医学書院

商品写真


見逃し症例から学ぶ

神経症状の“診”極めかた




著:平山 幹生
  • 判型 A5
  • 頁 284
  • 発行 2015年11月
  • 定価 4,620円 (本体4,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02415-0
神経内科診療に悩む医師・研修医におくる貴重な「見逃し」症例集
大学病院や市民病院で神経内科診療に約40年に渡り携わってきた著者が、重大疾患の見逃し、ヒヤリハット、最終的な診断に難渋した約60症例を提示。外来でみられた神経症状から類推した初期診断から、入院後の経過を経て最終診断に至るプロセスを解説することで、神経内科の奥深さがわかる「“診”極めかた」を伝える1冊。神経内科専門医をめざす若手医師や研修医、またさまざまな症状に出合う総合診療医にも勧めたい。
目 次
本書の読みかた
神経内科診療の達人をめざすには
誤診(診断エラー)の原因と対策

第1章 意識障害
 1 一過性意識消失と頭痛,嘔気,その後めまいを呈した患者
 2 意識障害で発症し,不穏,高次脳機能障害を呈した1型糖尿病の患者
 3 意識障害,左顔面けいれんを認めた結核性髄膜炎後遺症患者
 4 辺縁系脳炎症状を呈し,完全房室ブロックをきたした患者
 5 意識消失発作,認知症,軽度の歩行障害を呈した患者
 6 内頸動脈閉塞による広範囲の右脳半球梗塞の翌日に死亡した患者
 7 嘔吐,四肢麻痺があり,意識障害が高度であるとされた患者
 8 意識障害の変動がみられた重症筋無力症の患者
 9 しびれ,脱力,嘔気・嘔吐,嚥下障害が出現し,低Na血症がみられた患者
 10 意識障害と右片麻痺を発症した患者
 11 自宅の玄関で倒れていた患者
 12 意識レベル低下と右不全麻痺を呈した患者

第2章 頭痛
 13 腹痛,下痢,嘔吐,頭痛があり,来院時に過換気症候群を呈し,
   夜間に神経症状が悪化した患者
 14 頭痛,発熱と,単核球優位の髄液細胞増多を呈し,無菌性髄膜炎が疑われた患者
 15 頭痛,発熱,難聴で初発し,その後に著明な不随意運動を呈した患者
 16 急激な後頸部痛で目覚め,胸部以下のしびれが出現した患者
 17 肝障害後に頭痛,発熱,構音障害を呈した患者
 18 近医にて高血圧性脳症の診断を受け,頭痛が改善しなかった患者

第3章 めまい
 19 回転性めまい,嘔吐で初発し,入院翌日に急変した患者
 20 耳鼻科にて末梢性めまいにて入院した患者
 21 めまい,嘔吐,左耳鳴を呈した患者
 22 複視,めまいが出現した患者

第4章 発熱
 23 発熱,頭痛,嘔吐で初発し,その後意識障害や麻痺を呈した患者
 24 発熱と右眼が見にくいため救急車にて来院した患者
 25 食思不振,嚥下障害で初発し,その後に発熱,全身の筋肉痛を呈した患者
 26 発病初期に髄液多形核白血球の増加を呈した患者

第5章 嘔気・嘔吐,不定愁訴
 27 嘔気が1週間持続し,めまいがなかった患者
 28 急激な胸苦後に嘔吐,冷や汗を呈した患者
 29 嘔吐後に意識レベルが低下した患者
 30 不安神経様症状で発症,その後に異常行動,異常言動を呈した患者

第6章 しびれ,痛み
 31 両下肢の痛みと不定愁訴が多かった患者
 32 糖尿病に対するインスリン治療の開始後から下肢筋の硬直,痛みが出現した患者
 33 自前の味噌汁を飲んで,口唇のしびれと呼吸困難が出現した患者
 34 左下肢のしびれ感で発症し,その後,微熱,頭痛,高次機能障害を呈した患者
 35 両足底の感覚障害で発症し,近医で腰椎椎間板ヘルニアが疑われた患者
 36 高カロリー輸液と制酸薬投与中に多彩な神経症状を呈した患者
 37 足のしびれと脱力,尿失禁で発症した患者
 38 両下肢のしびれ,痛みを呈した患者
 39 背部痛があり,その後に両手のしびれが出現した患者
 40 左下腿腫脹と疼痛を呈したパーキンソン病患者
 41 腰痛で初発し,その後に軽度の意識障害と歩行障害が出現した患者

第7章 けいれん,高次脳機能障害
 42 A型劇症肝炎の経過中に脳浮腫をきたし,けいれん発作を呈した患者
 43 めまい,けいれんで初発し,同日にけいれんが再発した患者
 44 歩行障害,認知症が亜急性に進行し,経過中に急性小脳梗塞を発症した患者
 45 多彩な症状後に異常言動,行動を呈した患者
 46 進行性に高次脳機能障害を呈した患者
 47 逆行性健忘と微熱を呈した患者

第8章 脱力
 48 短期間のうちに,脳卒中様発作の再燃を繰り返した患者
 49 一過性に右片麻痺と意識障害を呈した患者
 50 一側の手指の脱力を急にきたした患者
 51 心原性脳塞栓症で入院し,ヘパリンを中止した5日後に
   著明な血小板減少をきたした患者

第9章 錐体外路症状
 52 片側パーキンソニズムを呈し,その後,神経症状が悪化した患者
 53 手のふるえ,感冒様症状で初発し,辺縁系脳炎症状を呈した患者
 54 パーキンソン病の経過中に首下がりを呈した患者

第10章 脳神経症状
 55 右視野狭窄と嘔気があり,その後に左後頭部痛が出現した患者
 56 視野障害で初発し,脳梗塞が多発性に進行した患者
 57 フェニトイン服用中に転倒,その後,構音障害が出現した患者
 58 高血圧があり,構音障害,歩行障害を呈した患者
 59 右小脳微小梗塞後に難聴が出現した患者
 60 左耳鳴と頭痛で初発し,その後に複視が出現した患者
 61 頸椎症手術前の頸椎MR画像にて異常が見逃されていた患者

索引
関連書
  • 商品写真
    症候別“見逃してはならない疾患”の除外ポイント
    The 診断エラー学
    編集:徳田 安春
    定価 4,840円 (本体4,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-02468-6
  • 商品写真
    内科救急 見逃し症例カンファレンス
    M&Mでエラーを防ぐ
    著:長谷川 耕平/岩田 充永
    定価 4,180円 (本体3,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-01517-2
  • 商品写真
    ≪Meet the Master Clinician≫
    見逃し症例から学ぶ日常診療のピットフォール
    著:生坂 政臣
    定価 4,070円 (本体3,700円+税10%)
    ISBN978-4-260-10291-9