医学書院

商品写真

トラブルに巻き込まれないための医事法の知識




著:福永 篤志
法律監修:稲葉 一人
  • 判型 B6
  • 頁 344
  • 発行 2014年10月
  • 定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02011-4
すべての医療者が知っておきたい医事法の知識を簡潔に解説
すべての医療人に向けた、医療紛争に巻き込まれないために知っておくべき法律知識の解説書。臨床医の目線で日常診療上注意すべき法律50項目を選び、具体的な判例を交え、1項目につき3ページ程度で分かりやすく噛み砕いて解説。『medicina』 『脳神経外科』 誌の好評連載コラム「医事法の扉」の単行本化。
目 次
推薦の序(河瀬 斌)
はじめに
本書の利用法

I 医療訴訟のしくみ
 1 訴訟の流れを教えてください ►► 医療訴訟のしくみ(概要)
 2 賠償請求の根拠は何ですか? ►► 債務不履行と不法行為
 3 病院ごとに差はありますか? ►► 医療水準
 4 これまでどおりのやり方で大丈夫ですか? ►► 医療慣行
 5 病院は責任を負いますか? ►► 使用者責任
 6 他人と一緒に訴えられることがありますか? ►► 共同不法行為
 7 結果が悪ければ必ず訴えられますか? ►► 因果関係
 8 どこまで、いくら請求されますか? ►► 損害賠償
 9 訴えられるのはいつまでですか? ►► 時効・除斥期間
 10 訴訟の最初の手続きは何ですか? ►► 証拠保全
 11 証人として呼び出されました。どうしたらよいですか? ►► 証人尋問
 12 どこまで提出しなければならないのですか? ►► 文書提出命令
 13 鑑定人に選ばれました。どうすればよいでしょう? ►► 民事鑑定
 14 鑑定の代わりはありますか? ►► 専門委員
 15 裁判以外の解決法はありますか? ►► ADR

II 医師の義務と権利
 1 法律上どこまで求められていますか? ►► 善管注意義務
 2 診療拒否は法律違反でしょうか? ►► 応招義務
 3 診察しないで治療してもよいですか? ►► 無診察治療等の禁止
 4 どこまで聞けばいいのでしょうか? ►► 問診義務
 5 カルテは何のために書くのでしょうか? ►► 診療録記載義務
 6 どこまで説明が必要ですか? ►► 説明義務
  (1)家族にも説明が必要ですか?  家族への説明義務
  (2)チーム医療では誰が説明したらよいですか?  チーム医療における説明義務
  (3)死因も説明すべきですか?  死因説明義務
 7 「何かあったら来てください」ではダメですか? ►► 療養指導義務
 8 どのタイミングで送ればいいのでしょうか? ►► 転送(転医紹介)義務
 9 診断書は求められたら必ず書かなくてはならないのでしょうか?
    ►► 診断書交付義務
 10 異状死の判断はどうしたらよいですか? ►► 届出義務
 11 患者管理はどこまで必要ですか? ►► 管理義務
 12 診療以外の義務はあるのですか? ►► 安全配慮義務
 13 具体的法律以外にルールはありますか? ►► 一般条項
 14 裁量はどこまで許されますか? ►► 医師の裁量権

III 患者の権利と義務
 1 患者の主張はすべて承諾しなければならないのですか? ►► 患者の自己決定権
 2 期待に反する結果だと訴えられてしまうのでしょうか? ►► 期待権
 3 終末期医療はどう考えたらよいですか? ►► 安楽死・尊厳死
 4 患者にも義務はあるのですか? ►► 患者の義務

IV 日常診療における法律問題
 1 ドクターコールに応えても大丈夫でしょうか? ►► 事務管理
 2 チーム医療ではお互いに頼り合っても大丈夫ですか? ►► 信頼の原則
 3 他科依頼はどのような法律関係になりますか? ►► 他科診療依頼
 4 公立病院と一般病院の医師の処遇に違いはありますか? ►► 公務員の特殊性
 5 医療器具のトラブルは誰の責任ですか? ►► 製造物責任
 6 患者が転んだら病院が責任を負うのでしょうか? ►► 転倒・転落事故
 7 褥瘡ができたら訴えられますか? ►► 褥瘡裁判
 8 読影・診断ミスは訴えられますか? ►► 誤診・見落とし
 9 自由に開業できるのでしょうか? ►► 開業に関する法律問題
 10 患者から開示請求を受けました。開示すべきですか?
    ►► 個人情報保護法と情報公開法
 11 医療行為を特許にできますか? ►► 医療行為と特許
 12 医業類似行為とは何を指しますか? ►► 医業類似行為
 13 予防接種で副作用が起こったら訴えられますか? ►► 予防接種
 14 脳神経外科の裁判
  (1)どのような説明がよいですか?  未破裂脳動脈瘤
  (2)未破裂との違いは何ですか?  破裂脳動脈瘤
  (3)動脈瘤との争点の違いは何ですか?  脳腫瘍
  (4)外傷患者への法律上の注意点は何ですか?  頭部外傷
  (5)MVD後にどのような法的トラブルがありますか?  顔面痙攣・三叉神経痛
  (6)頸動脈疾患の争点は何ですか?  内頸動脈狭窄・閉塞

V 刑法上の問題
 1 なぜ医療行為が罰せられるのですか? ►► 業務上過失致死傷罪
 2 証拠を隠したら罪に問われますか? ►► 証拠隠滅罪
 3 名誉毀損と侮辱の違いは何ですか? ►► 名誉毀損・侮辱

付録 医師の法的義務・権利とその内容
あとがき
関連書
  • 商品写真
    医療事故の舞台裏
    25のケースから学ぶ日常診療の心得
    著:長野 展久
    定価 2,750円 (本体2,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-01663-6
  • 商品写真
    研修医のための
    リスクマネジメントの鉄則
    日常臨床でトラブルをどう防ぐのか?
    著:田中 まゆみ
    定価 2,750円 (本体2,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-00439-8
  • 商品写真
    ソーリー・ワークス!
    医療紛争をなくすための共感の表明・情報開示・謝罪プログラム
    著:ダグ・ヴォイチェサック /ジェームズ・W・サクストン /マギー・M・ フィンケルスティーン 監訳:前田 正一 翻訳:児玉 聡/高島 響子
    定価 2,860円 (本体2,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-01493-9