医学書院

商品写真

臨床てんかん学




編集:兼本 浩祐/丸 栄一/小国 弘量/池田 昭夫/川合 謙介
  • 判型 B5
  • 頁 688
  • 発行 2015年11月
  • 定価 16,500円 (本体15,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-02119-7
臨床で“使える”てんかんのエンサイクロペディア、待望の刊行
小児科、神経内科、脳神経外科、精神科などの複数の診療科で扱われながら、複雑な病態生理をもつことにより、臨床家と研究者双方の関心を惹いているてんかん。その基礎医学、症候学、診断、検査、治療、そして患者のケアまで、エキスパートの編集・執筆により、数多くの情報を網羅したエンサイクロペディアがここに刊行。進歩著しいてんかん学の現在を標し、また未来を示すマイルストーンといえる1冊。
目 次
第1章 歴史的展望
 A 欧米におけるてんかんの歴史
 B 日本におけるてんかんの歴史
 C てんかん分類の歴史
 D てんかん外科の歴史
第2章 てんかんの疫学
第3章 てんかんの病理学
 A 海馬硬化
 B 大脳異形成
 C てんかん原性脳腫瘍
 D 周産期脳障害,頭部外傷,脳血管障害
 E その他
第4章 てんかんの生理学
 A てんかん原性とは何か
 B てんかんにかかわるイオンチャネル
 C てんかんにかかわるシナプス伝達物質と受容体
 D 脳内環境のホメオスターシス
 E 焦点性てんかんの神経機序
 F 欠神てんかんの神経機序
第5章 てんかんの遺伝学
 A 遺伝・遺伝子関係の用語解説
 B 遺伝性疾患の種類と対応するてんかん関連疾患
 C メンデル(Mendel)型の遺伝を示さない一般のてんかんにおける
   遺伝性の標準的な説明
 D 多因子遺伝あるいはtrait markerが不明なその他のてんかん症候群
第6章 徴候・訴えから考える鑑別診断
 A 訴えをいかにして病歴にするか
 B 発症年齢(新生児,乳児,幼児,学童,思春期,高齢者)
 C 初発・急性期
 D けいれん
 E 脱力・転倒
 F 笑う・泣く
 G 意識障害・認知障害
 H 主観的訴え
第7章 てんかん発作の症候学
 A てんかん発作,てんかん症候群,てんかん大分類
 B 局在論からみたてんかん発作
 C 発達からみたてんかん発作
 D てんかん発作各論:1 自己終息型てんかん発作・発作分類
 E てんかん発作各論:2 てんかん発作重積状態
第8章 器質的・構造的病因など
 A 頭部外傷(外傷性てんかん)
 B 脳炎
 C 代謝・内分泌・自己免疫疾患
 D 認知症
 E 脳血管障害
 F 先天奇形
 G 自閉症とてんかん
 H 周産期障害
 I 脳腫瘍
 J 薬物,薬物離脱
第9章 精神・行動随伴症状
 A 疫学
 B 注意欠如多動性障害および広汎性発達障害
 C 精神病,気分障害,その他
第10章 検査
 A 脳波
 B 画像検査
 C 心理学的検査
 D 血液検査
第11章 てんかんおよびてんかん類似症候群
 A 特発性全般てんかん
 B 年齢依存性焦点性てんかん
 C てんかん性脳症
 D 年齢非依存性焦点性てんかん
 E 反射てんかん
 F その他のてんかん症候群
 G 急性症候性発作
 H 状況依存性機会性けいれん
 I 進行性ミオクローヌスてんかん
 J てんかん類似症候群
 K てんかんを主たる症状としメンデル型遺伝を示す疾患
 L 遺伝子変異がてんかんだけでなく脳症も生ずるか,遺伝子変異が脳の形態異常を
   もたらしそれが間接的にてんかんの原因となる疾患
第12章 薬物療法
 A 抗てんかん薬の選択
 B 抗てんかん薬の吸収から排泄まで
 C 薬物相互作用
 D 作用機序
 E 副作用
 F 催奇形性,授乳,子どもへの影響
 G 薬物療法の終結
 H 薬剤抵抗性の機序
 I 抗てんかん薬(経口)
 J 抗てんかん薬(注射剤)
 K 副腎皮質刺激ホルモン,免疫グロブリン
 L その他
 M てんかん発作の閾値を下げる薬剤
 N 特に併用に注意すべきその他の薬物
第13章 てんかん外科手術
 A 薬剤抵抗性と手術適応
 B 術前検査とインフォームド・コンセント
 C 主要な術式
 D 病態ごとに適した手術術式と手術予後
 E 外科手術後のQOL
第14章 その他の治療法
 A ケトン食
 B 迷走神経刺激療法(VNS)
 C 脳電気刺激療法と三叉神経刺激療法
 D バイオフィードバック療法
 E 局所脳冷却法と定位的レーザー焼灼法
第15章 ライフステージによる課題とその対処法
 A 乳幼児期
 B 学童期
 C 思春期・青年期
 D 高齢者
 E QOLを決定しているものは何か
第16章 医療連携
 A てんかんネットワーク
 B キャリーオーバーの連携
 C 社会資源の活用
 D 包括的治療
第17章 ガイドラインの特徴と使い方
 A 日本てんかん学会
 B 日本神経学会

索引
関連書
  • 商品写真
    ≪精神科臨床エキスパート≫
    てんかん診療スキルアップ
    シリーズ編集:野村 総一郎/中村 純/青木 省三/朝田 隆/水野 雅文 編集:吉野 相英
    定価 6,380円 (本体5,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-01958-3
  • 商品写真
    心因性非てんかん性発作へのアプローチ
    原著:Lorna Myers  監訳:兼本 浩祐 訳:谷口 豪
    定価 3,740円 (本体3,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-02197-5
  • 商品写真
    てんかん鑑別診断学
    編集:Peter W. Kaplan /Robert S. Fisher  訳:吉野 相英/立澤 賢孝
    定価 10,450円 (本体9,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-01028-3