医学書院

商品写真

地域医療は再生する

病院総合医の可能性とその教育・研修


編著:松村 理司
  • 判型 A5
  • 頁 304
  • 発行 2010年06月
  • 定価 3,080円 (本体2,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01054-2
力量のある病院総合医が地域医療を救う!
多くの勤務医が専門医である日本の病院は、常に「非互換性の無駄」が付きまとう。また国民に対して「断らない救急医療」を質高く恒常的に展開することも難しい。しかしながら間口が広いだけでは、一人前の総合医ではない。当然、奥行きが必要なのである。地域医療崩壊の危機を前に、期待されるべき病院総合医の可能性と彼らの育成について、大リーガー医でも知られる音羽病院ほかの実践を詳述。
目 次
I 市立舞鶴市民病院辞職のてんまつ
  1 個人史を語るわけ
  2 うわさの真相
  3 抽出できる普遍的意味
II 病院崩壊の時代
  1 新医師臨床研修制度の影響
  2 その他の理由
  3 歴史的俯瞰
  4 吉本隆明氏と岡本祐三先生の表現より
  5 医師臨床研修制度の見直し
III 病院崩壊の打開策
  1 医学部定員の増員
  2 メディカルスクール構想
  3 医師事務作業補助体制の充実
  4 チーム医療下でのスキルミックスの推進
  5 ナース・プラクティショナーやNurse anesthetistなどの育成
  6 「総合医としての開業医」の拡充
  7 女性医師対策
  8 「医療安全調査委員会」の設置
  9 無過失補償制度
  10 偏向のないメディア報道
  11 低医療費政策・医療費抑制政策の抜本的改革
  12 国民・市民(消費者)の理解・納得-低負担・低福祉から中負担・中福祉へ
  13 院長の出番
  14 医師側の反省
IV 病院総合医(ホスピタリスト)の立場から
  1 総合医の定義─家庭医から病院総合医まで
  2 “大リーガー医”とは
  3 日本版ホスピタリストとは
  4 総合医と専門医の握手
  5 日本の中小病院の勤務医
  6 専門医の非互換性・目線の高さ
V 「1つ上の段階の総合医」を目指して
  1 診断推論・臨床推論の訓練
  2 治療のEBM
  3 チーム医療下での屋根瓦方式教育指導体制の構築
  4 「総合する専門医」
  5 専門医認定制度の構築
  6 画像診断や手技の訓練
VI 洛和会音羽病院の医局と総合診療科
  1 沿革と現状
  2 総合医局
  3 総合診療科の陣容と教育内容
  4 総合診療科とDPC
  5 総合診療科の出前(“雑務”)
  6 総合診療科の玉手箱より-狂犬病騒動
  7 “大リーガー医”招聘
  8 総合診療科のアクションプラン
  9 洛和会京都医学教育センターからの発信
VII いくつかの地域病院における総合診療
 A 洛和会丸太町病院
  1 はじめに
  2 洛和会丸太町病院の特徴
  3 洛和会音羽病院の特徴
  4 丸太町病院に総合内科医が常駐するようになった背景
  5 総合内科医の質を向上させるために
  6 地域貢献を願う心
 B 江別市立病院
  1 はじめに
  2 研修の特徴
  3 研修の詳細
  4 病棟研修の内容
  5 週間スケジュール
  6 おわりに
 C 諏訪中央病院
  1 はじめに
  2 諏訪中央病院の現状
  3 諏訪中央病院,内科/総合診療部
  4 なぜ内科/総合診療部が成立するか
  5 総合診療は卒後1~5年目の世代が支える?
VIII 臨床研究をめぐって
 A 総合診療と臨床研究
  1 臨床研究について-歴史とこれから
  2 音羽病院での臨床研究-現状・問題点
  3 総合診療と臨床研究の今後
  4 臨床研究や疫学を学ぶ
  5 推薦図書
IX 教育研究をめぐって
 A ジェネラリストが担う教育研究
  1 はじめに
  2 臨床実習のあり方
  3 医療安全教育
  4 ケースメソッド授業の導入
  5 指導医講習会の開発
  6 医師向けの臨床研究スキル教育(狭義の医学教育研究も含む)
  7 まとめ
 B ジェネラリストのアカデミックキャリア
  1 はじめに
  2 市立舞鶴市民病院内科における卒後初期臨床研修
  3 市立舞鶴市民病院内科の卒業生の共通した行動
  4 医学教育に関する疑問-社会政策と社会科学の間で
  5 医学教育学という学問の存在
  6 医学教育学研究
  7 医学教育学という専門をもつ総合医
  8 おわりに
X 展望
  1 中小病院と総合診療
  2 高齢社会と総合診療
  3 専門医認定制度と総合診療
  4 マッチングと総合診療
  5 医療安全と総合診療

あとがき
索引
関連書
  • 商品写真
    医療管理
    病院のあり方を原点からひもとく
    著:池上 直己
    定価 3,520円 (本体3,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-03611-5
  • 商品写真
    病院早わかり読本
    (第5版増補版)
    編著:飯田 修平
    定価 2,530円 (本体2,300円+税10%)
    ISBN978-4-260-03051-9
  • 商品写真
    「患者中心」で成功する病院大改造
    医療の質を向上させる15章
    原書編集:Susan B. Frampton /Patrick A. Charmel  訳:平原 憲道/和田 ちひろ
    定価 4,180円 (本体3,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-01242-3