医学書院

商品写真

≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫

成人看護学[14]

耳鼻咽喉


(第14版)

執筆:小松 浩子/生井 明浩/松崎 洋海/矢ヶ崎 香/村田 千年/田口 雅子/泉谷 聡子/上野 まき子
  • 判型 B5
  • 頁 296
  • 発行 2020年01月
  • 定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03864-5
本書の特徴
聴覚・嗅覚・味覚・平衡覚などに影響を及ぼし、患者の日常生活に多大な変化をもたらす耳鼻咽喉疾患について、最近の医療の動向を解説し、患者がかかえる身体的問題、心理・社会的問題を理解しながら看護を学べるようにまとめています。
耳鼻咽喉それぞれの部位について、構造と機能を合体させて解説し、理解しやすい工夫をしました。
耳鼻咽喉領域におこる症状と病態生理、おもな検査・治療法、おもな疾患を解説し、その知識をもとに患者の看護が学習できるようになっています。第6章 A節には喉頭がん患者の事例を加え、急性期・回復期・慢性期といった経過別看護について学べるように刷新しました。さらに、他ページへの参照を多数掲載することで学習効果を高めています。
写真・図を多様して、より学生が看護や疾患についてイメージできるようにしました。
看護師国家試験の頻出事項である「摂食・嚥下障害患者の看護」を特論としてまとめてあり、さらに「嚥下訓練」や「食事の介助」などの動画を収載しています。
*「系統看護学講座/系看」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
序章 この本で学ぶこと (小松浩子)
 耳鼻咽喉疾患をもつ患者の姿
 本書の構成マップ

第1章 耳鼻咽喉の看護を学ぶにあたって (小松浩子)
 A 医療の動向と看護
  1 医療の動向
  2 看護
 B 患者の特徴と看護の役割
  1 身体的問題とその援助
  2 心理・社会的問題とその援助
  3 家族への援助

第2章 耳鼻咽喉・頸部の構造と機能 (生井明浩)
 A 耳の構造と機能
  1 耳の構造
  2 聴覚
  3 平衡覚
 B 鼻の構造と機能
  1 外鼻
  2 鼻腔
  3 副鼻腔
 C 口腔と唾液腺の構造と機能
 D 咽頭の構造と機能
  1 上咽頭(鼻咽頭〔腔〕)
  2 中咽頭
  3 下咽頭
 E 喉頭の構造と機能
  1 喉頭の構造
  2 喉頭の機能
 F 気管・食道・甲状腺(頸部)の構造と機能

第3章 症状とその病態生理 (生井明浩)
 A 耳にあらわれる症状と病態生理
  1 難聴
  2 耳鳴
  3 耳閉感(耳閉塞感)
  4 眩暈(めまい)
  5 耳漏
  6 耳痛
  7 顔面神経麻痺
 B 鼻にあらわれる症状と病態生理
  1 鼻閉
  2 くしゃみ
  3 嗅覚障害
  4 鼻声
  5 鼻漏
  6 鼻出血
  7 鼻痛
  8 神経症状
 C 口腔・唾液腺・咽頭にあらわれる症状と病態生理
  1 咽頭痛
  2 呼吸障害
  3 嚥下障害
  4 知覚異常
 D 喉頭にあらわれる症状と病態生理
  1 音声・言語障害
  2 呼吸障害
  3 咳(咳嗽)・喀痰
  4 嚥下障害

第4章 検査と治療 (生井明浩)
 A 診察と診断の流れ
  1 おもな器材・器具
  2 耳の診察
  3 鼻・上咽頭の診察
  4 口腔・中咽頭の診察
  5 下咽頭・喉頭の診察
  6 気管・食道・頸部・甲状腺の診察
 B おもな検査
  1 聴力検査
  2 平衡機能検査
  3 耳管通気検査
  4 顔面神経機能検査
  5 鼻・副鼻腔検査
  6 内視鏡検査
  7 嗅覚検査
  8 味覚検査
  9 画像検査
  10 喉頭ストロボスコピー
 C おもな治療
  1 耳の処置
  2 鼻の処置
  3 口腔・咽喉頭の処置
  4 気管・食道疾患・頸部疾患の処置
  5 手術療法

第5章 疾患の理解 (生井明浩・松𥔎洋海)
 A 耳疾患
  1 外耳疾患
  2 中耳疾患
  3 内耳・後迷路性疾患
 B 鼻疾患
  1 外鼻疾患
  2 鼻腔疾患
  3 副鼻腔疾患
 C 口腔・咽喉頭疾患
  1 口腔疾患
  2 咽頭疾患
  3 唾液腺疾患
  4 喉頭疾患
 D 気道・食道・頸部疾患と音声・言語障害
  1 気道・食道の疾患
  2 頸部疾患
  3 音声・言語障害

第6章 患者の看護 (矢ヶ崎香・小松浩子)
 A 疾患をもつ患者の経過と看護
  1 急性期の患者の看護
  2 回復期の患者の看護
  3 慢性期の患者の看護
  4 患者の経過と看護のまとめ
 B 症状に対する看護
  1 耳痛・耳漏
  2 耳鳴
  3 眩暈(めまい)
  4 鼻閉・鼻漏
  5 鼻出血
  6 咽頭痛
 C 検査を受ける患者の看護
  1 咽頭・喉頭の内視鏡検査時の看護
  2 聴力および平衡機能検査時の看護
 D 治療を受ける患者の看護
  1 音声ならびに嚥下の障害に対するリハビリテーションと看護
  2 がん集学的治療を受ける患者の看護
  3 内視鏡手術およびマイクロサージャリーを受ける患者の看護
 E 疾患をもつ患者の看護
  1 難聴のある患者の看護
  2 慢性中耳炎患者の看護
  3 メニエール病患者の看護
  4 慢性副鼻腔炎患者の看護
  5 上顎洞がん(上顎がん)患者の看護
  6 下咽頭がん患者の看護
  7 喉頭がん患者の看護

第7章 事例による看護過程の展開 (小松浩子・矢ヶ崎香)
 A 下咽頭がん患者の看護
  1 患者についての情報
  2 看護過程の展開──[状況1]入院~手術前
  3 看護過程の展開──[状況2]術後の嚥下訓練
 B メニエール病患者の看護
  1 患者についての情報
  2 看護過程の展開

特論 摂食・嚥下障害患者の看護 (村田千年・田口雅子・泉谷聡子・上野まき子)
 A 嚥下の解剖学
  1 嚥下運動
  2 嚥下に関与する筋肉・神経
 B 嚥下障害の原因となる疾患・手術
  1 疾患
  2 手術
  3 末期がんと嚥下障害
  4 その他の要因(廃用性萎縮,サブスタンスPの減少)
 C 嚥下障害のアセスメント
  1 嚥下に関連する全身状態の評価
  2 嚥下機能評価方法
 D 嚥下障害患者の看護
  1 リハビリテーション
  2 食事介助
  3 栄養評価

耳鼻咽喉領域でよく用いられる略語
耳鼻咽喉領域における緊急性のある疾患とその対応
動画一覧
索引

本書で取り上げる動画一覧(本文ページ【巻末動画一覧ページ】)
 A 嚥下運動
 B 改訂水飲みテスト
 C 頸部聴診法
 D のどのアイスマッサージ
  1 全体
  2 正面から
 E 食事介助(よい例)
  1 基本的な食事介助
  2 自力で食器が持てる場合
  3 スプーンの抜き方
 F 食事介助(わるい例)
  1 スプーンの抜き方
  2 逆手
関連書
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫
    成人看護学[13]

    (第14版)
    執筆:大鹿 哲郎/平井 明美
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-03859-1
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫
    成人看護学[15]
    歯・口腔
    (第14版)
    執筆:渋谷 絹子/依田 哲也/田上 順次/若林 則幸/倉林 亨/森山 啓司/宮新 美智世/原田 浩之/紺野 肖子/月川 和香奈
    定価 2,090円 (本体1,900円+税10%)
    ISBN978-4-260-03871-3
  • 商品写真
    ≪新看護学 12≫
    成人看護[4]
    眼 耳鼻咽喉 歯・口腔 [特論]放射線診療と看護 (第14版)
    執筆:秋元 哲夫/阿部 佳子/荒木 むつみ/生井 明浩/倉田 薫/小林 達伺/紺野 肖子/渋谷 絹子/鈴木 三千代/月川 和香奈/鳥谷部 千里/平井 明美/深山 治久/藤井 博史/溝田 淳
    定価 2,530円 (本体2,300円+税10%)
    ISBN978-4-260-03178-3