医学書院

商品写真

そこが知りたい C型肝炎のベスト治療

インターフェロンを中心に

(在庫なし)
編集:銭谷 幹男/八橋 弘/柴田 実
  • 判型 B5
  • 頁 212
  • 発行 2009年01月
  • 定価 3,780円 (本体3,500円+税8%)
  • ISBN978-4-260-00738-2
近年大きく進歩してきたC型肝炎の治療の実際をわかりやすく解説
C型肝炎はいまや国民病ともいわれ、キャリアは150万人とも200万人ともいわれる中、2008年4月から国の医療費の公的な助成制度が新たに始まった。本書では、PEG-IFN、リバビリン併用療法などをはじめ、近年大きく進歩してきたC型肝炎の治療の実際について、その道のエキスパートが臨床経験の中からぜひ参考にして欲しいといった症例を集め、わかりやすく解説。日常診療で生じた問題の解決に必ずや役立つ1冊。
目 次
序章 患者説明に役立つ図譜
 1 腹腔鏡
 2 肝生検
 3 診断の流れ
 4 治療の概要
I章 C型肝炎の診療に当たって
 1 自然経過
 2 ALT正常者への対応
 3 経過中ALTによる病態評価
 4 HCVゲノタイプとセロタイプ
 5 HCV-RNAの評価
 6 HCVコア抗原
 7 治療前検査
 8 画像診断
 9 肝生検の評価
 10 インフォームド・コンセントの注意
 11 高齢者・合併症症例のインフォームド・コンセント
 12 よりよい病診連携
 13 C型肝炎治療ガイドライン
II章 知っておきたいIFN・リバビリンの知識
 1 IFNの種類とその作用─薬物相互作用を含めて
 2 リバビリン
 3 標準治療と治療中のモニタリング
 4 効果判定─効果判定基準と効果予測因子
 5 IFN投与の実際
 6 リバビリン投与の実際
 7 報告のある重篤な副作用とその対策
 8 投与期間中の問診のコツ─有害事象発見のために
 9 治療中のQOL
 10 治療中の生活指導
 11 飲酒の影響
III章 症例で学ぶC型肝炎のIFN治療
 1 肥満者
 2 やせた患者
 3 高齢者
 4 小児
 5 合併症のある症例
 6 肝硬変症
 7 肝細胞癌治療後
IV章 治療中に出現した合併症への対応
 1 血球減少への対応
 2 皮膚病変への対応
 3 うつが発現した場合の対応
 4 間質性肺炎への対応
V章 治療後の対応とその他のIFN治療
 1 治療終了後のフォローアップ
 2 IFN再治療
 3 スミフェロン®による治療
 4 ペガシス®単独投与による治療
 5 アドバフェロン®による治療
 6 IFN-βによる治療─低ウイルス量症例
 7 二重濾過血漿交換療法(DFPP)を併用したIFN治療
VI章 IFN以外のその他の治療
 1 UDCA(ウルソ®)
 2 SNMC(強力ネオミノファーゲンシー®)
 3 瀉血治療
VII章 IFNの社会医学
 1 東京都の医療費助成
 2 肝炎情報センター
 3 C型肝炎の医療経済
VIII章 今後の治療展望
 1 今後の治療展望

付録
【市販製剤】
【症例ノート】

索引
関連書
  • 商品写真
    C型肝炎診療ガイドライン
    編集:厚生労働科学特別研究事業「C型肝炎の診療ガイドライン策定について」に関する研究班 
    定価 1,620円 (本体1,500円+税8%)
    ISBN978-4-260-00422-0
  • 商品写真
    画像所見のよみ方と鑑別診断
    胆・膵 (第2版)
    編著:花田 敬士/植木 敏晴/潟沼 朗生/糸井 隆夫
    定価 12,960円 (本体12,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-03238-4
  • 商品写真
    肝の画像診断
    画像の成り立ちと病理・病態 (第2版)
    編著:松井 修/角谷 眞澄/小坂 一斗/小林 聡/上田 和彦/蒲田 敏文
    定価 9,720円 (本体9,000円+税8%)
    ISBN978-4-260-03204-9