医学書院

商品写真

精神神経症候群を読み解く

精神科学と神経学のアートとサイエンス


監訳:吉野 相英
訳:高橋 和久/竹下 昇吾/立澤 賢孝
  • 判型 B5
  • 頁 256
  • 発行 2020年06月
  • 定価 8,800円 (本体8,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04232-1
脳と心に携わる医師が知っておくべき精神神経症候群を解説した話題の書の全訳
精神科医であれば知っておきたい神経症候群、脳神経内科医であれば知っておきたい精神症候群が、症候学・発症機序だけでなく、歴史的背景、概念の変遷なども含めて詳しく解説されている、読み応えのある1冊。世界的に著名な神経学者Bogousslavsky編集の2分冊の原書を1冊にまとめた翻訳書。DSM-5には登場しない、伝統的な神経学と精神科学の間に位置する「まれな疾患」を、新たな視点で取り上げている。
目 次
訳者まえがき

はじめに

第1部 神経症候群
 第1章 右半球症候群
 第2章 幻影感覚,余剰幻肢,切断欲求
 第3章 片麻痺憎悪
 第4章 保続:Pali現象とEcho現象
 第5章 病的あくびと病的泣き笑い
 第6章 破局反応と情動調節障害
 第7章 脳損傷と嗜癖・強迫症状
 第8章 神経疾患にみられる性行動亢進
 第9章 Klüver-Bucy症候群
 第10章 Diogenes症候群
 第11章 Meige症候群とBrueghel症候群:表裏一体の症候群
 第12章 レム睡眠行動障害
 第13章 Charles Bonnet症候群と自己像幻視

第2部 精神症候群
 第1章 Ganser症候群
 第2章 Cotard症候群
 第3章 Capgras症候群と妄想性誤認症候群
 第4章 Clérambault症候群,Othello症候群,Folie à Deux
 第5章 擬娩症候群
 第6章 憑依とパラノーマル体験
 第7章 変換症,作為症,詐病
 第8章 Munchausen症候群と作為症スペクトラム
 第9章 カンプトコルミア
 第10章 グロソラリアと失語:似て非なる世界
 第11章 暴力
 第12章 過剰驚愕を呈する文化結合症候群
 第13章 ダンシング・マニア:社会現象としての心因性疾患
 第14章 不思議の国のアリス症候群

索引
関連書
  • 商品写真
    研修医のための精神科ハンドブック
    編集:日本精神神経学会 医師臨床研修制度に関する検討委員会
    定価 2,750円 (本体2,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-04229-1
  • 商品写真
    援助者必携
    はじめての精神科
    (第3版)
    著:春日 武彦
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-04235-2
  • 商品写真
    開かれた対話と未来
    今この瞬間に他者を思いやる
    著:ヤーコ・セイックラ /トム・アーンキル  監訳:斎藤 環
    定価 2,970円 (本体2,700円+税10%)
    ISBN978-4-260-03956-7