医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

あなたの知らない「家族」

遺された者の口からこぼれ落ちる13の物語


著:柳原 清子
  • 判型 A5
  • 頁 204
  • 発行 2001年03月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-33118-0
「科学性」「専門性」「主体性」といったことばだけでは語りきれない地点から<ケア>の世界を探る。
それはケアだろうか。幼子を亡くした親、夫を亡くした妻、母親を亡くした少女たちは、佇む看護婦の前で、やがて「その人」のことを語り始める。人はなぜ語るだけで新たな力を得ることができるのだろう。ためらいがちな口と、傾けられた耳によって紡ぎだされた物語は、語る人を語り、聴く人を語り、誰も知らない家族を語る。
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

目 次
I 幼い子をなくして
 しゃぼん玉/ドライブ/ひまわり/野球少年/卒業 
II 成人した子をなくして
 約束/遠き山々/同行二人 
III 配偶者をなくして
 城跡にて/「みー」と「たっちゃん」 
IV 親をなくして
 うす紅色のカーネーション/日なたとインクのにおい 
V 旧家
 父と母(健一の語り)/息子と嫁(ハル子の語り)/百か日(イトの語り)
関連書
  • 商品写真
    ≪看護ワンテーマBOOK≫
    説明できるエンゼルケア
    40の声かけ・説明例
    著:小林 光恵
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-01436-6
  • 商品写真
    悲嘆とグリーフケア
    著:広瀬 寛子
    定価 2,640円 (本体2,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-01216-4
  • 商品写真
    こどもセルフケア看護理論
    編集:片田 範子
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03929-1