカルシドール(アルファロール®
   [5]ビスホスホネート薬:アレンドロン酸ナトリウム(フォサマック® 錠,ボナロン® 錠,
    テイロック® 注射液),リセドロン酸ナトリウム(アクトネル® 錠,ベネット® 錠),
    エチドロン酸二ナトリウム(ダイドロネル® 錠),ミノドロン酸水和物(ボノテオ® 錠),
    イバンドロン酸ナトリウム水和物(ボンビバ® 静注,ボンビバ® 錠)
   [6]デノスマブ(プラリア® 皮下注,ランマーク® 皮下注)
   [7]トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠(トラムセット® )・
    トラマドール塩酸塩(トラマール®
   [8]モルヒネ
   [9]プレガバリン(リリカ®
   [10]デュロキセチン塩酸塩(サインバルタ®
   [11]ミダゾラム(ドルミカム®
   [12]D-ペニシラミン(メタルカプターゼ® ),金製剤,ブシラミン(リマチル® ),
    抗TNF-α製剤,NSAIDs,インターフェロン,メトトレキサート(リウマトレックス®
 4 循環器内科編
   [1]シベンゾリンコハク酸塩(シベノール®
   [2]ジソピラミドリン酸塩(リスモダン®
   [3]ピルシカイニド塩酸塩(サンリズム®
   [4]β遮断薬
   [5]ジゴキシン(ジゴシン®
   [6]ワルファリン(ワーファリン®
   [7]ダビガトランエテキシラート(プラザキサ® ) その1
   [8]ダビガトランエテキシラート(プラザキサ® ) その2
   [9]Xa阻害薬:アピキサバン(エリキュース® ),リバーロキサバン(イグザレルト® ),
    エドキサバントシル酸塩水和物(リクシアナ®
   [10]スピロノラクトン(アルダクトン® A),エプレレノン(セララ®
   [11]塩化カリウム(ワックスマトリックス錠:スローケー®
 5 代謝内科編
   [1]アロプリノール(ザイロリック® ,アロシトール®
   [2]ベンズブロマロン(ユリノーム®
   [3]ベザフィブラート(ベザトール® SR錠),フェノフィブラート(トライコア® ,リピディル®
   [4]スタチン薬
 6 糖尿病内科編
   [1]インスリン
   [2]メトホルミン塩酸塩(メトグルコ®
   [3]SU薬とナテグリニド
   [4]エキセナチド(バイエッタ® 皮下注),持続性エキセナチド(ビデュリオン® 皮下注)
   [5]SGLT2阻害薬
 7 消化器内科編
   [1]ファモチジン(ガスター®
   [2]ラフチジン(プロテカジン®
 8 感染症科編
   [1]ニューキノロン(フルオロキノロン)系抗菌薬
   [2]アミノグリコシド系抗菌薬
   [3]コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム(オルドレブ® 点滴静注用)
   [4]ST合剤(スルファメトキサゾール+トリメトプリム:バクタ® 配合錠)
   [5]エタンブトール,ピラジナミド,ストレプトマイシン,レボフロキサシン
   [6]フルコナゾール(ジフルカン® ),ホスフルコナゾール(プロジフ®
   [7]アシクロビル(ゾビラックス® ),バラシクロビル(バルトレックス® ),
    ファムシクロビル(ファムビル®
   [8]アシクロビル(ゾビラックス® ),バラシクロビル(バルトレックス® ),
    ファムシクロビル(ファムビル® ),ガンシクロビル(デノシン® ),
    バルガンシクロビル(バリキサ® ),ホスカルネット(ホスカビル® ),
    インジナビル(クリキシバン® ),テノホビル(テノゼット® ,ビリアード® )など
   [9]インフルエンザ治療薬
   [10]バンコマイシン
 9 眼科編
   [1]アセタゾラミド(ダイアモックス® 錠)
 10 泌尿器科編
   [1]ジスチグミン臭化物(ウブレチド®
   [2]NSAIDs
   [3]タダラフィル(ザルティア® 錠)
   [4]カリウム吸着陽イオン交換樹脂製剤
   [5]シナカルセト(レグパラ®
   [6]活性型ビタミンD
 11 皮膚科編
   [1]バラシクロビル(バルトレックス® ),アシクロビル(ゾビラックス®
   [2]マキサカルシトール(オキサロール® 軟膏)
 12 腫瘍内科編
   [1]メトトレキサート(メソトレキセート®
   [2]カルボプラチン
   [3]シスプラチン(ランダ®
 13 その他
   [1]ビタミンA
   [2]強力ネオミノファーゲンシー® と芍薬甘草湯

第4章 腎機能を正しく評価する「10の鉄則」
 鉄則1
 鉄則2
 鉄則3
 鉄則4
 鉄則5
 鉄則6
 鉄則7
 鉄則8
 鉄則9
 鉄則10
 附則1
 附則2

第5章 腎機能別薬剤投与量一覧表

事項索引
薬剤索引
関連書
  • 商品写真
    医薬品副作用対応ポケットガイド
    著:越前 宏俊
    定価 3,780円 (本体3,500円+税8%)
    ISBN978-4-260-01985-9
  • 商品写真
    腎臓病診療でおさえておきたいCases36
    編集:慶應義塾大学 腎臓内分泌代謝内科 編集代表:伊藤 裕 責任編集:脇野 修/徳山 博文
    定価 6,480円 (本体6,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-03850-8
  • 商品写真
    緩和ケアエッセンシャルドラッグ
    症状アセスメント&マネジメント (第4版)
    著:恒藤 暁/岡本 禎晃
    定価 2,376円 (本体2,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-03803-4