医学書院

商品写真

腰痛


(第2版)

編著:菊地 臣一
  • 判型 B5
  • 頁 416
  • 発行 2014年02月
  • 定価 9,288円 (本体8,600円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01915-6
腰痛患者の診かたが様変わりする新たな視点が満載
初版刊行から10年、腰痛の研究・診療は大きな変化を遂げた。編著者の腰痛研究の集大成であった本書も、それに対応し大幅な改訂となったが、「腰痛を知るのでなく、腰痛をどう考えるか」というconceptは不変。カラー写真を多数収載した病態の基礎解剖から治療選択の実際までの豊富な実例はさらに充実。慢性腰痛に対する新たな視点-「解剖学的損傷」から「生物・心理・社会的疼痛症候群」へ、という新たな潮流を解説する。
目 次
 はじめに

I 腰痛-その不思議なるもの
II 腰痛診療を巡る環境の変化
 今なぜ腰痛が問題か
 腰痛の病態に対する概念の変化
 腰痛診療に対する認識の変化
III 腰痛の病態
 腰痛の病態に対する新たな視点
  1 痛みと脳
  2 痛みと慢性炎症
 形態学からみた病態
  1 神経症状関与因子
  2 神経根障害
  3 上殿皮神経の走行
  4 仙腸関節前方進入での神経損傷の予防
 機能からみた病態
  1 基礎実験からみた病態
  2 遺伝子学的背景
  3 筋肉の生理・病態
  4 椎間板のバイオメカニクス-内圧からの検討
 臨床研究からみた病態
  1 疾患別にみた病態
  2 Failed back syndrome
  3 コンパートメント症候群-その概念と課題
  4 特殊な病態
  5 動脈硬化と腰痛
  6 ストレスとしての腰痛
  7 臓器相関の観点からみた腰痛
  8 腰痛の発現部位
  9 作業関連性腰痛
  10 スポーツや運動と腰痛
  11 脊椎手術の手術侵襲とストレス
IV 診療に際しての留意点
  1 患者の個性と医療従事者の対応
  2 治療に影響する信頼関係
  3 信頼関係確立のためのアート
V 腰痛の病態把握-診察のポイント
  1 腰痛病態の多様性
  2 診察における問診の意義
  3 症状・所見の時間的推移
  4 現時点だけの情報で判断する危険性
  5 診察における信頼関係の確立
  6 受診目的の把握
  7 リエゾン精神医学による評価の重要性
  8 リエゾン精神医学からの提言
  9 非特異的腰痛と特異的腰痛の鑑別の重要性
  10 腰痛評価時に陥る専門家の落とし穴
  11 所見の位置付け
  12 神経性間欠跛行の評価-有用性と限界
  13 診断サポートツール
  14 産婦人科領域の腰痛
  15 高齢者の腰痛
  16 小児の腰痛
VI 診察の進め方-病態把握の手順
  1 診察の目的-なぜ医師は診断するのか
  2 主訴の把握
  3 病歴の作成
  4 既往歴・他科受診の把握
  5 身体所見の評価
VII 画像による病態診断
  1 画像診断の問題点
  2 退行性疾患における画像検査の位置付け
  3 単純X線写真の位置付け
  4 不安定腰椎と神経障害
  5 椎間孔部圧迫病変
  6 多椎間欠損と神経障害
  7 RNR
  8 MRIにおけるblack lineの臨床的意義
  9 仙腸関節の変化
  10 画像診断の落とし穴とその対策
  11 MRI撮像の利害得失
  12 神経根ブロックの臨床的意義
  13 神経根ブロックによる腰痛と殿部痛の分析
  14 腰痛に対する画像診断-誤診を避けるために
  15 EBMからみた画像診断の価値と限界
  16 椎間板造影術への危惧
VIII 臨床検査
  1 臨床検査の役割
  2 外来初診時における必須の臨床検査
IX 誤診例と治療難航例からみた診療のポイント
 リエゾン診療からの提言
  1 心理・社会的因子と腰痛
  2 精神医学的問題を有する治療難航例に対する診療の現状
 治癒しえない腰・下肢痛-考えられる原因
  1 診断の誤り
  2 治療適応の誤り
 誤診への対策
  1 腰痛の病態の多様性への配慮
  2 画像所見の過大評価,過小評価
  3 治療適応の誤り
 望まれる集学的アプローチの構築
 まとめ
X 腰痛の治療
 新しい概念の登場
  1 従来の腰痛治療の問題点と新しい概念の確立
  2 腰痛の実態に対する認識の変化
  3 多面的・集学的アプローチの必要性と問題点
  4 新たな概念への医療従事者の対応
  5 治療方針の決定-informed consentからinformed decisionへ
  6 治療自体に求められる条件
 疫学と自然経過
  1 疫学
  2 自然経過
 治療にあたっての留意点,副作用(合併症)とその対策
  1 下肢症状に対する保存療法-予後不良因子
  2 NSAIDs
  3 ブロック療法
  4 代替療法
  5 輸血療法
  6 周術期における抗菌薬の投与
  7 術後疼痛
  8 深部静脈血栓症発生予防
 手術時のトラブルとその対策
  1 腰椎後方手術
  2 腰椎前方固定術
 新しい概念に基づいた治療体系
 成人の腰痛に対する保存療法
  1 成人の急性腰痛に対する治療
  2 成人の慢性腰痛に対する治療
  3 腰痛の予防
 薬物療法
 理学療法
  1 物理療法
  2 経皮的電気神経刺激療法
  3 牽引療法
  4 装具療法
 運動療法
  1 運動療法に対する評価と課題
  2 腰痛に対する一番有効な保存療法は何か
  3 高度な機能回復訓練と外来での理学療法との対比
  4 腰痛に対する効果的な運動療法の検討
  5 腰痛の予防に対する運動療法の価値
  6 現時点での運動療法の位置付け
 腰痛に対する手術療法
  1 手術の適応と価値
  2 脊椎手術の費用対効果
  3 低侵襲手術の価値と今後の課題
  4 椎間板ヘルニアに対する保存療法と手術療法との比較
  5 脊柱管狭窄に対する手術
  6 脊椎インストルメンテーションの妥当性について
  7 椎間板ヘルニアに対する手術
  8 脊椎外科医への問いかけ
  9 術前説明での留意点
 固定術の適応と問題
  1 固定術の目的
  2 固定術の問題点
  3 固定術実施に伴う採骨部痛
  4 腰椎変性すべり症に対する固定術の意義
   -非固定,Graf制動術,後側方固定併用術の比較
  5 腰椎変性すべり症に対する今後の課題
  6 腰痛に対する固定術の有効性-最終的な問題解決とならない
 主要な疾患に対する治療の実際-留意点
  1 椎間板ヘルニア
  2 LSS
  3 骨粗鬆症
  4 変性側弯症
  5 脊柱変形(後側弯症)の手術のコツと落とし穴
XI 腰痛を考える-私の疑問

 おわりに
 索引
関連書
  • 商品写真
    非特異的腰痛の運動療法
    症状にあわせた実践的アプローチ
    著:荒木 秀明
    定価 4,536円 (本体4,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-01971-2
  • 商品写真
    図解 腰痛学級
    (第5版)
    著:川上 俊文
    定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-01237-9
  • 商品写真
    腰痛に対するモーターコントロールアプローチ
    腰椎骨盤の安定性のための運動療法
    訳:齋藤 昭彦
    定価 6,048円 (本体5,600円+税8%)
    ISBN978-4-260-00312-4