医学書院

商品写真

脳動脈瘤とくも膜下出血




編集:山浦 晶
執筆:山浦 晶/小林 英一/宮田 昭宏/早川 睦
  • 判型 B5
  • 頁 320
  • 発行 2013年04月
  • 定価 8,800円 (本体8,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01647-6
脳動脈瘤破裂による「くも膜下出血」のすべてを解説
働き盛りを襲う病態、突然死の代表として医学的・社会的関心が高いくも膜下出血。本書はくも膜下出血の知見から脳動脈瘤に関連したものにしぼり、診断・治療の歴史的考察から最新エビデンスまで、これまでの研究を広範にレビュー。今や切り離すことのできない医療訴訟・法的側面についても、その争点および裁判所がいかに判断したかを明示。明日からの診断・診療に深みを与える1冊!
目 次
主な分類・スケール
 1 Hunt & Hess分類
 2 Hunt & Kosnik分類
 3 グラスゴー・コーマ・スケール(Glasgow Coma Scale;GCS)
 4 World Federation of Neurological Surgeons(WFNS) Grading Scale
 5 Modified NIH Scale(NIHSS)(2001)
 6 Fisher grading
 7 Allen, et al. によるくも膜下出血量に関するグレーディング
 8 Grading of vasospasm
 9 グラスゴー・アウトカム・スケール(Glasgow Outcome Scale;GOS)
 10 日本版modefied Rankin Scale(mRS)判定基準
 11 Barthel Index

1章 疫学
 1 発生頻度
2章 自然歴
 1 破裂脳動脈瘤はいつ再出血するか
 2 自然歴における死亡率・後遺症と手術の効果
3章 病因とリスクファクター
4章 診断
 1 脳動脈瘤の破裂前診断
 2 警告小出血について
 3 グレーディングについて
  a.臨床症状のグレーディング
  b.くも膜下出血量に関するグレーディング
  c.脳血管攣縮の形態的分類とグレーディング
 4 脳血管撮影
  a.脳血管撮影中の再破裂
  b.破裂後の脳動脈瘤の大きさの変化
  c.ネガティブ脳血管撮影
 5 Computed tomography(CT)
  a.くも膜下血腫の局在的意義
  b.脳内血腫の局在的意義
  c.後頭蓋窩破裂脳動脈瘤のCT像
  d.CT所見と予後
 6 Magnetic resonance imaging(MRI)
 7 眼底出血
 8 髄液検査
 9 脳循環代謝・虚血変化
5章 術前管理
 1 くも膜下出血における生理学的反応
  a.心電図異常
  b.脱水
  c.低ナトリウム血症
  d.高ナトリウム血症
  e.低血圧
  f.白血球増多
  g.ストレス・インデックス
 2 抗線維素溶解薬は再出血予防に効果があるか
 3 術前の症候性脳血管攣縮にどう対処するか
 4 術前の水頭症
6章 手術のタイミング-早期手術か晩期手術か
 1 早期手術と晩期手術のそれぞれの利点
 2 早期手術
 3 全経過での死亡率,後遺症
 4 いつ手術すべきか
7章 手術と術中管理
 1 術中の低血圧,マンニトール投与など
 2 脳血管攣縮予防のための術中操作
  a.くも膜下血腫の除去は脳血管攣縮を予防するか
  b.薬剤の局所塗布
 3 クリッピング以外の脳動脈瘤処置について
  a.コーティング,包埋術
  b.親動脈の結紮
 4 術中モニタリング
 5 その他
8章 術後管理
 1 脳血管攣縮
  a.キーとなる考え方
  b.病因
  c.病態,診断,検査
  d.治療
 2 てんかん発作
 3 水頭症
 4 術後高血糖
 5 術後脳腫脹に対する低体温療法
9章 各部位における脳動脈瘤の特殊性
 1 内頸動脈瘤
  a.錐体骨部の内頸動脈瘤
  b.海綿静脈洞部の内頸動脈瘤
  c.内頸動脈-眼動脈分岐部動脈瘤,眼動脈瘤
  d.腹側傍前床突起部動脈瘤
  e.内頸動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤,後交通動脈瘤
  f.内頸動脈-前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤
 2 前交通動脈瘤,前大脳動脈瘤
 3 中大脳動脈瘤
 4 椎骨脳底動脈
 5 後大脳動脈瘤
10章 特殊な脳動脈瘤
 1 巨大脳動脈瘤
 2 解離性脳動脈瘤
 3 紡錘状脳動脈瘤
 4 動脈硬化性脳動脈瘤
 5 外傷性脳動脈瘤
 6 細菌性脳動脈瘤
 7 腫瘍性脳動脈瘤
 8 もやもや病に合併した脳動脈瘤
 9 脳梗塞に合併した脳動脈瘤
 10 母斑症に合併した脳動脈瘤
 11 線維筋性形成異常症と脳動脈瘤
 12 脳腫瘍に合併した脳動脈瘤
 13 大動脈炎症候群に合併した脳動脈瘤
 14 小児の脳動脈瘤
 15 高齢者の破裂脳動脈瘤
 16 その他
11章 未破裂脳動脈瘤
 1 発生頻度
 2 破裂する確率
 3 破裂の危険因子
 4 手術適応
 5 手術成績
 6 費用対効果(無症候性未破裂脳動脈瘤の治療)
12章 再手術
 1 不完全な動脈瘤クリッピング
 2 クリッピング後の部分的残存について
 3 クリップの締挾力
 4 動脈瘤クリップによる血管損傷
 5 動脈瘤クリップの破損
 6 脳動脈瘤の新生
13章 追跡調査
 1 早期調査
 2 慢性期調査
14章 血管内治療総論
 1 ISAT以前の論文
  a.安全性
  b.有効性
  c.治療選択
 2 ISATとそれに対する反応
  a.ISATの論文の概要
  b.ISATの反響と批判
 3 ISAT(2002)以降
  a.ISAT続報(2005)
  b.その他の治療成績
 4 わが国の血管内治療の現状
  a.RESAT-1~7
  b.RESAT-RB(再出血に関して)
15章 血管内治療各論
 1 長期成績,追跡方法,再開通と再出血
 2 脳神経麻痺に対する塞栓術の効果
 3 術中破裂
 4 血栓塞栓性合併症
16章 くも膜下出血と法医学
 1 異状死体の届け出義務
 2 警察医による検案
 3 解剖とCT
 4 司法解剖
 5 くも膜下出血が外因性か内因性か
17章 くも膜下出血(脳動脈瘤)にかかわる医療訴訟

資料-1 日本脳神経外科学会よりホームページ上に公表された
    ランセットISAT論文に関する新聞報道等に対する見解
資料-2 日本脳神経外科学会よりホームページ上に公表された
    ランセットISAT論文の紹介と解説
資料-3 日本脳神経血管内治療学会のホームページ上に掲載された解説と
    学会としての意見
資料-4 RESAT-1

和文索引
欧文・その他索引
関連書
  • 商品写真
    頭部外傷治療・管理のガイドライン
    (第4版)
    監修:一般社団法人  日本脳神経外科学会/一般社団法人 日本脳神経外傷学会 編集:頭部外傷治療・管理のガイドライン 作成委員会 編集協力:一般社団法人 日本外傷学会
    定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03960-4
  • 商品写真
    マクロ神経病理学アトラス
    著:新井 信隆
    定価 9,900円 (本体9,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02528-7
  • 商品写真
    内視鏡下鼻副鼻腔・頭蓋底手術 [手術動画・3DCT画像データDVD-ROM付]
    CT読影と基本手技 (第2版)
    編集:中川 隆之
    定価 16,500円 (本体15,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03839-3