医学書院

商品写真

≪がん看護実践ガイド≫

がん患者のQOLを高めるための

骨転移の知識とケア




監修:一般社団法人 日本がん看護学会
編集:梅田 恵/樋口 比登実
  • 判型 B5
  • 頁 208
  • 発行 2015年03月
  • 定価 3,672円 (本体3,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02083-1
症状緩和およびQOL向上の観点から、骨転移の治療・看護ケアを考える
がん治療の進歩によって、がん患者の生存期間は大きく延びている。それは同時に、骨転移を抱えながら生活する患者が増えていることでもある。骨転移と診断を受けた患者のみならず、骨転移のリスクを抱える患者に、看護師はどのようにかかわっていくとよいのか。多様になった骨転移の治療法をおさえるとともに、事例をとおして骨転移患者へのケアを考える。
目 次
第1章 骨転移を理解しよう 骨転移の病態生理と診断
 1 骨転移とは
   1 悪性骨腫瘍の分類
   2 骨転移の症状
   3 治療戦略
 2 正常骨の代謝
   1 なぜ,骨を壊す必要があるのか
   2 骨のリモデリング
   3 破骨細胞と骨芽細胞
   4 破骨細胞の機能
   5 骨吸収異常
 3 骨転移の成長と疫学
   1 骨転移の過程
   2 骨転移の分類
   3 骨転移の治療の適応
 4 骨転移の部位と症状の発現
   1 骨転移をもたらす腫瘍
   2 骨転移の好発部位
   3 骨転移の症状と対応
   4 骨転移による骨以外の症状
 5 骨転移の診断-画像診断法を中心に
   1 画像診断法:単純X線写真
   2 画像診断法:骨シンチグラフィ
   3 血液検査

第2章 骨転移の治療法
 1 骨転移で選択される治療法
   1 骨転移の診断と説明
   2 骨転移治療の進め方
   3 各症状への対応
   4 まとめ
 2 薬物療法
   1 骨吸収抑制薬
   2 鎮痛薬
 3 放射線治療
   1 放射線治療の役割
   2 放射線治療の適応
   3 放射線治療の計画
   4 放射線治療の効果
   5 有害事象
   6 内部照射療法
 4 手術療法
   1 四肢の骨転移に対する手術療法
   2 脊椎の骨転移に対する手術療法
 5 神経ブロック
   1 神経ブロックの基本
   2 神経ブロックの実際
   3 痛みなく過ごすために
 6 理学的管理
   1 頸椎転移
   2 胸椎・腰椎転移
   3 下位腰椎・仙骨・腸骨・大腿骨近位骨転移
   4 上腕骨転移

第3章 骨転移とQOLを高めるケア
 1 骨転移における看護
   1 骨転移とQOL
   2 骨転移のある患者への看護の役割
   3 多様性が求められる時代とQOL
 2 骨転移の生活への影響とケア-自覚する症状のない場合
   1 骨転移が診断されていない患者へのケア
   2 症状のない骨転移が疑われたときのケア
   3 症状のない骨転移を診断されたときの患者へのケア
 3 骨転移の生活への影響とケア-非荷重骨の骨折を伴う場合
   1 荷重骨と非荷重骨とは
   2 非荷重骨への転移と病的骨折リスク
   3 非荷重骨の骨折
   4 非荷重骨の骨折の看護ケア
 4 骨転移の生活への影響とケア-荷重骨の骨折を伴う場合
   1 荷重骨の骨折が及ぼす影響
   2 脊椎への転移と圧迫骨折
   3 骨盤への転移と骨折
   4 四肢長管骨(上腕骨・大腿骨)への転移と骨折
   5 患者を支えるチーム医療
 5 骨転移のある患者のリハビリテーション
   1 骨転移患者のリハビリにおける看護の役割
   2 骨転移のリハビリにおける看護ケア

第4章 がん種からみる骨転移の経過とケア
 1 長期経過をたどるなかでの再発・転移-乳がんからの骨転移
   経過1 骨転移痛の出現(痛みのマネジメントのためのアプローチ開始)
   経過2 がんの広がりによる骨転移痛の増強
   経過3 骨転移による症状の慢性化
 2 治療・看護の方針変更となった症例-肺がんからの骨転移
   経過1 原発がんの診断と治療(股関節痛出現前)
   経過2 股関節痛の出現
   経過3 多発性骨転移の診断
   経過4 股関節痛の軽減
   経過5 原疾患の治療方針変更
    +α 本症例における倫理的ジレンマ
 3 症状の進行に伴う苦痛への対応-進行膀胱がんからの骨転移
   経過1 診断までの経過
   経過2 原疾患の治療経過と骨転移痛の出現
   経過3 緩和医療科外来での介入(泌尿器科と緩和医療科との併診開始)
   経過4 入院,緩和ケアチームの介入開始
   経過5 その後の経過(緩和ケア病棟)
 4 安全の保障と安心できる日常生活の調整-消化器がんからの骨転移
   経過1 肝がん罹患から入院まで
   経過2 急激ながんの進行と治療方針の変更
   経過3 骨転移に伴う症状の予防
   経過4 骨転移の進行
   経過5 その後の経過

索引

Column
 正常な骨の画像を覚えよう
 非荷重骨の骨転移のピットフォール
 痛みのフレア現象
関連書
  • 商品写真
    運動器マネジメントが患者の生活を変える!
    がんの骨転移ナビ
    監修:有賀 悦子/田中 栄/緒方 直史 編集:岩瀬 哲/河野 博隆/篠田 裕介
    定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-02546-1
  • 商品写真
    ≪がん看護実践ガイド≫
    がん治療と食事
    治療中の食べるよろこびを支える援助
    監修:一般社団法人 日本がん看護学会 編集:狩野 太郎/神田 清子
    定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-02208-8
  • 商品写真
    ≪がん看護実践ガイド≫
    女性性を支えるがん看護
    監修:一般社団法人 日本がん看護学会 編集:鈴木 久美
    定価 3,672円 (本体3,400円+税8%)
    ISBN978-4-260-02140-1