医学書院

商品写真

≪系統看護学講座 専門分野Ⅰ≫

基礎看護学[1]

看護学概論


(第17版)

執筆:茂野 香おる/吉岡 京子/林 千冬/益 加代子/玉田 雅美/岩本 里織/柳澤 理子/大野 かおり
  • 判型 B5
  • 頁 384
  • 発行 2020年01月
  • 定価 2,640円 (本体2,400円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03862-1
本書の特徴
これからはじめて看護を学ぶ学生に向けて、看護とはなにか、看護師とはどのような職業なのかをわかりやすく解説しています。
看護基礎教育の概論として、必要と考えられる教育内容を網羅しています。看護学や看護専門職としての基盤づくり、看護師国家試験対策を意識した内容になっています。
初学者にもイメージしやすいよう、随所に物語風の事例を挿入しています。理論の理解だけでなく、看護場面の想像力や読解力の向上にも役だちます。
『基礎看護学[2]基礎看護技術I』および『基礎看護学[3]基礎看護技術II』と一貫性のある内容とすることによって、基礎看護学全体に対する学生の理解が深まる構成としています。
多職種連携やチーム医療、継続看護や地域包括ケア(第1章、第6章)、ヘルスプロモーション(第3章)、看護倫理(第5章)、医療安全(第6章)など、「現在の看護」の重要なテーマにも十分に対応しています。
アーリーエクスポージャー(早期体験教育)への対応として、第1章 C節「臨床における看護実践の流れ(仮)」を設けています。医療の現場、および看護の仕事の流れの一部が学生にイメージできる内容になっており、病院見学実習などの事前学習に効果的です。
看護の活動・役割の広がりに対応するため、第7章では「国際看護」と「災害看護」のエッセンスをまとめています。
*「系統看護学講座/系看」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
序章 看護を学ぶにあたって (茂野香おる)
 A 看護師とはなにをする職業なのだろうか
  1 看護学生Aさんの臨地実習での経験
  2 看護学生Aさんが行ったケアの意味
 B 看護師の本来的役割と看護独自の機能
 C ナイチンゲールの実践にみる看護師の知識と判断力
 D 看護を学ぶにあたって

第1章 看護とは (茂野香おる)
 A 看護の本質
  1 看護の変遷
  2 看護の定義
  3 現代の動向と今後の展望
 B 看護の役割と機能
  1 看護ケアについて
  2 看護実践とその質保証に必要な要件
  3 看護の役割・機能の拡大
 C 看護の継続性と連携
  1 看護における情報伝達と共有
  2 多職種チームの連携と継続的かかわり
  3 在宅療養を支える連携と継続的なかかわり

第2章 看護の対象の理解 (茂野香おる)
 A 人間の「こころ」と「からだ」を知ることの意味
  1 対象理解の基盤となる人体の構造と機能・病態生理
  2 看護の使命と結びつくホメオスタシス
  3 「こころ」と「からだ」にかかるストレスの影響
  4 患者心理の理解─病気による「こころ」の変化をとらえる
  5 対象者の「こころ」の理解に役だつさまざまな理論
 B 生涯発達しつづける存在としての人間の理解
  1 身体的発育
  2 心理・社会的側面における発達
 C 人間の「暮らし」の理解
  1 生活者としての人間
  2 看護の対象としての家族・集団・地域

第3章 国民の健康状態と生活 (吉岡京子)
 A 健康のとらえ方
  1 健康とはなにか
  2 健康でない状態とはどのようなものか
  3 障害とはなにか
  4 健康と生活
 B 国民の健康状態
  1 国民の健康の全体像
  2 子どもの成長と健康
  3 高齢者と介護
 C 国民のライフサイクル
  1 平均寿命と出生
  2 結婚と出産
  3 家族

第4章 看護の提供者 (林 千冬・益加代子)
 A 職業としての看護
  1 職業としての看護のはじまり(明治期から第二次世界大戦終結までの看護)
  2 職業としての看護の確立(終戦時から昭和中期の看護)
  3 職業としての看護の充実(昭和後期から平成初期の看護)
  4 職業としての看護の発展(現在の看護)
  5 職業としての看護の新たな展開(これからの看護)
 B 看護職の資格・養成制度・就業状況
  1 看護職の資格
  2 看護職の養成制度
  3 看護職者の就業状況
 C 看護職者の継続教育とキャリア開発
  1 看護における継続教育
  2 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者
  3 看護職のキャリア開発
 D 看護職の養成制度の課題
  1 看護職養成の場としくみに関する課題
  2 看護基礎教育の内容・方法をめぐる検討
  3 「特定行為に係る看護師の研修制度」の開始

第5章 看護における倫理 (林 千冬・玉田雅美)
 A 現代社会と倫理
  1 倫理について
  2 職業倫理としての看護倫理
 B 医療をめぐる倫理の歴史的経緯と看護倫理
  1 患者の権利とインフォームドコンセント
  2 患者の意思決定支援と守秘義務
  3 現代医療におけるさまざまな倫理的問題
  4 医療専門職の倫理規定
 C 看護実践における倫理問題への取り組み
  1 看護の本質としての看護倫理
  2 医療をめぐる倫理原則とケアの倫理
  3 看護実践場面での倫理的ジレンマ
  4 倫理的課題に取り組むためのしくみ

第6章 看護の提供のしくみ (林 千冬・岩本里織)
 A サービスとしての看護
  1 「看護とはなにか」の3つの視点
  2 3つの視点の相互関連
 B 看護サービス提供の場
  1 看護サービスの担い手とチーム医療
  2 看護サービス提供の場
 C 看護をめぐる制度と政策
  1 看護制度─看護サービスと看護職者にかかわる法制度
  2 看護政策─法をつくり,実行するしくみとその過程
  3 看護サービスと経済のしくみ─診療報酬と人員配置
  4 看護の人員配置基準と看護サービスの評価
 D 看護サービスの管理
  1 看護サービスの管理とはどのようなことか
  2 看護管理システム
  3 組織
  4 リーダーシップとフォロワーシップ
  5 人的資源の管理
 E 医療安全と医療の質保証
  1 医療事故の増加
  2 医療事故の要因と医療の質の向上
  3 ヒューマンエラーと医療事故
  4 看護業務の特性と医療事故
  5 医療事故防止対策としてのインシデントレポートの活用
  6 医療安全における医療者と患者の協働の必要性

第7章 広がる看護の活動領域 (柳澤理子・大野かおり)
 A 国際化と看護
  1 国際看護学とはなにか
  2 健康と保健医療の世界的課題
  3 国際協力のしくみ
  4 国際看護活動の展開
  5 日本に在留する外国人の看護
  6 異文化理解
 B 災害時における看護
  1 災害看護の概念と構造
  2 災害と健康
  3 災害サイクルにそった看護活動
  4 心理的回復の過程
  5 災害への備えとそのシステム

資料1 主要な看護理論家の看護概念
資料2 戦後における看護の変遷
資料3 保健・医療・福祉関係者養成制度
資料4 看護にかかわる定義および綱領

索引
関連書
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    「脳コワさん」支援ガイド
    著:鈴木 大介
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-04234-5
  • 商品写真
    看護師が「書く」こと
    著:宮子 あずさ
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-04153-9
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    誤作動する脳
    著:樋口 直美
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-04206-2