医学書院

商品写真

がんサバイバー

医学・心理・社会的アプローチでがん治療を結いなおす


原書編集:Kenneth D. Miller 
監訳:勝俣 範之
訳:金 容壱/大山 万容
  • 判型 A5
  • 頁 464
  • 発行 2012年06月
  • 定価 4,320円 (本体4,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01522-6
がんと診断されたその瞬間から、患者は「がんサバイバー」になる
がんと診断された日を患者もその家族も忘れることはない-「がんサバイバー」とはがんを克服した人だけを指すのではない。がんと診断された時から人はサバイバーとなり、一生サバイバーであり続ける。診断・治療時、再発監視時、完治後の各々に異なるニーズとケアを理解し、可能な限り高い質で生きていけるようサバイバーを支援するにはどうすればよいか。医療者が知っておくべき医療・心理・社会的支援の知識を解説。
目 次
序章

第1部 総論
1.がんサバイバーの課題
2.がんサバイバーシップの現在
 要旨/序論/成功の代償/なぜがんサバイバーシップという概念が重要なのか/
 がんサバイバーから得られる教訓/結論

第2部 心理的問題
3.がんの症状がもたらす負担:気分障害・痛み・倦怠感・睡眠障害の管理
 要旨/序論/がんサバイバーは普通の生活を取り戻し続ける/
 疾患特有の症状はサバイバーシップに積み残されることがある/気分障害/
 倦怠感と睡眠障害/痛み/まとめと推奨されるいくつかのこと
4.がんサバイバーにおける心的外傷後ストレス
 要旨/序論/ウェルネス・コミュニティについて/慢性疾患としてのがん/
 ウェルネス・コミュニティによる苦悩の研究:理論的モデルのためのケース/
 社会認知処理モデル
5.がん経験に利点を発見する:心的外傷後の成長
 要旨/序論/トラウマ的経験としてのがん/
 ベネフィット・ファインディングの現象/べネフィット・ファインディングの測定/
 ベネフィット・ファインディング:現実の変化なのか? 動機づけされた幻想なのか?/
 どのようなサバイバーが最も恩恵を見つけやすいか/
 ベネフィット・ファインディングとメンタル・ヘルスの関係/
 サバイバーのベネフィット・ファインディングを促進する介入/
 まとめと医療者への提言
6.がん後のセクシュアリティと性的愛情表現
 要旨/がん関連の性的問題の有病率と類型/診断と治療の選択肢/
 性的機能障害について支援を求める男女は少ない/
 がん関連の性的機能障害についての援助希求行動(男性)/男性のための介入/
 がん関連の性的機能障害についての援助希求行動(女性)/女性のための介入/結論
7.がんを経た後の男性セクシュアリティと妊孕性
 要旨/序論/妊孕性温存/セクシュアリティへのがん治療による影響/
 精子の冷凍保存の問題/精巣がんサバイバーにおけるボディ・イメージと性機能/
 勃起機能障害/患者のセクシュアリティと性的愛情表現に関するコミュニケーション/
 コミュニケーション成功のために推奨されること/
 プライマリ・ケアにおける自己アセスメント/まとめ
8.がんサバイバーにおける妊孕性と親になること
 要旨/序論/がん関連不妊の有病率/男性におけるがん関連不妊の関連要因/
 女性におけるがん関連不妊/男女のための実践ガイドラインの必要性/
 がん後に養子をとることについてのカウンセリング
9.前立腺がん患者の治療選択とQOL
 要旨/序論/治療手段/治療手段とQOLの問題/
 初期前立腺がんと診断された患者のための治療方針決定のプロセス/
 治療方針決定と後悔/結論
10.がんサバイバーのための遺伝カウンセリングと遺伝子検査
 要旨/序論/家系図の抽出/がんサバイバーへのリスク・アセスメント/
 がん遺伝子カウンセリング/有益な遺伝検査/がん発症の生涯リスク/
 経過観察とリスク軽減の方策/保険における差別的待遇/
 がんサバイバーの心理的・社会的問題/結論
11.サバイバーシップにおける子育ての課題
 要旨/序論/よくある懸念と疑問/医療者への実践的アドバイス/結論
12.家族と介護者:力強い味方であること-社会・コミュニティの視点
 要旨/序論/介護のストレスは大きい/筆者らの研究の知見/
 介護者のバーンアウト/オンラインでの介護者サポート/結論

第3部 疫学的問題
13.身体活動と乳がんの予防・予後
 要旨/序論/生物学的機序と中間エンドポイント/
 がん診断後に身体活動を増やすための戦略/まとめ
14.がんサバイバーの食事と予防医学
 要旨/序論/食事と活動のガイドライン/サプリメント/結論
15.「二次がん」の疫学
 要旨/序論/成人のがんサバイバーにおける代表的な「二次がん」/結論
16.放射線治療に関連する悪性腫瘍
 要旨/序論/ホジキン病の治療法の変遷/現代におけるホジキン病の治療/
 ホジキン病の放射線療法後の乳がんリスク/放射線治療の適応への影響/実践的考察
17.化学療法に関連する悪性腫瘍:白血病,非ホジキンリンパ腫と固形腫瘍
 要旨/序論/ホジキン病/精巣がん/乳がん/得られた教訓/実践的考察
18.小児がんを経た成人サバイバーにおける健康上の問題
 要旨/慢性的な健康上の問題/治療と健康ニーズに関するサバイバーの知識/
 医療の利用/健康保険と雇用/ケア・モデル/結論

第4部 医学的問題
19.がん治療による心臓への長期的影響
 要旨/序論/化学療法/放射線治療/心保護/結論
20.がんサバイバーにおける肺障害
 要旨/序論/化学療法と放射線治療の短期的な毒性/晩期・長期的肺障害/
 放射線治療/長期にわたり考慮する点/結論
21.がんサバイバーにおける消化管障害と肝障害
 要旨/序論/消化管の正常機能と役割/放射線性食道炎/胃/小腸/
 放射線性大腸炎/肝臓/移植片対宿主病/二次性鉄過剰/肝中心静脈閉塞症
22.がん治療における神経障害
 要旨/手術/放射線治療/化学療法
23.がんサバイバーにおける腎障害
 要旨/腎障害の確認と診断/がん患者における腎障害の原因/腎障害の臨床的コース
24.がんによる眼症状
 要旨/序論/がんの眼転移/白血病とリンパ腫/がんの全身症状からくる眼症状/
 日和見感染症/化学療法における眼症状/放射線治療による眼症状/
 骨髄移植による眼症状/腫瘍随伴性眼障害/全身悪性腫瘍による様々な眼症状/
 まとめ
25.がん治療による聴覚障害
 要旨/生活の質の問題/放射線治療の後遺症/化学療法の後遺症/治療
26.がん治療による内分泌障害
 要旨/副腎/性腺機能/下垂体/甲状腺/骨粗鬆症/まとめ
27.がんサバイバーにおける骨・筋・皮膚の問題
 要旨/序論/化学療法後リウマチ/
 薬物および放射線誘発性の筋骨格系障害と結合組織疾患/骨障害/
 リウマチと悪性腫瘍/結論
28.認知機能障害-「ケモブレイン」
 要旨/序論/背景/病態生理学/現在進行中の,そして未来の研究/
 認知リハビリテーションと治療
29.がんサバイバーにおける妊孕性保護
 要旨/序論/確立された治療法/実験的な治療戦略/まとめ
30.手術後リンパ浮腫:評価と治療
 要旨/リンパ器系とがん治療/二次性リンパ浮腫の定義と種類/
 二次性リンパ浮腫の評価と鑑別診断/二次性リンパ浮腫の治療/
 二次性リンパ浮腫の予防/二次性リンパ浮腫に関する研究の動向
31.結論

訳者あとがき
索引
関連書
  • 商品写真
    実践 がんサバイバーシップ
    患者の人生を共に考えるがん医療をめざして
    監修:日野原 重明 編集:山内 英子/松岡 順治
    定価 3,780円 (本体3,500円+税8%)
    ISBN978-4-260-01939-2
  • 商品写真
    がん疼痛緩和の薬がわかる本
    (第3版)
    著:余宮 きのみ
    定価 2,484円 (本体2,300円+税8%)
    ISBN978-4-260-03895-9
  • 商品写真
    甲状腺細胞診アトラス
    報告様式運用の実際
    編集:坂本 穆彦
    定価 10,800円 (本体10,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-03909-3