医学書院

商品写真

在宅ケアの不思議な力




著:秋山 正子
  • 判型 B6
  • 頁 192
  • 発行 2010年02月
  • 定価 1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01047-4
もっと在宅ケアを! 誰もが希望をもって生きられる1冊
「在宅ケアって何だろう?」と思う方には、在宅ケアの真髄を。「在宅ケアに取り組むことになった」方には、今日から動ける確かな指針として。そして「これまで在宅ケアを積み重ねてきた」方は、在宅ケアをもっと広めたくなることでしょう。「最期のかけがえのない時間を、これなら納得して過ごせそう」と、読んだ誰もが希望をもって生きられるようになる1冊です。

●本書を推薦します!
《これは、人がその人らしく生き抜くのを支える新たなケアのあり方を構築してきた熱い実践の手記だ》-柳田邦男氏(ノンフィクション作家)
三〇代に経験した姉のがん死。秋山さんのモチベーションは鮮烈だ。看護教師から在宅ホスピス看護師へ。さらにメディカルタウン構想や日本版マギーズセンター構想へ。発想の柔軟さとフットワークの強靭さで、活動の輪を広げていくエネルギーは凄い。医療人が看護の新境地と自らの人生を切り拓いた記録として感銘深く読んだ。
目 次
 プロローグ

第一章 家庭で看取るがん患者-在宅ケアにかかわるきっかけ

第二章 訪問のなかで考えること-いのちに寄り添うケアを
 音楽や言葉のもつ力
 人生最後のすごい仕事!-認知症も穏やかな経過に
 救急車を呼ぶということは、どういうことなのか?
 もうちょっとそばにいてくれないかしら?-一人暮らしを貫いて
 いのちの自然な終わり-最期の時間の過ごし方
 動かさないと動けなくなる-廃用症候を防ぐ
 「聞き書き」との出合い、そして明治の母の看取り

第三章 あなたの思いを聞かせてください-喪の作業とグリーフケア
 看取りにまつわる個人的な体験から
 グリーフケア-個人的な経験を話すことが、人を動かす
 悲しみに、仕事としてかかわる
 語ること、表現することの大きな力
 最期の大事な「時」を迎える準備
 「看取りの語り部」になって安心の地域と人生の再生

第四章 まちをつくる-健やかに暮らし、安心して逝くために
 病気は家庭で治す-ライフケアシステムのめざしたこと
 足元の現実と地域のネットワーク-問題解決へのコミュニケーション
 「まち」をつくる
 誰もが自分の力を取り戻せる相談窓口-イギリスのマギーズセンターを参考に

 エピローグ/初出一覧/著者プロフィール
関連書
  • 商品写真
    在宅ケアのはぐくむ力
    著:秋山 正子
    定価 1,540円 (本体1,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-01710-7
  • 商品写真
    在宅ケアのつながる力
    著:秋山 正子
    定価 1,540円 (本体1,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-01340-6
  • 商品写真
    つながる・ささえる・つくりだす
    在宅現場の地域包括ケア
    著:秋山 正子
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02821-9