医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

気持ちのいい看護




著:宮子 あずさ
  • 判型 A5
  • 頁 220
  • 発行 2000年09月
  • 定価 2,310円 (本体2,100円+税10%)
  • ISBN978-4-260-33088-6
宮子あずさの夜勤明けの「アケのケア論」
患者さんが気持ちいいと、看護婦も気持ちいい…か?「これまであえて避けてきた部分に踏み込んで、看護について言語化したい」という著者の意欲作。<看護を語る>ブームへの違和感を語り、看護婦はなぜ尊大に見えるのかを考察し、専門性志向の底の浅さを喝破する。「自分のためにも<看護することの意味>を探りたかった」―今度の宮子はちょっと違うぞ。夜勤明けの頭で考えた「アケのケア論」だー!
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

目 次
ちょっと長いまえがき
I ケアの語りにくさを語る意味
 1 『ライフサポート』への違和感から
 2 働くほどわからなくなる看護の価値
 3 看護を語らせない圧力
 4 趣味としてのケア、義務としてのケア
 5 私流「ケア論」の読み方
 6 「ケアする自分」にとっての書くこと
II ケアを仕事とすることの困難
 1 看護/それは自責との闘い
 2 なぜ話を聞くのがつらいか
 3 ケアされながらケアする
 4 デフォルメ化された専門性
 5 専門職と制服
 6 専門教育はコンパクトに
III ケアするものの発達過程
 1 五年前の宿題
 2 同情と共感は紙一重
 3 亀の甲より年の功
 4 それは鼻毛から始まった
 5 瞬間芸と熟練の技
IV 「世の中」の中のケア
 1 「障害者」という言葉のトラウマを越えて
 2 たまたまの不運としての障害と病気
 3 普通の人がケアする時代
 4 コンビニ・ケイタイ時代のケア
 5 医療ミスはなくせるか
ちょっと長いあとがき
関連書
  • 商品写真
    看護理論家の業績と理論評価
    (第2版)
    編集:筒井 真優美
    定価 7,040円 (本体6,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-03961-1
  • 商品写真
    こどもセルフケア看護理論
    編集:片田 範子
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03929-1
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 別巻≫
    看護倫理
    (第2版)
    著:宮坂 道夫/石原 逸子/吉田 みつ子/川上 由香/二宮 啓子/村瀬 智子/高田 昌代/友竹 千恵/成瀬 和子
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03445-6