医学書院

商品写真

「人は死ぬ」それでも医師にできること

へき地医療,EBM,医学教育を通して考える


著:名郷 直樹
  • 判型 A5
  • 頁 260
  • 発行 2008年05月
  • 定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00577-7
患者はどうして死んだのか?――異色の著者による珠玉のエッセイ集
病院中心の医療は患者に多くの福音をもたらしたが、一方、人々から「自然な死」を遠ざけた。本書は12年間、へき地医療を実践し、その間、本邦のEBMの第一人者となった異色の著者による珠玉のエッセイ集。研修医教育に転じた最初の1年を日記の形で振り返り、さらに、EBMや医師・患者関係に鋭い考察を加えた。医療者のみならず一般の方にもぜひ読んでほしい1冊。
目 次
推薦の序
はじめに

なぜ医師になるのか、なったのか―はじめに問いたい
医学部入学以前、入学試験での大事件―山上さんのこと
医学生としての日々―病棟嫌いの学生時代
初期研修医としての日々―切れ切れの記憶

忘れられない患者たち1―ひとりぼっちで死にたいね

0 新しい年と新しい仕事―教育専任の医師になる
1 さらばU村、よろしくZ市―へき地診療所から都市の病院へ
2 センター長の仕事って?―めざすは教育を専門にする臨床医
3 机と椅子で十分だ!その1―何にもないには、すべてがある。すべてがあるには、何もない
4 机と椅子で十分だ!その2―「患者に合わせる」、そう簡単に口にする言葉じゃない

私のEBMはここから始まった1―SackettのClinical Epidemiology

5 気楽なようでシビアな生活―ホームレスに習う?
6 ひとつのお願い―患者に研修医として何ができるか
7 眼にて云う―救っているのが患者で、救われているのが医師だったりする
8 盤面が大海原に見える―診察室が大宇宙に見える

私のEBMはここから始まった2―SHEP研究との出合い

9 知らざるを知らずとす―わからなくなるまで勉強する
10 何もしない―あえて「しない」をする
11 寝坊する研修医―「患者の立場」とは何か?
12 いい医療といい研修―自分勝手度と自分勝手自覚度を認識する

私のEBMはここから始まった3―高血圧との長い戦い1:古い降圧薬と新しい降圧薬

13 雑用か役割か?―雑用と役割は似ている
14 うれしいような、悲しいような―何かを持続するための唯一の道
15 スレスレ―自分の夢と他人の夢の境目
16 振り返り―明日のためにこそ

私のEBMはここから始まった4―高血圧との長い戦い2:日本発の大規模臨床試験

17 いい加減な気持ち―どうでもいいと思えたからこそ、選択の余地があった
18 興味のないことに興味を持つ―自分の興味と患者の興味
19 センター長の仕事って?再び―他人は思うようにはならない
20 マイナスの人間成長―21世紀にふさわしい言葉

私のEBMはここから始まった5―コレステロールとの長い戦い1
忘れられない患者たち2―「まんだ生きとるか。しぶといやつだな」

21 私はうそつきですといううそつきはうそつきか?―自分について語ることは難しい
22 何もなかった頃から考える―医療の進歩は人類滅亡の第一歩?
23 ただ研修する―理想の研修とは
24 自然なこと―自然は隠されたとたんに不自然となる

私のEBMはここから始まった6―コレステロールとの長い戦い2

25 流れに求める1―時を止めて見失うもの
26 流れに求める2―研修医には問題を解決する能力がある
27 流れに求める3 患者はどうして死んだのか?―「もの」としての死と「こと」としての死
28 流れを止めて―人より病気を診ることの重要性
 私のEBMはここから始まった7―コレステロールとの長い戦い3
29 医師の病気―自分の病気をまず治せ
30 優雅で感傷的な日本医療―知らないからこそわかること

忘れられない患者たち3―「おれはいいよ」:治療を拒否した肺がん患者

31 副腎に求めよ―次の時代の王道は今の時代の邪道から生まれる
32 越境する専門医―守備範囲を規定しない
33 教えないことで教える

私のEBMはここから始まった8―糖尿病との長い戦い1

34 餓死するロバ―なぜ利き手があるのか
35 患者様―「様」と呼ぶことの暴力
36 大衆文学と純文学―めざせ純文学医療!

私のEBMはここから始まった9―糖尿病との長い戦い2

37 東京都の電話帳に興味を持つ―一行の背後にある「こと」としての患者
38 コトバは時間を生み出す形式である―コトバは患者を記述できるか
39 自分の外に自分を探せ―自分は自分以外のものからできている

忘れられない患者たち4―50ccバイクの二人乗りは禁止です

万物は流転する―地域医療研修センターのめざす地域医療
地域医療指向型初期研修12の軸―新しい医学モデルに基づく教育
研修医を励ますのか励まさないのか、微妙な言葉集

終わりに
関連書
  • 商品写真
    医師アタマ
    医師と患者はなぜすれ違うのか?
    編集:尾藤 誠司
    定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
    ISBN978-4-260-00404-6
  • 商品写真
    ≪ジェネラリストBOOKS≫
    子どものけいれん&頭痛診療
    著:二木 良夫
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-04278-9
  • 商品写真
    病状説明
    ケースで学ぶハートとスキル
    著:天野 雅之
    定価 3,960円 (本体3,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-04170-6