医学書院

商品写真

“実践的”抗菌薬の選び方・使い方




編集:細川 直登
  • 判型 A5
  • 頁 236
  • 発行 2014年06月
  • 定価 3,564円 (本体3,300円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01962-0
抗菌薬の特徴・用法を比べながら学ぶユニークな1冊!
抗菌薬の選び方・実践的な使い方をユニークな構成で解説。はじめに起因菌・薬剤の構造・投与経路別に抗菌薬の基礎知識を、次にスペクトラムが重なる抗菌薬の特徴を比べてその違いに注目しながら使い分けのポイントをわかりやすくまとめた。感染症診療に携わるすべての人にお勧めしたい。
目 次
第I部 総論-添付文書だけでなく,サンフォードだけでもない抗菌薬の使い方
 1 抗菌薬使用の大原則
  βラクタム系薬が使用可能なときはこれを優先する
  同じクラスのβラクタム系薬の薬効は原則的に同じである
  単剤で治療できるものは単剤を用いる
  過量投与が問題になるアミノグリコシドやバンコマイシンはTDMを利用する
  経口抗菌薬はスペクトラムだけで選ばない
 2 日本と海外で異なる抗菌薬の用法・用量
  日本と海外の用法・用量の違い
  近年承認された薬剤は海外における用法・用量と同じであることが多い
  用法・用量を修正して新たに発売された薬剤もある
  従来の薬剤の最大用量,適応疾患の拡大
  保険適用量と標準使用量に違いがある場合の対応
  抗菌薬の適正な用法・用量はまだ不明な点が多い
  用法・用量の適正化を目指して
 3 PK/PDから考える合理的投与方法とは?
  PK/PD理論の基本知識
  ケース1:bioavailabilityから考えた経口抗菌薬の使い方
  ケース2:組織移行性を考慮しなければいけないとき
  ケース3:殺菌的抗菌薬と静菌的抗菌薬のどちらがよいか?
  ケース4:時間依存性か濃度依存性か
       -外来や在宅で使える点滴抗菌薬はどちらがよい?
  ケース5:添付文書と標準使用量のギャップへの対応策
 4 感受性検査の結果をどう解釈するか
  抗菌薬感受性はどのようにして決められているのか?
  感受性結果解釈のピットフォール
 5 抗菌薬の適正使用
  なぜ今,抗菌薬適正使用が必要なのか
  抗菌薬の使用制限の方法
  病院の耐性菌対策と患者アウトカム向上の両立
   -今後の日本の抗菌薬適正使用の進む道

第II部 薬剤同士の“同じ部分=類似性”をまとめてその特徴を理解する
【対象微生物でまとめる】
 1 グラム陽性菌用の薬剤
  グラム陽性菌用抗菌薬を考えるにあたって
  グラム陽性球菌
  グラム陽性桿菌
 2 グラム陰性菌用の薬剤
  βラクタム系薬
  アミノグリコシド系
  ニューキノロン系
  ST合剤
 3 抗嫌気性菌薬
  嫌気性菌感染症治療の基本
  どの抗菌薬を選ぶか
  嫌気性菌感染で使用される薬剤の特徴
 4 抗緑膿菌薬
  ペニシリン系
  セフェム系
  カルバペネム系
  キノロン系
  アミノグリコシド系
  colistin
  耐性菌への対応
 5 抗MRSA薬
  グリコペプチド系
  オキサゾリジノン系
  アミノグリコシド系
  リポペプチド系
  そのほかの抗MRSA薬

【抗菌薬の構造でまとめる】
 6 βラクタム系薬
  作用機序
  PK/PD上の特徴
  抗菌薬選択のポイント
  βラクタム系薬の用法・用量設定のコツ
  副作用
 7 ニューキノロン系薬
  作用機序
  PK/PDの特徴
  使用すべき臨床状況
  副作用,相互作用
 8 アミノグリコシド系薬
  作用機序
  スペクトラム
  PK/PD上の特徴
  投与方法
  使用すべき臨床状況
  副作用
 9 マクロライド系薬
  作用機序
  PK/PDの特徴
  耐性のメカニズム
  スペクトラム,使用すべき臨床状況
  副反応
  相互作用
  エリスロマイシンの抗菌作用以外の効果
 10 テトラサイクリン系薬
  歴史・構造・作用機序
  PK/PDの特徴
  スペクトラム
  使用すべき臨床状況
  マイコプラズマ肺炎における適応
  免疫抑制作用
  副作用
  ヒト以外への使用

【投与経路でまとめる】
 11 経口抗菌薬の使い方
  経口抗菌薬を処方する際に考慮すべき点
  外来で経口抗菌薬による治療を行う場合

第III部 薬剤同士の“違い=個別性”を理解して実践的な使い分けを習得する
 1 ペニシリンGとアンピシリン
  PCGが使用される臨床状況
  ABPCが使用される臨床状況
  de-escalationをしっかりと行おう
  ブドウ球菌菌血症にペニシリンは使用できるか
  中枢神経への移行
  投与法
  使用上の注意
  アレルギーがある場合の代替薬
  おわりに
 2 アンピシリン・スルバクタムとピペラシリン・タゾバクタム
  βラクタマーゼとβラクタム阻害薬
  スペクトラムの違い,使い分け
  ペニシリンアレルギーがある場合の代替薬
  オキサセフェム系やセファマイシン系との使い分け
  薬価
 3 セファゾリンとoxacillin/nafcillin
  世代別セファロスポリン系薬の特徴
  セファゾリンのスペクトルと使用すべき臨床状況
  抗黄色ブドウ球菌薬としてのセファゾリン
  グラム陰性桿菌治療薬としてのセファゾリン
  セファゾリンの使い方
 4 セフォチアムとセフォタキシム/セフトリアキソン
  セフォチアム
  セフォタキシム/セフトリアキソン
 5 セフタジジムとセフェピム
  セフタジジム
  セフェピム
 6 メロペネムとイミペネム・シラスタチンとドリペネム
  使用される臨床状況:カルバペネムを使うべきか,使うべきでないか?
  カルバペネムを使うとして,どの薬剤を選ぶか
  カルバペネムの投与法
  カルバペネムの適正使用のすすめ方
 7 シプロフロキサシンとレボフロキサシンとモキシフロキサシン
  キノロン系薬の特徴
  シプロフロキサシン
  レボフロキサシン
  モキシフロキサシン
 8 ゲンタマイシンとトブラマイシンとアミカシン
  スペクトラム,使用すべき臨床状況
  投与法
  各薬剤の使い分け
  少なすぎる日本の保険適用量
 9 バンコマイシンとテイコプラニン
  スペクトラム
  PK/PDから考える投与法
  バンコマイシンとテイコプラニンの使い分け
  MRSA感染症の治療期間
 10 リネゾリドとダプトマイシン
  バンコマイシン,リネゾリド,ダプトマイシンの使い分け
  敗血症・心内膜炎に対する使い分け
  肺炎に対する使い分け:バンコマイシンとリネゾリドのどちらを用いるか?
  そのほかの感染症に対する使い分け
  副作用
 11 ドキシサイクリンとミノサイクリン
  使用すべき臨床状況
  ドキシサイクリンとミノサイクリンの使い分け
 12 アジスロマイシンとクラリスロマイシン
  スペクトラム
  使用すべき臨床状況
  副作用,相互作用
  column マクロライド耐性マイコプラズマ肺炎
 13 クリンダマイシン
  スペクトラム,薬剤の特徴
  使用される臨床状況と投与法
  副作用
 14 メトロニダゾール
  スペクトラム
  薬物動態
  使用される臨床状況と投与法
  副作用,相互作用
  静注薬の国内承認が待たれる
 15 ST合剤
  古い薬を今使いこなす
  作用機序
  スペクトラム
  適応
  剤形,用法・用量
  副作用,相互作用

理解を深めるための27題-解答
索引
関連書
  • 商品写真
    レジデントのための感染症診療マニュアル
    (第3版)
    著:青木 眞
    定価 10,800円 (本体10,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-02027-5
  • 商品写真
    感染症レジデントマニュアル
    (第2版)
    著:藤本 卓司
    定価 4,860円 (本体4,500円+税8%)
    ISBN978-4-260-01760-2
  • 商品写真
    病院内/免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方 第2集
    IDATEN感染症セミナー実況中継
    編集:IDATENセミナーテキスト 編集委員会
    定価 5,616円 (本体5,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-03697-9