医学書院

商品写真

ヴァージニア・ヘンダーソン選集

看護に優れるとは


編:エドワード J. ハロラン 
訳:小玉 香津子
  • 判型 B5
  • 頁 392
  • 発行 2007年07月
  • 定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00289-9
ヴァージニア・ヘンダーソンにとって「看護とは」を浮き彫りにする
ヴァージニア・ヘンダーソンの名前は、ICNの看護の定義とともに広く知られている。本書はヘンダーソンが残した膨大な著作から、珠玉の「看護に優れる」や、大部のテキスト『看護の原理と実際』の主要部分、雑誌発表論文、講演記録などを『選集』にまとめた。多彩な文章が、ヘンダーソンにとっての「看護とは」を浮き彫りにする。
目 次
序詞
ヴァージニア・ヘンダーソン学序説

第I部 患者ケア
 第1章 看護に優れる
 第2章 ハイテクノロジー時代にあって,看護とは
 第3章 ヘルスアセスメントの術と学
 第4章 観察の重要性
 第5章 診断,意思決定,および自律ということについて
 第6章 ケア計画
 第7章 科学技術の時代に看護の真髄を守り続ける
 第8章 死にゆく人のケア
第II部 看護教育
 第9章 一般看護のための教育
 第10章 看護基礎教育のカリキュラムについて
 第11章 専門分化看護のための教育:大学院課程
 第12章 ザ・ナーシング・プロセス-この呼び名はこれでよいだろうか?
 第13章 看護の本質
第III部 看護研究
 第14章 看護実践研究-いつになったら?
 第15章 看護研究展望
 第16章 われわれは“長い道程をやって来た”,しかしその方向は?
 第17章 方法選択の根拠:看護実践向上の一手段としての研究
 第18章 看護における研究の役割について
第IV部 社会的活動としての看護
 第19章 ヘルスケアの一部である看護
 第20章 ヘルスサービスの常在構成要素である看護
 第21章 保健医療プログラム促進におけるナースの役割
 第22章 ヘルスケア“産業”についての見解少々

備考と文献
訳者あとがき
索引
関連書
  • 商品写真
    こどもセルフケア看護理論
    編集:片田 範子
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03929-1
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 別巻≫
    看護倫理
    (第2版)
    著:宮坂 道夫/石原 逸子/吉田 みつ子/川上 由香/二宮 啓子/村瀬 智子/高田 昌代/友竹 千恵/成瀬 和子
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03445-6
  • 商品写真
    ロイ適応看護理論の理解と実践
    (第2版)
    編集:小田 正枝
    定価 2,860円 (本体2,600円+税10%)
    ISBN978-4-260-02469-3