医学書院

商品写真

腹膜透析スタンダードテキスト




著:中本 雅彦/山下 明泰/高橋 三男
  • 判型 B5
  • 頁 224
  • 発行 2012年10月
  • 定価 7,150円 (本体6,500円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01668-1
腹膜透析を正しく理解し、実践するために
1980年にわが国に導入されたCAPD療法は、多くの困難を克服し慢性腎不全治療の大きな柱となっている。本書は、その黎明期からこの治療法に関わり、情熱をもって研究と実践に日々邁進してきた著者らによって、その使命感からまとめられた集大成。正しい実践のための理論的背景やエビデンスにも触れられ、腹膜透析にかかわる若手医師、看護師にとって必携の1冊。
目 次
第1章 腹膜透析の歴史と進歩
 1 CAPDの考案まで
 2 CAPDの考案
 3 腹膜透析の技術的進歩
 4 本邦における腹膜透析の歩み
 5 世界における腹膜透析の現況
 6 本邦における腹膜透析の現況と将来展望
第2章 腹膜透析の概要
 1 腹膜透析とは
 2 腹膜透析の利点と欠点
 3 腹膜透析と血液透析との比較
 4 腹膜透析の種類
第3章 正常腹膜の形態と機能
 1 腹膜の解剖
 2 リンパ系
 3 腹膜の正常な機能
 4 病的状況における腹膜の形態と機能
第4章 腹膜透析の原理
 1 腹膜での物質輸送
 2 腹膜透析の原理(拡散・浸透・コンベクション)
 3 three poreモデル
 4 溶質除去
 5 水分除去
 6 クリアランス
第5章 腹膜透析システム
 1 腹膜透析液
 2 透析液交換システム
 3 接続システム
 4 自動腹膜灌流装置(APDサイクラ)
 5 腹膜透析関連用品
 6 製品配送システム
 7 廃棄物処理
第6章 腹膜透析のカテーテル
 1 理想的な腹膜カテーテル
 2 ペリトネアルアクセスの歴史
 3 カテーテルの構成部位
 4 テンコフカテーテルからスワンネックカテーテル開発の前までの
   カテーテル(前期のカテーテル)
 5 スワンネックカテーテルから現在までのカテーテル(後期のカテーテル)
 6 近未来の理想的な腹膜透析カテーテル
第7章 腹膜透析処方の実際
 1 処方設定の主要因:体格,残存腎機能,腹膜透過性
 2 腹膜透析療法の種類:CAPD,APD
 3 腹膜機能検査:PET(方法・結果・適正処方)
 4 処方設定因子:注液量,貯留時間,交換回数,ブドウ糖濃度
 5 腹膜透析導入期の処方管理
 6 腹膜の解剖と機能不全
 7 GDP
第8章 腹膜透析での至適透析
 1 至適透析の重要性
 2 透析不足と体液管理不良
 3 除水不良の原因と対策
 4 至適透析の評価:体液管理と透析量
 5 キネティックモデル
 6 透析量と生命予後
 7 目標臨床検査値
 8 透析量の増加法
 9 評価検査項目と頻度
 10 処方シミュレーションソフト
第9章 血液透析との併用療法
 1 併用療法とは
 2 腹膜透析+血液透析併用療法の医学的メリット
 3 併用パターンとキネティックモデル
 4 併用療法の適応と開始時期
 5 併用療法の課題と将来展望
第10章 院内体制
 1 チーム医療
 2 スタッフ構成
 3 院内設備
第11章 患者教育の実際
 1 保存期における腎代替療法の情報提供
 2 患者教育の実際:腹膜透析導入前から外来指導まで
 3 腹膜透析導入治療計画
 4 退院時の腹膜透析バッグの配送のための連絡
 5 日常生活指導
 6 患者の家族への指導
第12章 腹膜透析の適応と禁忌
 1 慢性腎不全透析導入基準
 2 腹膜透析導入のための腹膜透析ガイドライン
 3 腹膜透析の選択理由
 4 腹膜透析の積極的適応・消極的適応
 5 腹膜透析の適応禁忌
 2009年版腹膜透析ガイドライン(日本透析医学会)
第13章 糖尿病患者の腹膜透析
 1 糖尿病性腎不全患者の腎代替療法の現況
 2 糖尿病性腎不全患者の特徴
 3 糖尿病性腎不全患者における腹膜透析の長所と短所
 4 血糖管理
 5 糖尿病患者の腹膜炎の頻度
 6 糖尿病患者の腹膜の性状
 7 糖尿病の腹膜透析患者の生存率
第14章 高齢者の腹膜透析
 1 高齢者透析の現状
 2 高齢腎不全患者の特徴
 3 高齢者腹膜透析の長所と短所
 4 高齢者の北九州方式
 5 高齢腹膜透析患者の予後
第15章 小児の腹膜透析
 1 小児腹膜透析の現況
 2 わが国と海外の小児腹膜透析のガイドラインのエッセンス
 3 小児の透析導入
 4 小児腹膜透析の実際
 5 小児の心血管系合併症予防
 6 小児の至適透析量と栄養
 7 小児の成長障害
 8 小児の腎性骨異栄養症
第16章 腹膜透析患者の食事と栄養
 1 栄養評価
 2 栄養管理
 3 食塩摂取量
 4 カリウム摂取量
第17章 腹膜透析の合併症
 1 腹膜炎
 2 カテーテル関連合併症
第18章 被嚢性腹膜硬化症
 1 被嚢性腹膜硬化症(encapsulating peritoneal sclerosis ; EPS)
第19章 腹膜透析患者の心血管系合併症
 1 腹膜透析により心疾患が生じる
 2 心疾患のある患者の腹膜透析
第20章 ペリトネアルアクセス
 1 手術器具
 2 PDカテーテルの留置
 3 術後の処置と検査

索引
関連書
  • 商品写真
    エキスパートが教える 心・血管エコー計測のノウハウ
    編集:種村 正
    定価 6,050円 (本体5,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-04202-4
  • 商品写真
    内科医に役立つ!
    誰も教えてくれなかった尿検査のアドバンス活用術
    著:上田 剛士
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03954-3
  • 商品写真
    臨床検査データブック [コンパクト版]
    (第10版)
    監修:高久 史麿 編集:黒川 清/春日 雅人/北村 聖
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03953-6