医学書院

商品写真

在宅医療カレッジ

地域共生社会を支える多職種の学び21講


編集:佐々木 淳
  • 判型 A5
  • 頁 264
  • 発行 2018年12月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03823-2
ケアする人を支えるのは学びの場だ
首都圏最大級の在宅医療ネットワーク 医療法人社団悠翔会が提供する、医療・介護の多職種のための学びのプラットフォーム「在宅医療カレッジ」。多方面で活躍するトップランナーが「教授」として登壇し、満員続きの人気講義を精選して再現![2015-2017年開催分] Facebook1万人を超えるメンバー、そして地域包括ケアを実現して患者・当事者と共に生きる社会ではたらき続けたい全国の専門職に贈ります。
“これでいこう”―佐々木先生と在宅医療(佐々木淳×山崎亮対談イベント)
目 次
はじめに 在宅医療カレッジとは

第I部 認知症ケアの学び
 1 認知症の人とともに生きる
 2 認知症プロアクティブアプローチケア
 3 なぜスウェーデンでは認知症が重症化しないのか
 4 “理由を探る”認知症ケア 関わりが180度変わる
 5 内側からみたレビー小体型認知症
 6 当事者の目線で考える認知症 早期発見・早期絶望という現実と

第II部 高齢者ケアの学び
 1 高齢者の薬物療法
  1 ポリファーマシー
  2 ポリファーマシーの是正
 2 車いすシーティングの可能性 シーティングで変わる車いす使用者の未来
 3 最期まで口から食べる 嚥下食の新しい視点と考え方
 4 超高齢社会における栄養ケアの役割
     サルコペニア・フレイルティ・認知症と戦うには
 5 リハビリテーション栄養
 6 口腔ケアと食支援 食べること 生きること 最期まで食べられる街づくり
 7 高齢者の肺炎と口腔機能を考える

第III部
 1 私の死生観 ホスピス医24年の経験を通して
 2 多死社会の処方箋 医療と介護のイノベーション
 3 破綻からの奇蹟 いま夕張市民から学ぶこと
 4 スピリチュアルケア・援助的コミュニケーション
 5 患者の視点で考えるがんの治療と療養支援
 6 退院支援のあり方を考える 病院と在宅の連携とは
 7 これからの地域と医療のカタチ 村上智彦・西村元一からのメッセージ
 8 私たちは在宅医療をどう学び、どう実践していくべきか
 
 学長より 当たり前のことを当たり前に
 おわりに 学び合いの場を広げるために

 付録 教授一覧
     在宅医療カレッジ開催一覧
関連書
  • 商品写真
    地域医療と暮らしのゆくえ
    超高齢社会をともに生きる
    著:高山 義浩
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-02819-6
  • 商品写真
    つながる・ささえる・つくりだす
    在宅現場の地域包括ケア
    著:秋山 正子
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-02821-9
  • 商品写真
    ナラティブホームの物語
    終末期医療をささえる地域包括ケアのしかけ
    著:佐藤 伸彦
    定価 1,980円 (本体1,800円+税10%)
    ISBN978-4-260-02098-5