医学書院

商品写真

新 ことばの科学入門


(第2版)

訳:廣瀬 肇
  • 判型 B5
  • 頁 328
  • 発行 2008年10月
  • 定価 6,820円 (本体6,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00715-3
ことばの生成や知覚、音響的特徴をひも解く
ことばを話し、ことばを聞き取ることは人間に固有の機能である。本書は、ことばの音としての性質、生成、知覚のメカニズムを理解するために必要な広汎な知識を、統合的にかつわかりやすく解説した音声科学の入門書。言語聴覚士はもとより、音声言語医学に興味のある医師をはじめ、看護学、教育学、心理学、音声学、言語学などを学ぶ学生、初学者にも最適な入門書。
目 次
 日本語版第2版への序文
 日本語版への序文
 原書第5版 著者序文
 著者の謝辞

第I部 イントロダクション
 第1章 ことば,言語,思考
  1.ことば
  2.言語
  3.思考
  4.言語とことばの発達
  5.思考からことばへ
 第2章 ことばの科学の先駆者達
  1.Helmholtz:ことばの音響的性質
  2.Sweet:記述音声学
  3.Bell:難聴者教育
  4.Stetson:音声生理学
  5.Dudley:ことばの合成
  6.Cooper,Liberman,Delattre:言語音の認識とパタンプレイバック
  7.最近の情勢

第II部 音響学
 第3章 ことばの音響学
  1.純音:単振動
  2.複合音
  3.周波数とピッチ
  4.デシベル:相対的な音の強さ
  5.音の強さとラウドネス
  6.空間を伝わる音の速度
  7.波長
  8.共鳴
  9.ことばと音響学

第III部 ことばの生成
 第4章 生理学的基盤―神経支配,呼吸
  1.神経生理学
  2.呼吸
 第5章 生理学的基盤―発声
  発声
 第6章 母音の構音とその音響学
  1.声道:共鳴腔および音源としての働き
  2.声道内の各部位について
  3.母音生成の音響理論
  4.音源とフィルタ
  5.二重母音の生成
 第7章 子音の構音と音響学,韻律
  1.構音と共鳴:子音
  2.音源の種類:子音
  3.子音の生成
  4.前後の音がことばの生成に及ぼす影響について
  5.超分節的素性
 第8章 フィードバック機構とことばの生成モデル
  1.ことばのフィードバック機構
  2.ことばの生成のモデル
  3.文の生成

第IV部 ことばの知覚
 第9章 聴覚:ことばの知覚の入り口
  1.ことばの聞き手
  2.聴覚
 第10章 ことばの音響的特徴
  1.ことばの知覚
  2.ことばの知覚に関与する音響的特徴
 第11章 ことばの知覚機構とモデル
  1.カテゴリー知覚
  2.ことばの知覚の神経生理学
  3.ことばの知覚に関する学説

第V部 ことばの科学の研究機器
 第12章 ことばの音響分析と音声知覚の研究機器
  1.観察記録と実験的研究
  2.研究機器としてのコンピュータ
  3.ことばの知覚
  4.ことばの生成の音響分析
 第13章 音声科学と音声生理学の研究機器
  1.生理学的計測
  2.筋活動
  3.呼吸運動の解析
  4.喉頭機能
  5.構音運動の解析
  6.神経系の機能の測定

補章:耳で聞く資料集

 付録A アメリカ英語の音声字母(国際音声字母による)
 付録B ことばと聴覚に関連して重要な脳神経
 付録C ことばに関連して重要な脊髄神経
 用語解説
 第2版 訳者あとがき
 第1版 訳者あとがき
 訳者略歴
 索引
関連書
  • 商品写真
    認知リハビリテーション実践ガイド
    原著:M. M. Sohlberg /L. S. Turkstra  監訳:村松 太郎
    定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-02145-6
  • 商品写真
    ≪標準言語聴覚障害学≫
    言語発達障害学
    (第2版)
    シリーズ監修:藤田 郁代 編集:玉井 ふみ/深浦 順一
    定価 5,500円 (本体5,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02079-4
  • 商品写真
    ≪標準言語聴覚障害学≫
    失語症学
    (第2版)
    シリーズ監修:藤田 郁代 編集:藤田 郁代/立石 雅子
    定価 5,500円 (本体5,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02095-4