医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

ケア学

越境するケアへ


著:広井 良典
  • 判型 A5
  • 頁 280
  • 発行 2000年09月
  • 定価 2,530円 (本体2,300円+税10%)
  • ISBN978-4-260-33087-9
<ケア>の多様性を一望する
どの学問分野の小さな窓から見ても、その姿はいつもフレームをはみ出している……医学・看護学・社会福祉学・哲学・宗教学・経済・制度等々のタテワリ性をとことん排し、積極的に“越境”することなしにケアの豊かさをとらえられないと考える著者の刺激に満ちた論考。時代は、境界線引きからクロスオーバーへ!
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

目 次
はじめに
I ケア学の必要性
 1 ケアすることの意味
 2 ケアのモデル/越境するケア
II サイエンスとしての医療とケアとしての医療
   医療モデルの意義と限界
 1 複雑系・EBM・標準化
 2 病いのエコロジー
III 老人・子ども・ケア
   生活モデルの新たな展開
 1 人間の三世代モデル
 2 老人の時間と子どもの時間
 3 コミュニティそして自然
IV 超高齢化時代の死生観とターミナルケア
   スピリチュアリティの次元
 1 これからのターミナルケアへの視点
 2 超高齢化時代におけるターミナルケア
 3 ターミナルケアと死生観
 4 深層の時間とターミナルケア
V ケアにおける医療と福祉
 1 医療・福祉職種の役割分担
 2 医療保険と介護保険の関係
VI ケアと経済社会
 1 看護の経済的評価
 2 ケアの市場化と社会保障
参考文献●「ケア」について考えるためのブックガイド
関連書
  • 商品写真
    こどもセルフケア看護理論
    編集:片田 範子
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03929-1
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 別巻≫
    看護倫理
    (第2版)
    著:宮坂 道夫/石原 逸子/吉田 みつ子/川上 由香/二宮 啓子/村瀬 智子/高田 昌代/友竹 千恵/成瀬 和子
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03445-6
  • 商品写真
    ロイ適応看護理論の理解と実践
    (第2版)
    編集:小田 正枝
    定価 2,860円 (本体2,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-02469-3