医学書院

商品写真

医療事故初期対応




編集:前田 正一
  • 判型 B5
  • 頁 232
  • 発行 2008年11月
  • 定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-00740-5
医療事故が発生した際に行わねばならない一連の初期対応を解説
医療事故が発生した場合、それが真に解決されるか、紛争・訴訟に発展するかは、事故後の一連の初期対応が適切に行われたか否かにより決まる。本書では医療事故初期対応のすべてを総論と具体例から解説。医療機関側・患者側双方にとって真に望ましい解決をみるために、リスクマネジメントにかかわるすべての医療従事者必見の書。
目 次
I 総論編
1章 医療事故に関する用語の定義,医療事故・訴訟の現状
 1 用語の定義
 2 わが国の医療事故および医療関係訴訟(民事)の状況
 3 まとめ
2章 医療事故発生時の初期対応
 1 応急処置,連絡,現場の保存および記録
 2 院内検証―過失・因果関係の検証を中心に
 3 死因究明―医療関連死における剖検とその意義
 4 異状死(・医療事故)の警察署への届出
  ―医師法21条の解釈と届出に際して必要な作業
 5 医療事故被害者(患者・家族)の求め―紛争・訴訟化の要因
 6 患者への説明・謝罪―英米の動向
 7 患者への説明・謝罪―実践
 8 損害賠償の対象と賠償金の算定方式―その理論と方法
 9 医療事故の諸機関への報告とその実際
3章 事故調査
 1 事故調査委員会および事故調査報告書―その必要性の判断と実際
 2 エラー分析
4章 個人情報保護とカルテ開示
 1 個人情報ガイドライン
 2 診療記録の開示請求
 3 まとめ

II 実践編
 医療事故初期対応の基本枠組み
 事例1 造影剤キットの重複使用
 事例2 注射穿刺時に発生した痺れ
 事例3 硬膜外麻酔で実施した手術後の呼吸停止
 事例4 内視鏡検査による穿孔
 事例5 胃全摘手術後に発覚したガーゼ遺残
 事例6 未滅菌の手術材料の使用
 事例7 抗がん剤の過量投与
 事例8 がん告知後の自殺
 事例9 入浴中の死亡
 事例10 複数の患者からのMRSA菌検出

◎コラム 医療事故の法律責任の概要
◎コラム 医療事故の公表(パブリック・アナウンスメント)/医療事故と説明責任
◎資料1 事故報告範囲の考え方
◎資料2 事故報告範囲の具体例

索引
関連書
  • 商品写真
    医療管理
    病院のあり方を原点からひもとく
    著:池上 直己
    定価 3,456円 (本体3,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-03611-5
  • 商品写真
    病院早わかり読本
    (第5版増補版)
    編著:飯田 修平
    定価 2,484円 (本体2,300円+税8%)
    ISBN978-4-260-03051-9
  • 商品写真
    「患者中心」で成功する病院大改造
    医療の質を向上させる15章
    原書編集:Susan B. Frampton /Patrick A. Charmel  訳:平原 憲道/和田 ちひろ
    定価 4,104円 (本体3,800円+税8%)
    ISBN978-4-260-01242-3