医学書院

商品写真

小児から高齢者までの姿勢保持

工学的視点を臨床に活かす
(第2版)

編:日本リハビリテーション工学協会 SIG姿勢保持 
  • 判型 B5
  • 頁 256
  • 発行 2012年08月
  • 定価 5,076円 (本体4,700円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01541-7
障害児・者/高齢者のニーズに即した姿勢保持装置の提供
日本リハビリテーション工学協会/SIG姿勢保持により、障害児・者、高齢者に対する姿勢保持の基礎と実際をまとめた入門書。姿勢保持装置・車いすを必要とする障害児・者や高齢者の環境を総合的にとらえ、ニーズにあった機器の提供を目指す。改版に伴い、目次を見直して、より現場に即した内容となった。リハ医、PT・OT、義肢装具士はもちろん、福祉・教育関係者にも分かりやすくお奨めの1冊。
目 次
I 姿勢保持の基礎知識
 1 姿勢保持の概要
  A 姿勢保持の役割
  B 姿勢とは
  C 姿勢保持の考え方
  D 姿勢保持技術の活用範囲
  E 姿勢保持の目的
  F 使用者
  G 姿勢保持の原則
  H 姿勢保持の技術の留意点
  I 姿勢保持の課題
  J まとめ
 2 姿勢保持の歴史
  A 姿勢保持装置の黎明期
  B わが国での取り組み
  C 工房の誕生
  D 成形技術の進歩
  E 採型と成形技術の普及
  F CAD/CAMの登場
  G 直接発泡法
  H 最近の座位保持装置
 3 姿勢保持装置の概要
  A 姿勢保持装置の種類
  B フレーム・身体支持部の材質と構造
  C 採型方法と成形の種類
  D 体幹前傾姿勢の応用
  E 立位保持装置
  F 臥位保持装置
 4 姿勢保持のおさえておきたいポイント
  A 側方(矢状面)の使用者と装置の関係
  B サポート部品
  C 頭頸部の保持(ヘッドサポート)
  D ベルト類
  E テーブル部
  F サポートの方法,量
II 小児
 1 小児期における姿勢保持の問題点とチェックポイント
  A 姿勢保持の意義と目的
  B 小児期における注意すべき身体的諸問題
  C 疾患別姿勢保持の考え方
  D まとめ
 2 小児疾患における姿勢保持の基礎と実際
  A 姿勢制御のメカニズムと小児期における諸問題
  B 姿勢の経時的変化
  C 小児疾患における姿勢保持の留意点
  D 姿勢保持具の適合評価の実際
  E 姿勢保持具提供にあたっての具体的な配慮点
 3 日常生活における姿勢保持
  A 日常生活で姿勢をどう見るか
  B 臥位姿勢への援助
  C 食事姿勢への援助
  D 排泄姿勢への援助
  E 入浴姿勢への援助
  F 更衣姿勢への援助
  G 学習姿勢への援助
  H 移動と移乗
  I 遊び・余暇活動
  J まとめ
 4 教育現場における姿勢保持
  A 教育現場に必要な視点
  B 背臥位・体幹後傾姿勢保持具
  C 側臥位保持具
  D 腹臥位保持具
  E 外出支援
  F 余暇支援
  G おわりに
 5 療育センター現場における姿勢保持
  A 療育センター現場の視点
  B ブレースカンファレンスでの役割
  C 特別支援学校との連携
  D 毎日の生活を支える姿勢保持
 6 日常生活と姿勢ケア
  A 姿勢ケアの目的
  B 発達と姿勢ケア
  C 24時間アプローチ
  D 姿勢ケアの実際
  E まとめ
III 高齢者
 1 高齢期における姿勢保持の問題点とチェックポイント
  A 高齢期における特徴と諸問題
  B 高齢期に対する姿勢保持の意義と目的
  C 高齢期における姿勢の特徴
  D 高齢期に見られる車いす上の特徴とその対策
  E 高齢期に姿勢保持が必要となる代表的な疾患と座位姿勢で見られる問題点
  F 姿勢保持のための評価と具体的介入例
  G 高齢期の姿勢保持チェックポイントのまとめ
 2 高齢者の姿勢保持のポイント
  A 加齢による心身の変化と姿勢への影響
  B 高齢者の姿勢の特徴
  C 高齢者の身体計測値と車いすの寸法
  D 車いすシートの問題点
  E 姿勢保持のポイント
  F 車いすの調整
  G モジュラー式車いすの特徴
  H 姿勢保持の効果
 3 高齢者用姿勢保持装置と車いす
  A 座いす
  B リビングチェア
  C 車いす
  D 車いす用クッション
  E クッションの種類と特性
  F クッションの使用例
  G 高齢者用車いす
 4 高齢者介護施設における姿勢保持
  A 姿勢保持の実態と必要性
  B 施設で生活することへの理解
  C 車いすでの姿勢保持が高齢者の生活に与える影響(従来型施設編)
  D 車いすでの姿勢保持が高齢者の生活に与える影響(ユニット型施設編)
  E 入浴での姿勢保持が高齢者と介助者に与える影響(集団介護と個別介護の比較)
  F 施設における姿勢保持の今後の課題
IV 姿勢保持装置製作の実際
 1 姿勢保持装置提供までの実際
  A 5W2Hで確認する使用者ニーズ
  B 採寸・採型の実際
  C 仮合わせの実際
  D 完成品検品と適合・納品作業
  E フォローアップ
 2 現場で活きる製作技術の紹介
  A ウレタンフォームのカッティング技術
  B 三層強化段ボールの利用
  C 身近な素材による工夫
V 生活支援と姿勢保持
 1 遊びを広げる姿勢保持
 2 コミュニケーションを促す姿勢保持
 3 水の効果と姿勢保持
 4 乗馬の効果と姿勢保持
 5 スキーを楽しむ支援機器
 6 姿勢保持機能付き自転車と改造方法
 7 セーリングを楽しむための支援機器

特別資料 座位保持装置・車いすなどに関する支給制度について

索引
関連書
  • 商品写真
    脊髄損傷リハビリテーションマニュアル
    (第3版)
    編集:神奈川リハビリテーション病院 脊髄損傷リハビリテーションマニュアル編集委員会
    定価 5,616円 (本体5,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-03696-2
  • 商品写真
    こころの回復を支える
    精神障害リハビリテーション
    著:池淵 恵美
    定価 3,672円 (本体3,400円+税8%)
    ISBN978-4-260-03879-9
  • 商品写真
    PT・OT国家試験共通問題
    でるもん・でたもん 一問一答!!
    編:「標準理学療法学・作業療法学」編集室 
    定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-03855-3