医学書院

商品写真

防衛看護学




監修:安酸 史子
編集:志田 祐子/平 尚美
  • 判型 B5
  • 頁 180
  • 発行 2013年12月
  • 定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01916-3
特殊状況下で活躍する看護官の幅広い活動とその本質を理解する
看護師の資格を有する自衛官である「看護官」。本書は、これまで看護官が実践してきた看護、および防衛看護研究の実績から得られた知見をまとめたものである。看護師としての専門能力と自衛官としての任務遂行能力とを兼ね備えた看護官の本質と幅広い活動について、本書を通して理解を深めることができる。災害時や国際平和協力活動時など様々な状況下での危機管理を学ぶ上で、さらには看護官との連携を行う際にも役立つ1冊。
目 次
序章
 第1節 防衛省・自衛隊を取り巻く環境
  1 防衛省・自衛隊に期待される役割
   (1)防衛省・自衛隊の活動基盤
   (2)わが国を取り巻く安全保障環境
   (3)国際社会における安全保障上の主な課題
   (4)防衛省・自衛隊に期待される役割
  2 自衛隊衛生に期待される役割
   (1)自衛隊衛生の意義
   (2)自衛隊衛生を取り巻く環境の変化と自衛隊衛生に期待される役割
 第2節 看護官の地位・役割
  1 看護官制度の歴史
   (1)自衛隊における衛生の編制
   (2)看護官制度発足の経緯
   (3)自衛隊における養成開始までの経緯
   (4)陸上・海上・航空自衛隊における看護師の任用
  2 看護官の地位・役割
   (1)看護官の職務
   (2)看護官を取り巻く環境の変化
   (3)看護官に期待される役割
 第3節 防衛看護学とは
  1 防衛看護とは
   (1)防衛看護の特性
   (2)看護に関する概念についての考え方
  2 防衛看護学とは

第1章 災害看護
 第1節 自衛隊看護における災害時の看護活動の規定要因
  1 法と制度
   (1)災害対策基本法
   (2)自衛隊法
   (3)災害派遣計画
  2 任務
   (1)災害派遣と要請
   (2)災害派遣と態勢
   (3)任務の要素
  3 災害の種類
   (1)災害の種類の特性
   (2)災害の種類と医療活動の特性
  4 災害サイクル
   (1)災害サイクルと特徴
   (2)災害サイクルと医療活動の特性
  5 看護の対象
   (1)派遣隊員・派遣部隊等
   (2)被災地域の隊員
   (3)被災地域の住民およびコミュニティ
  6 災害時の看護活動における規定要因の構造
 第2節 災害時の看護活動における役割と機能
  1 看護官の地位
   (1)災害派遣の任務について
   (2)災害派遣チームの構成要員として
   (3)被災地域の医療機関の要員として
  2 看護官の役割
   (1)自隊救護
   (2)民生支援
   (3)自治体・機関との連携
  3 被災状況下における看護活動の機能
   (1)任務・地位・役割の理解
   (2)職務の理解と組織化
 第3節 災害時の看護活動における組織行動
  1 看護活動における組織化
   (1)目的・目標の共有
   (2)専門性に基づく采配
   (3)相互支援体制
   (4)フィードバック機能
   (5)CSCATTT
  2 看護活動における介入プロセス
   (1)介入プロセスの要素
   (2)自衛隊における災害看護の介入プロセス

第2章 国際平和協力活動における看護
 第1節 国際平和協力業務における看護
  1 国際平和協力業務における看護とは
   (1)編成部隊における看護官の位置づけ
   (2)看護官が担う役割
  2 国際平和協力業務における看護の特性
   (1)看護を取り巻く特殊な環境
   (2)医療リスクマネジメント
   (3)ストレスマネジメント
 第2節 国際緊急援助活動における看護
  1 国際緊急援助活動における看護とは
   (1)編成部隊における看護官の位置づけ
   (2)看護官が担う役割
  2 国際緊急援助活動における看護の特性
   (1)看護を取り巻く特殊な環境
   (2)医療リスクマネジメント
   (3)ストレスマネジメント
 第3節 国際平和協力活動に関連した感染症問題と看護
  1 世界の感染症の動向
   (1)マラリア(Malaria)
   (2)エイズ(AIDS / HIV感染症)
   (3)結核(Tuberculosis)
  2 感染症問題における看護官の役割
   (1)標準予防策の遵守
   (2)派遣隊員の健康管理
   (3)他の医療活動チームとの協働及び連携

第3章 戦傷病看護
 第1節 作戦地域における看護の特性
  1 看護官の任務・役割
  2 看護を展開する場の特性
   (1)作戦第一主義
   (2)劣悪な環境
   (3)看護管理上の困難
  3 作戦地域における倫理的ジレンマ
 第2節 戦傷病治療における看護
  1 戦傷病の概念
  2 戦傷の治療
   (1)戦傷治療の原則
   (2)戦傷治療におけるトリアージ
   (3)戦傷の治療と看護(収容所まで)
  3 収容所・野外病院における看護
   (1)収容所及び野外病院
   (2)受け入れ分類・処置
   (3)周手術期看護
   (4)病室における看護
   (5)後送における看護
   (6)後送間または収容中に死亡した傷病者の取り扱い
 第3節 NBC攻撃による傷病者の看護
  1 NBCあるいはCBRNE
  2 生物剤による攻撃・テロへの対応
   (1)生物剤(生物兵器)とは
   (2)生物剤への対応
   (3)看護
  3 化学剤による攻撃・テロへの対応
   (1)化学剤とは
   (2)化学剤への対応
   (3)看護
  4 核兵器及び放射線による攻撃・テロへの対応
   (1)核兵器及び放射線による攻撃・テロとは
   (2)核兵器及び放射線による攻撃・テロへの対応
   (3)看護

第4章 健康管理
 第1節 自衛隊における健康管理
  1 健康管理の意義
  2 健康管理の責任
  3 健康管理の指標
 第2節 健康増進・疾病予防
  1 原則と考え方
  2 計画・実施・評価
  3 健康診断
   (1)根拠
   (2)目的
   (3)健康診断の種類
   (4)診断後の指示区分
  4 衛生教育
   (1)定義
   (2)目的
   (3)衛生教育の計画
  5 体力衛生
  6 精神衛生
 第3節 防疫
  1 防疫の目的
  2 防疫業務
   (1)感染症の予防
   (2)発生時の対応

第5章 メンタルヘルス
 第1節 自衛隊におけるメンタルヘルス
  1 自衛隊におけるメンタルヘルスの特性
   (1)隊員構成
   (2)職場環境
   (3)任務の多様化とトラウマティック・ストレス
  2 自衛隊におけるメンタルヘルスの施策
  3 メンタルヘルスにおける看護官の役割
 第2節 基本となるメンタルヘルス対策
  1 部隊におけるメンタルヘルス上の課題
   (1)睡眠障害
   (2)適応障害
   (3)うつ病
   (4)アディクション
   (5)自殺
  2 隊員個人によるストレスマネジメント
  3 部隊におけるネットワークと統制システム
 第3節 特殊状況下におけるメンタルヘルス対策
  1 災害派遣活動におけるメンタルヘルス
  2 国際平和協力活動におけるメンタルヘルス
  3 コンバットストレス
  4 トラウマティック・ストレスへの対応


付録(1) 用語集
付録(2) 年表

索引
関連書
  • 商品写真
    多職種連携で支える災害医療
    身につけるべき知識・スキル・対応力
    編著:小井土 雄一/石井 美恵子
    定価 2,970円 (本体2,700円+税10%)
    ISBN978-4-260-02804-2
  • 商品写真
    創傷管理ナースポケットマニュアル
    褥瘡・MDRPU・IAD・スキン-テア
    著:松原 康美
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03912-3
  • 商品写真
    DELTAプログラムによるせん妄対策
    多職種で取り組む予防,対応,情報共有
    編集:小川 朝生/佐々木 千幸
    定価 2,860円 (本体2,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-03652-8