医学書院

商品写真

アウトブレイクの危機管理

新型インフルエンザ・感染症・食中毒の事例から学ぶ
(第2版)

著:阿彦 忠之/稲垣 智一/尾崎 米厚/中瀬 克己/前田 秀雄
  • 判型 B5
  • 頁 216
  • 発行 2012年10月
  • 定価 3,520円 (本体3,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01659-9
感染症アウトブレイク対策にかかわる公衆衛生関係者の必読書
感染症・食中毒の集団発生(アウトブレイク)に対する公衆衛生の対策・対応方法を示した書籍の改訂第2版。2009年の新型インフルエンザ感染拡大時における都市部と地方都市の対応事例や報道発表事例などから、公衆衛生担当者がどのような対策をとるべきかを提示する。今後発生する恐れがある鳥インフルエンザなど、さまざまな感染症アウトブレイク対策への準備にかかわる公衆衛生関係者にとって必読の書。
目 次
この本の特徴と使い方

第1章 実践編
 【事例1】新型インフルエンザ対策
  自治体と医師会の協働による地域システムの構築(東京都江東区)
 【事例2】新型インフルエンザ対策 一般的な自治体(A県の例)
 【事例3】新興感染症発生時における報道発表
 【事例4】O157の大規模アウトブレイクと医療体制
 【事例5】広域流通汚染食品によるO157のdiffuse outbreak
 【事例6】水系感染によるクリプトスポリジウム症集団発生
 【事例7】透析施設での劇症肝炎集団発生
 【事例8】院内感染による中耳結核多発事例
 【事例9】介護職員を巻き込んだ疥癬の集団発生
 【事例10】精神科病院におけるインフルエンザ集団感染
 【事例11】予防接種健康被害
 【事例12】保育所における赤痢集団発生が3か月にわたり遷延した事例

第2章 演習編
 [紙上シミュレーション演習(1)]原因不明の皮膚炎の流行調査事例
 [紙上シミュレーション演習(2)]障害者施設における下痢症集団発生事例

第3章 標準対応編
 0.アウトブレイクの危機管理
 1.診断の点検
 2.アウトブレイクかどうかの確認
 3.既存情報から基礎知識を得る
 4.症例定義を文書化する
 5.調査準備
 6.発生場所や環境の調査
 7.患者の調査
 8.積極的患者調査
 9.時 時・場所・人の特徴による流行状況の確認(1)
 10.場所 時・場所・人の特徴による流行状況の確認(2)
 11.人 時・場所・人の特徴による流行状況の確認(3)
 12.情報を集約して仮説をたてる
 13.アウトブレイクをコントロールする
 14.仮説の検証(分析疫学)
 15.分析疫学的検討結果の解釈
 16.提言を行う
 17.対策の評価,発生状況の確認

第4章 平常時からの危機管理
 施設における危機管理 地域ケアの現場で日常の感染症対策の質を高めよう
   1.感染症予防は介護の質を左右する
   2.感染症の危機管理は平常時の取り組みから
 サーベイランスと平常時対策
  【平常時の感染症・食中毒対策】
   1.サーベイランス
   2.感染症・食中毒集団発生マニュアルとシミュレーション
   3.非常時に備えた準備
   4.事前対応型危機管理
  【感染症・食中毒集団発生時の対応】
   1.組織対応,体制づくり
   2.情報管理,情報公開,マスメディア対策

●付録
 1.主要感染症の潜伏期間
 2.「感染症法」に基づく感染症調査の概要
 3.人獣共通感染症(人畜共通感染症・動物由来感染症)

おわりに
索引
関連書
  • 商品写真
    感染症疫学ハンドブック
    監修:谷口 清州 編集:吉田 眞紀子/堀 成美
    定価 3,740円 (本体3,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-02073-2
  • 商品写真
    感染症外来の帰還
    著:岩田 健太郎/豊浦 麻記子
    定価 5,170円 (本体4,700円+税10%)
    ISBN978-4-260-01009-2
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫
    成人看護学[11]
    アレルギー 膠原病 感染症
    (第15版)
    執筆:岩田 健太郎/川口 鎮司/山口 正雄/岩渕 千太郎/大路 剛/岡 秀昭/上山 伸也/滝口 智子/角田 こずえ/土井 朝子/古谷 直子/古屋 洋子/細川 直登/馬原 美保子/南川 雅子/山本 舜悟/山本 未央
    定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-03858-4