医学書院

商品写真

母乳育児支援スタンダード


(新装版)
(在庫なし)
編集:NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会 
  • 判型 B5
  • 頁 380
  • 発行 2012年08月
  • 定価 4,320円 (本体4,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01684-1
科学的根拠に基づいた母乳育児支援テキストの決定版!
母乳育児の重要性が認識されるなか、UNICEF、WHOをはじめ、母乳育児を普及・支援する組織や団体・学会の輪は着実に広がりつつある。その1つ、NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会(JALC)が総力をあげ、科学的根拠をもとに母乳育児支援テキストとしてまとめられた本書も好評を博している。日本における母乳育児支援テキストの決定版! ジャケット付の新装版。
目 次
推薦のことば
まえがき
主要な略語

第1章 概論
 1 世界の母乳育児運動の潮流
 2 世界の母乳育児支援団体
 3 母乳育児の保護と推進:WHOの国際規準について
 4 母乳育児成功のために:「母乳育児成功のための10か条」のエビデンスを中心に
 5 IBCLCの行う母乳育児支援:業務基準・倫理規範
第2章 エモーショナル・サポート
 6 母乳育児カウンセリングの理論と基本
 7 母乳育児カウンセリングの実践
 8 1人目の母乳育児がうまくいかなかった経験をもつ母親への援助
第3章 母乳育児についての基本的知識
 9 子どもにとっての母乳育児の利点
 10 母乳の免疫学的意義
 11 母親にとっての母乳育児の利点
 12 社会にとっての母乳育児の利点
 13 母乳分泌の解剖・生理
 14 母乳の生化学
 15 吸啜・嚥下の解剖と生理
 16 母乳栄養児の消化吸収
 17 文献にみる「乳質」考察
第4章 妊娠中の母乳育児支援
 18 母乳育児のための出産前教育
第5章 出産直後の母乳育児支援
 19 早期接触(early attachment/early contact)の意義
 20 早期接触の支援
 21 出産後1週間の乳房と母乳の変化(乳房緊満を含む)と支援
 22 出産直後の授乳時間,授乳間隔,夜間授乳,母子同室
 23 ポジショニング(授乳姿勢,抱き方)と
   ラッチ・オン(吸着,含ませ方,吸い付かせ方)
 24 母乳育児と黄疸
 25 母乳育児と低血糖
 26 入院中の児のモニタリング:体重減少と増加,尿・便など
第6章 特別な支援を必要とする場合
 27 直接授乳が困難な場合の支援
 28 乳頭痛,乳頭損傷がある母親への支援
 29 帝王切開で出産した母と子への母乳育児支援
 30 母子分離:搾乳と電動搾乳器の使用方法および母乳の保存・解凍・加温
 31 双子・多胎児の母乳育児支援
第7章 退院後から1か月までの母乳育児支援
 32 退院後の地域での母乳育児支援
 33 母乳育児の継続的支援
 34 母乳不足と母乳不足感
 35 母乳育児中の食事,水分摂取
第8章 1か月以後の母乳育児支援
 36 補完食(離乳食)の開始と進め方
 37 母乳で育てられている児への鉄,ビタミンの補足
 38 人工・混合栄養からの母乳復帰
 39 働く女性と母乳育児
 40 乳腺炎の予防と治療
 41 母乳育児に関する乳幼児の発育・発達
 42 乳離れ・卒乳
 43 母乳育児と妊娠,きょうだい同時期授乳

あとがき
NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会
巻末資料1:母乳育児成功のための10か条
巻末資料2:母乳代用品のマーケティングに関する国際規準
巻末資料3:乳幼児の栄養に関するイノチェンティ宣言2005年版
索引
関連書
  • 商品写真
    母乳育児支援スタンダード
    (第2版)
    編集:NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会 
    定価 4,752円 (本体4,400円+税8%)
    ISBN978-4-260-02070-1
  • 商品写真
    チームで支える母乳育児
    「赤ちゃんにやさしい病院」の取り組み
    編集:杉本 充弘 執筆:日本赤十字社医療センター BFHI推進委員会 
    定価 3,024円 (本体2,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-01442-7
  • 商品写真
    UNICEF/WHO 赤ちゃんとお母さんにやさしい
    母乳育児支援ガイド ベーシック・コース
    「母乳育児成功のための10ヵ条」の実践
    訳:BFHI 2009 翻訳編集委員会 
    定価 4,536円 (本体4,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-00790-0