医学書院

商品写真

「話せない」と言えるまで

言語聴覚士を襲った高次脳機能障害


著:関 啓子
  • 判型 A5
  • 頁 256
  • 発行 2013年02月
  • 定価 2,750円 (本体2,500円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01515-8
「脳損傷とはこういうことだったのか」 専門家が自ら経験してわかったこと
本書は、失語症など高次脳機能障害の専門家である著者が、心原性脳梗塞で倒れてから回復に向かうまでの自らの体験を、主治医、門下のスタッフらの協力のもとまとめたもの。発症当時から急性期病院での治療・経過、退院後の生活などが時系列でまとめられている。専門家ならではの、その知識に裏打ちされた“当事者体験”による科学的な分析を交えた筆致が注目される1冊。


●Webコンテンツ配信中 本書とあわせてご利用ください。

再生ボタン本書7頁: r-tPA直後の発話 (MP3,00:39)
再生ボタン本書40頁: 発症6日目の会話 (MP3,00:41)

PDF本書146頁: 「脳の回復過程を脳波で観る」 今井絵美子 (PDF,A5・4頁,711KB)
PDF本書214頁: 「左上肢へのリハビリ記録:回復への挑戦―認知運動療法」
     富永孝紀・河野正志 (PDF,A5・13頁,694KB)

本書25頁: 発症18日目の歩容(WMV,01:23)
本書219頁: 「電池移動」を行なう左手動作(WMV,00:32)
目 次
推薦の序
前書き

第1章 運命の日
 1-1 救急外来にて
 1-2 思い起こせば

第2章 急性期(2009年7月11日~8月5日)
 2-1 入院後の経過
 2-2 私から見た入院当初の医学的状況
 2-3 病棟での生活
 2-4 家族から見た私の経過
 2-5 チーム名谷の活動
 2-6 携帯メール
 2-7 石合教授来神
 2-8 花火大会の一日
 2-9 転院

第3章 回復期(2009年8月5日~11月21日)
 3-1 回復期とは
 3-2 永生病院に到着
 3-3 永生病院での入院生活
 3-4 訓練経過
 3-4-1 第1期(8月5日~8月23日)
 3-4-2 第2期(8月24日~9月19日)
 3-4-3 第3期(9月19日~11月21日)

第4章 復職準備期(2009年11月22日~2010年5月6日)
 4-1 この時期について
 4-2 リハビリテーション
 4-3 その他の出来事
 4-4 対象者の生活を具体的に想像するということ
 4-5 頭の中の算盤
 4-6 自宅生活上の工夫

第5章 復職期(2010年5月6日~2011年3月31日)
 5-1 引っ越し
 5-2 復職
 5-3 高専賃での生活
 5-4 活動再開
 5-5 生活の工夫
 5-6 ラジオ出演
 5-7 退職の決意
 5-8 上肢のリハビリテーション
 5-9 言語および高次脳機能障害の自主リハビリ
 5-10 退職
 5-11 私の脳梗塞を振り返って

後書き
索引
関連書
  • 商品写真
    脳卒中の運動療法
    エビデンスに基づく機能回復トレーニング
    著:Janet H. Carr /Roberta B. Shepherd  訳:潮見 泰蔵/齋藤 昭彦
    定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-24433-6
  • 商品写真
    PT・OT・STのための
    脳画像のみかたと神経所見
    [CD-ROM付] (第2版)
    著:森 惟明/鶴見 隆正
    定価 5,500円 (本体5,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00703-0
  • 商品写真
    回復期リハビリテーション病棟マニュアル
    編集:角田 亘 編集協力:北原 崇真/佐藤 慎/岩戸 健一郎/中嶋 杏子
    定価 3,740円 (本体3,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-04247-5