医学書院

商品写真

COPDの教科書

呼吸器専門医が教える診療の鉄則


監修:林 清二
著:倉原 優
  • 判型 A5
  • 頁 348
  • 発行 2016年04月
  • 定価 4,536円 (本体4,200円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02429-7
COPDが日本一楽しく理解できる本
COPD(慢性閉塞性肺疾患)のすべてがわかる読み物的な要素の詰まったテキスト。COPDは、日本でも500万人以上が罹患していると言われている呼吸器疾患のcommon disease。本書はCOPDに携わる医療従事者向けに、新進気鋭の呼吸器専門医の視点からできる限りわかりやすく、かつ楽しく読み進められるようにまとめられている。また、治療に重きが置かれ、COPD診療はこの1冊で完結できる。
目 次
第I部 COPD概論
 わかりやすいCOPDの本に
  1 COPDのいろは
  2 COPDの歴史 ~フレッチャー医師の貢献~
  3 COPDの原因とBrinkman Index
  4 ちょっと難しい2つの不均衡説
  5 COPDに必要な検査 ~三種の神器~
  6 COPDで最低限必要なスパイロの知識 ~逃げちゃダメだ!~
  7 COPDの診断基準,言えますか
  8 COPDの病期分類・重症度分類,言えますか
  9 知っておきたいCOPD+αの病態 ~ACOS,CPFE~
  10 COPDの症状
  11 COPDの身体所見
  12 COPDの画像所見はムズカシイ
  13 COPDの予後は?

第II部 COPDの治療
 A COPDの安定期治療
  1 ガイドライン上の治療手順を知っておこう
  2 禁煙と禁煙補助薬
  3 吸入薬まとめ ~まずはどんな薬剤があるのか知っておこう~
  4 吸入治療 ~長時間作用性抗コリン薬(LAMA)~
  5 吸入治療 ~長時間作用性β2 刺激薬(LABA)~
  6 吸入治療 ~長時間作用性抗コリン薬/長時間作用性β2 刺激薬(LAMA/LABA)~
  7 吸入治療 ~吸入ステロイド薬(ICS)~
  8 吸入治療 ~吸入ステロイド薬/長時間作用性β2 刺激薬(ICS/LABA)~
  9 吸入治療 トリプル吸入療法 ~長時間作用性抗コリン薬/
   長時間作用性β2 刺激薬/吸入ステロイド薬(LAMA/LABA/ICS)~
  10 結局,COPDにはどの吸入薬を使っているのか ~筆者の個人的見解~
  11 非吸入治療 ~テオフィリン,アミノフィリン~
  12 非吸入治療 ~長時間作用性β2 刺激薬貼付剤~
  13 非吸入治療 ~去痰薬~
  14 非吸入治療 ~マクロライド系抗菌薬~
  15 COPDの外科治療 ~肺容量減量術~
  16 オピオイド
  17 呼吸リハビリテーション
  18 栄養療法
  19 ワクチン
  20 新しいCOPD治療薬 ~ロフルミラスト~
 B 在宅酸素療法
  1 在宅酸素療法
  2 在宅酸素療法の実際
  3 在宅酸素療法の注意点
  4 在宅酸素療法中のCOPD患者さんは飛行機旅行ができない?
 C COPD急性増悪の治療
  1 COPD急性増悪って何?
  2 具体的な初期対応 ~エビデンスは後回し?~
  3 短時間作用性β2 刺激薬(SABA),短時間作用性抗コリン薬(SAMA)
  4 COPD急性増悪に対する抗菌薬
  5 COPD急性増悪に対する全身性ステロイド
  6 COPD急性増悪に対する酸素療法 ~SpO2 はどのくらいを目安に?~
  7 COPD急性増悪に対する非侵襲的陽圧換気療法

第III部 ちょっと知りたいCOPDの実臨床
  1 COPD急性増悪と喘息発作の鑑別をどうする?
  2 在宅酸素療法が必要だが,禁煙できない
  3 不整脈のあるCOPD患者さんにβ2 刺激薬を処方してもよいか
  4 COPDにβ遮断薬を処方してもよいか
  5 自分で診るか,専門医に診てもらうか
  6 高齢者の吸入療法がうまくいかない
  7 COPDにおいて吸気流速は重要か
  8 巨大気腫性肺嚢胞をどう扱うか
  9 終末期について患者さんと話し合っておく
  10 COPDにハイフロー酸素療法は禁忌?
  11 前立腺肥大症のあるCOPD患者さんに吸入抗コリン薬は処方してよい?

ステップアップCOPD
・たばこ? タバコ?
・COPDにも可逆性はある?
・調理で起こるCOPD
・COPDの病態生理(補足)
・%FEV1とFEV1
・慢性気管支炎や肺気腫のすべてがCOPDではない
・CATスコアとmMRC
・太極拳がCOPDに効果的?
・電子たばこで禁煙できる?
・息止めは5秒? 10秒?
・たばこの起源
・MABA,それはLAMAとLABAのハーフ
・免疫抑制状態の患者さんに対するICSはリスキー?
・SMART療法ってなぁに?
・GOLDってなぁに?
・COPDに対する肺移植
・呼吸同調器とは
・COPD急性増悪は冬に多い
・COPD急性増悪では便秘に注意?
・アルコール摂取によってCOPD急性増悪は増えるか
・テオフィリンや吸入ステロイド薬も不整脈のリスク?
・アドヒアランスとコンプライアンスの違いって?
・ブラとブレブ
・日々の外来でCOPD患者さんに笑いを
・緑内障のある患者さんはどうか?


索引
薬品名
臨床試験名
関連書
  • 商品写真
    一歩先のCOPDケア
    さあ始めよう,患者のための集学的アプローチ
    編集:河内 文雄/巽 浩一郎/長谷川 智子
    定価 2,916円 (本体2,700円+税8%)
    ISBN978-4-260-02839-4
  • 商品写真
    呼吸器診療 ここが「分かれ道」
    著:倉原 優
    定価 4,320円 (本体4,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-02135-7
  • 商品写真
    肺癌診療ポケットガイド
    編集:大江 裕一郎/渡辺 俊一/伊藤 芳紀/出雲 雄大
    定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-02506-5