医学書院

商品写真

≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫

成人看護学[5]

消化器


(第15版)

著:南川 雅子/永田 博司/宮島 伸宜/齋藤 英胤/金田 智/古畑 智久/塩見 英佑/渡邊 千登世/中村 威/海老沼 浩利/宮澤 光男/三ッ井 圭子/角田 こずえ/棟久 恭子
  • 判型 B5
  • 頁 496
  • 発行 2019年01月
  • 定価 2,916円 (本体2,700円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03562-0
本書の特徴
序章では食道静脈瘤患者を取りあげ、これから学ぶべき内容の指針を示すように構成してあります。
第1章では、外来受療者の最も多い消化器疾患患者に対する多面的な援助の方法を、患者の身体的、心理・社会的問題から明らかにしました。
第2章では、「消化器の構造と機能」を図を用いて視覚的に理解できるようにしました。また、第3章では、「症状のおこるメカニズム」をチャート図などを用いてわかりやすく示し、第4章以降の理解につながるよう努めました。
第4章・第5章では、検査・治療・処置、疾患の理解について、最新の知見に基づき記載しました。
第6章では、さまざまな看護の方法を看護過程にそって展開しています。
第7章の事例では、「胃がんで手術を受ける患者の看護」と「肝硬変患者の看護」を掲載しました。
特論として「ストーマケア」を設けました。
*「系統看護学講座/系看」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
序章 この本で学ぶこと(南川雅子)
 消化器疾患をもつ患者の姿
 本書の構成マップ

第1章 消化器の看護を学ぶにあたって(南川雅子)
 A 医療の動向と看護
  1 患者の動向と看護
  2 治療の動向と看護
 B 患者の特徴と看護の役割
  1 予防・早期発見を促進する
  2 治療後の回復を促進する
  3 治療の継続を支援する
  4 セルフマネジメントを促進する
  5 在宅療養へのシームレスな移行を促進する

第2章 消化器の構造と機能(永田博司・宮島伸宜・齋藤英胤)
 A 食道の構造と機能
  1 食道の構造
  2 食道の機能
 B 胃・十二指腸の構造と機能
  1 胃・十二指腸の構造
  2 胃・十二指腸の機能
 C 小腸・大腸の構造と機能
  1 小腸の構造
  2 大腸の構造
  3 小腸・大腸の機能
 D 直腸・肛門の構造と機能
  1 直腸・肛門管の構造
  2 直腸・肛門の機能
 E 肝臓の構造と機能
  1 肝臓の構造
  2 肝臓の機能
  3 胆汁の組成とビリルビン代謝
 F 胆道系の構造と機能
  1 胆道の構造と機能
  2 胆嚢の構造と機能
 G 膵臓の構造と機能
  1 膵臓の構造
  2 膵臓の機能

第3章 症状とその病態生理(永田博司・齋藤英胤)
 A 嚥下困難
 B おくび・胸やけ
  1 おくび(噯気)
  2 胸やけ
 C 吐きけ・嘔吐
 D 腹痛
 E 吐血・下血
 F 下痢
 G 便秘
 H 腹部膨満
  1 腸内ガスによる腹部膨満
  2 腹水による腹部膨満
  3 腫瘤による腹部膨満
 I 食欲不振と体重減少
  1 食欲不振
  2 体重減少
 J 腹水
 K 黄疸
 L 意識障害(肝性脳症)

第4章 検査と治療(永田博司・齋藤英胤・金田 智・古畑智久・塩見英佑・渡邊千登世・中村 威・宮島伸宜)
 A 診察と診断の流れ
  1 視診
  2 聴診
  3 打診
  4 触診
  5 直腸指診
 B 検査
  1 糞便検査
  2 肝機能検査
  3 膵外分泌機能検査
  4 超音波検査
  5 内視鏡検査
  6 肝生検
  7 放射線検査
  8 X線コンピュータ断層像(X線CT)
  9 磁気共鳴画像(MRI)
  10 シンチグラフィー
  11 陽電子放射断層撮影(PET)
 C 治療
  1 薬物療法
  2 栄養療法・食事療法
  3 手術療法
  4 放射線療法

第5章 疾患の理解(中村 威・永田博司・宮島伸宜・古畑智久・齋藤英胤・海老沼浩利・宮澤光男)
 A 食道の疾患
  1 食道がん
  2 食道アカラシア
  3 胃食道逆流症(GERD)
 B 胃・十二指腸疾患
  1 機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)
  2 胃炎
  3 胃・十二指腸潰瘍
  4 胃がん
 C 腸および腹膜疾患
  1 過敏性腸症候群
  2 腸炎
  3 腹膜炎
  4 虫垂炎
  5 ヘルニア
  6 腸閉塞症
  7 腸内寄生虫疾患
  8 消化管憩室
  9 腸管ポリープおよびポリポーシス
  10 大腸がん
  11 肛門疾患
 D 肝臓・胆嚢の疾患
  1 肝炎
  2 肝硬変症
  3 門脈圧亢進症
  4 肝不全
  5 肝(臓)がん
  6 肝外傷
  7 胆石症
  8 急性胆嚢炎および胆管炎
  9 胆管がん
  10 胆嚢がん
  11 胆嚢ポリープ
  12 肝寄生虫疾患
 E 膵臓の疾患
  1 膵(臓)炎
  2 膵(臓)がん
 F 急性腹症
 G 腹部外傷

第6章 患者の看護(南川雅子・三ッ井圭子・角田こずえ・棟久恭子・渡邊千登世)
 A 疾患をもつ患者の経過と看護
  1 急性期の患者の看護
  2 回復期の患者の看護
  3 慢性期の患者の看護
  4 終末期の患者の看護
  5 患者の経過と看護のまとめ
 B 症状に対する看護
  1 嚥下困難のある患者の看護
  2 おくび・胸やけのある患者の看護
  3 吐きけ・嘔吐のある患者の看護
  4 腹痛のある患者の看護
  5 吐血・下血のある患者の看護
  6 下痢のある患者の看護
  7 便秘のある患者の看護
  8 腹部膨満のある患者の看護
  9 食欲不振と体重減少のある患者の看護
  10 黄疸のある患者の看護
  11 意識障害(肝性脳症)のある患者の看護
 C 検査を受ける患者の看護
  1 腹部超音波検査を受ける患者の看護
  2 CT・MRI検査を受ける患者の看護
  3 肝生検を受ける患者の看護
  4 消化器内視鏡検査を受ける患者の看護
  5 造影検査を受ける患者の看護
 D 治療を受ける患者の看護
  1 薬物療法を受ける患者の看護
  2 化学療法を受ける患者の看護
  3 栄養療法・食事療法を受ける患者の看護
  4 手術療法を受ける患者の看護
  5 胃瘻・空腸瘻造設患者の看護
  6 放射線療法を受ける患者の看護
 E 疾患をもつ患者の看護
  1 食道疾患患者の看護
  2 胃・十二指腸疾患患者の看護
  3 腸・腹膜疾患患者の看護
  4 肝臓・胆嚢疾患患者の看護
  5 膵臓疾患患者の看護

第7章 事例による看護過程の展開(三ッ井圭子・棟久恭子)
 A 胃がんで手術を受ける患者の看護
  1 患者についての情報
  2 看護過程の展開
 B 肝硬変症患者の看護
  1 患者についての情報
  2 看護過程の展開

特論 ストーマケア(渡邊千登世)
 A ストーマ造設術の概要
  1 ストーマとは
  2 ストーマ造設を必要とする疾患
  3 消化管ストーマの分類
 B 手術前の看護
  1 術前の心理的支援
  2 術前のアセスメント
  3 術前オリエンテーション
  4 ストーマサイト―マーキング
  5 パッチテスト
 C 手術後の看護
  1 術後の心理的支援
  2 術後の看護と術後合併症
  3 ストーマとストーマ周囲皮膚の観察
  4 ストーマ周囲の皮膚障害とスキンケア
  5 ストーマ装具の選択
 D 回復期の看護
  1 情報収集とアセスメント
  2 ストーマ装具交換のセルフケア指導
  3 合併症への援助
  4 ストーマ造設術後の日常生活についての援助

索引
関連書
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門基礎分野≫
    健康支援と社会保障制度[3]
    社会保障・社会福祉
    (第20版)
    著:福田 素生/稲沢 公一/岡部 卓/尾形 裕也/駒村 康平/石渡 和実/小林 理/伊藤 正子/池本 美和子
    定価 2,484円 (本体2,300円+税8%)
    ISBN978-4-260-03689-4
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門基礎分野≫
    健康支援と社会保障制度[2]
    公衆衛生
    (第14版)
    著:神馬 征峰/大森 純子/宮本 有紀/吉岡 京子/橋爪 真弘/有本 梓/蔭山 正子/小野 若菜子/相田 潤/梅田 麻希/鈴木 まき/廣金 和枝/渡井 いずみ/原田 奈穂子
    定価 2,376円 (本体2,200円+税8%)
    ISBN978-4-260-03574-3
  • 商品写真
    ≪系統看護学講座 専門基礎分野≫
    健康支援と社会保障制度[4]
    看護関係法令
    (第51版)
    著:森山 幹夫
    定価 2,592円 (本体2,400円+税8%)
    ISBN978-4-260-03690-0