医学書院

商品写真

≪シリーズ ケアをひらく≫

在宅無限大

訪問看護師がみた生と死


著:村上 靖彦
  • 判型 A5
  • 頁 264
  • 発行 2018年12月
  • 定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03827-0
「普通に死ぬ」を再発明する。
病院によって大きく変えられた「死」は、いま再びその姿を変えている。現在の在宅死は、かつてあった看取りの文化を復活させたものではない。先端医療が組み込まれた「家」という未曾有の環境のなかで、訪問看護師たちが地道に「再発明」したものである。著者は並外れた知的肺活量で、訪問看護師の語りを生け捕りにし、看護が本来持っているポテンシャルを言語化する。「看護がここにある」と確かに思える1冊。
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

『シリーズ ケアをひらく』 が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。
・ 同賞の詳細情報は こちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

●新聞で紹介されました。
《本書には、そうした訪問看護の魅力が十分に描かれている。そして訪問看護経験者なら「なるほど」と自身の訪問看護実践を振り返り、「そうだよね」と腑に落ちた気分になれると確信している。超高齢多死社会の到来によってもたらされた新たな看取りのプロデュースには、医療と介護の両面から人々の生活を支え、多くの死に向き合ってきた訪問看護師の存在が不可欠であることが再認識された。》――古瀬みどり(山形大学大学院医学系研究科)
(『図書新聞』2019年4月27日号より)

《訪問看護師らが語る死は驚きに満ちている。ある看護師は「悲しみではありません」「しんみりっていうのもない」と断言する。死を軽く考えているからではない。在宅死を選んだ家族たちの「ちゃんと家で看取れてよかったー」といった達成感に満ちた言葉を受け取ってきた経験を経た言葉だ。》――寺尾紗穂(音楽家・エッセイスト)
(『朝日新聞』2019年2月16日 書評欄・BOOK.asahi.comより)

《時には、看護師であることの一線を越えて、患者と同じ目線で問題に向き合う。……患者の自発的な動きを「待つ」。最後の勇気を「待つ」。「時間を与える、それも看護」だという。》――川口有美子『逝かない身体』著者)
(共同通信社配信、『沖縄タイムス』2019年2月23日 書評欄、ほか)

《本書の著者は哲学者。6人の訪問看護師の語りを聞き取り、分析を加えるが、一般論を導き出したりはしない。看護師たちの取り組み次第で在宅死のあり方は無限に広がるからだ。》
(『日本経済新聞』2019年2月23日 書評欄より)
目 次
はじめに 私たちは死を再発見しつつある

I 快と自分
 第1章 言うことを聞かない患者――Aさん❶
 第2章 「普通」で「自然」な看取り――Bさん
 第3章 楽しい看取り――Cさん

II 願いと家族
 第4章 願いを引き継ぐ看取り――Dさん❶
 第5章 願いと力――Eさん

III 運命について
 第6章 予後告知と死の覚悟――Aさん❷
 第7章 若くして死ぬ人と向き合う――Dさん❷
 第8章 人生をやりきった子ども――Fさん

結論にかえて 死の再定義
補章 私は看護師から何を学んだのか


文献
初出一覧

あとがき
関連書
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    摘便とお花見
    看護の語りの現象学
    著:村上 靖彦
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-01861-6
  • 商品写真
    ≪シリーズ ケアをひらく≫
    あなたの知らない「家族」
    遺された者の口からこぼれ落ちる13の物語
    著:柳原 清子
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-33118-0
  • 商品写真
    在宅医療カレッジ
    地域共生社会を支える多職種の学び21講
    編集:佐々木 淳
    定価 2,200円 (本体2,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03823-2