医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

ニーズ中心の福祉社会へ

当事者主権の次世代福祉戦略


編:上野 千鶴子/中西 正司
  • 判型 A5
  • 頁 296
  • 発行 2008年10月
  • 定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00643-9
「当事者主権」を実現するためのデザイン! ビジョン!! アクション!!!
「こうあってほしい」という構想力をもったとき、人はニーズを知り、当事者になる。この《当事者ニーズ》こそが次世代福祉のキーワードだと考える研究者とアクティビストたちが、安心して「おひとりさまの老後」を迎えられる社会を目指して、具体的シナリオを提示する。時代は次の一歩へ。
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

目 次
はじめに

理念
第1章 当事者とは誰か?―ニーズ中心の福祉社会のために(上野 千鶴子)

ニーズとサービス
第2章 ケアサービスのシステムと当事者主権(笹谷 春美)
第3章 高齢者のニーズ生成のプロセス
 ―介護保険サービス利用者の語りから(齋藤 曉子)
第4章 ニーズはなぜ潜在化するのか
 ―高齢者虐待問題と増大する「息子」加害者(春日 キスヨ)

事業
第5章 福祉多元社会における協セクターの役割(上野 千鶴子)
第6章 福祉事業における非営利・協同セクターの実践
 ―生活クラブ生協千葉の事例から(池田 徹)

制度
第7章 三つの福祉政府体系と当事者主権(大沢 真理)
第8章 これからの社会保障政策と障害福祉
 ―高齢者ケアとの統合を含む社会サービスの可能性を視野に(広井 良典)

アクション
第9章 楽観してよいはずだ(立岩 真也)
第10章 当事者主権の福祉戦略―ユーザーユニオンの結成へ(中西 正司)

索引
あとがき
関連書
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    発達障害当事者研究
    ゆっくりていねいにつながりたい
    著:綾屋 紗月/熊谷 晋一郎
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00725-2
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    こんなとき私はどうしてきたか
    著:中井 久夫
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00457-2
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    ケアってなんだろう
    編著:小澤 勲
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-00266-0