医学書院

商品写真

SHDインターベンションコンプリートガイド




監修:ストラクチャークラブ・ジャパン 
編集:有田 武史/原 英彦/林田 健太郎/赤木 禎治/白井 伸一/細川 忍/森野 禎浩
  • 判型 B5
  • 頁 456
  • 発行 2019年05月
  • 定価 14,850円 (本体13,500円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03667-2
SHD診療に必要なあらゆる要素を備えたコンプリートガイド
大動脈弁狭窄の治療法として確立されたTAVI、新たにスタートを切った僧帽弁閉鎖不全のMitraclip、心室/心房中隔欠損、卵円孔開存に対するAmplatzer閉鎖術、心房細動による脳塞栓症の予防ための左心耳カテーテル閉鎖デバイスWatchmanなど、病態、心エコー、ガイドライン、臨床試験、外科治療、具体的なデバイス留置術について、ハートチームの個々人が必要となる要素を完全に揃えたガイドブック。
目 次
I 弁膜症
 1 大動脈弁狭窄(AS)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 臨床所見
    C 重症度評価
    D 高度ASの診断
    E 高度ASのマネジメント
    まとめ
  外科治療
    A 概説
    B 標準的大動脈弁置換術
    C 低侵襲大動脈弁置換術
    D その他の大動脈弁狭窄に対する外科手術
    E これからの外科的大動脈弁狭窄手術
  カテーテル治療
    A これまでの臨床試験と適応
    B わが国におけるエビデンス
    C わが国におけるTAVIの適応
    D Beyond surgical risk score
    E 今後の課題
    まとめ
  大動脈弁バルーン形成術(特に順行性BAV)
    A BAVが奏効する機序
    B 順行性BAVの実際
    C 順行性BAV─困難症例,合併症に対する対策
  TF/Sapien 3手技および合併症とその対策
   [手技]
    A セットアップ
    B Sapien 3弁
    C Sapien 3のサイジング
    D シース挿入
    E 弁のアライメント調整から大動脈弓内のトラッキング
    F 弁の通過から留置まで
   [合併症とその対策]
    A 心臓合併症
    B 心臓外合併症
    まとめ
  TF/Evolut™ R手技および合併症とその対策
   [手技]
    A 経大腿動脈アプローチの選択
    B 経大腿動脈アプローチの標準的手技
    C Evolut™ Rのサイズ選択,borderline症例の考え方
   [合併症とその対策]
    A デリバリー困難時の対処法
    B 位置異常の際の対処法
  non-TFアプローチ(TA, DA, TS)
   [手技]
    A 経心尖部アプローチ(TA)
    B 直接大動脈アプローチ(DA)
    C 経鎖骨下動脈アプローチ(TS)
   [合併症とその対策]
    A 経心尖部アプローチ(TA)
    B 直接大動脈アプローチ(DA)
    C 経鎖骨下動脈アプローチ(TS)
   New Device ACURATE™ neo,PORTICO™
   [ACURATE™ neo SYSTEM]
    A 臨床試験
    B 手技
   [PORTICO™]
    A 臨床試験
    B 手技
    まとめ
   New Device Direct Flow Medical, Lotus™ Valve System
    A Direct Flow Medical
    B Lotus™ Valve System
    まとめ
 2 僧帽弁狭窄(MS)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 外科的治療の歴史と変遷
    B 手術適応と手術時期
    C 外科的治療法の種類と選択
    D 術式の選択と適応基準
    E 機械弁と生体弁の適応
    まとめ
  カテーテル治療(PTMC)
    A MSに対するカテーテル治療と適応
    B 治療成績
    C Inoue-Balloon™のシステム
    D PTMCの実際
    E PTMCの合併症とその対策
 3 僧帽弁閉鎖不全(MR)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
    まとめ
  外科治療
    A 標準的な手術手技
    B 治療成績
    C 合併症
  MitraClip®
    A 主要臨床試験
    B 適応
    C 手技と合併症
    まとめ
  New Device Cardioband
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
    まとめ
  New Device Mitralign
    A エビデンス
    B 適応・除外項目
    C 手技
    D 合併症
    まとめ
  New Device Tendyne
    A エビデンス
    B 適応・除外項目
    C 手技
    D 合併症
    まとめ
 4 人工弁周囲逆流(PVL)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン─マネジメント
  外科治療
    A 概説
    B 僧帽弁位PVLに対する外科手術
    C 大動脈弁位PVLに対する外科手術
    D PVLに対する外科手術の成績
    E 外科からみたPVLに対する経カテーテル的治療の展望
    まとめ
  カテーテル治療─Occlutech/AVP
    A 臨床試験
    B 適応
    C 手技
    D 合併症とその対策
 5 三尖弁閉鎖不全(TR)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    まとめ
  三尖弁カテーテル治療
    A 概説
    B MitraClip®
    C Trialign™
    D Cardioband
    E FORMA
    F その他のデバイス
    まとめ
 6 肺動脈弁狭窄・閉鎖不全(PS/PR)
  病態生理とマネジメント
   [肺動脈弁狭窄(PS)]
    A 概要と病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
   [肺動脈弁閉鎖不全(PR)]
    A 概要と病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    B 成績
    C 合併症
  カテーテル治療
   [肺動脈弁狭窄(PS)に対するカテーテル治療]
    A 治療適応
    B 手技の実際
    C 合併症
    D 中長期成績
   [経カテーテル肺動脈弁置換術(TPV)]
    A TPVに使用されるデバイス
    B TPVの適応
    C 手技の実際(Melody valveの場合)
    D TPVの合併症と対策
    E 治療成績
    F 今後の展望

II 先天性心疾患
 1 心室中隔欠損(VSD)
  病態生理とマネジメント
    A 概要と病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    B 合併症
    C 手術成績
  カテーテル治療
    A カテーテル治療に際して留意すべき解剖学的な特徴
    B 歴史と臨床成績
    C 適応
    D 手技
    E 合併症とその対策
 2 心房中隔欠損(ASD)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    B 卵円孔開存に対する外科治療
    C 合併症
  カテーテル治療(ASO/FFO)
    A 臨床試験
    B 適応
    C 手技
    D 合併症とその対策
    まとめ
 3 動脈管開存(PDA)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    B 成績
    C 合併症
  カテーテル治療(coil/ADOなど)
   [臨床試験]
   [適応]
   [手技]
    A コイル塞栓術
    B 成人PDA閉鎖術のコツ
    C Amplatzer™ Duct Occluder
    D Amplatzer™ Duct Occluder II
   [合併症とその対策]
    A 急性大動脈解離,穿孔出血
    B その他の合併症

III その他のカテーテル治療
 1 卵円孔開存(PFO)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  カテーテル治療
    A 臨床試験
    B 適応
    C 手技
    D 合併症とその対策
 2 心室中隔穿孔(VSP)
  病態生理とマネジメント
    A 病態生理
    B 評価方法
    C 経カテーテル治療を考慮したVSPの経胸壁心エコー
  外科治療
    A 標準的な外科手技
    B 成績
    C 合併症
  カテーテル治療
    A 臨床試験
    B 適応
    C 介入時期
    D 閉鎖栓デバイス
    E 術前評価
    F 手技
    G 症例集
    H 合併症とその対策
 3 左心耳(LAA)
  病態生理とマネジメント
    A 病因・病態
    B 評価方法
    C ガイドライン
  外科治療
    A 標準的な手術手技
    B 治療成績
    C 合併症
  カテーテル治療(WATCHMANTM)
    A デバイスの概要
    B 臨床試験
    C 適応
    D 手技
    E 術後管理
    F 合併症とその対策─手技関連合併症,周術期合併症
    まとめ
  New Device Amulet™, WaveCrest®, LAmbre™, Lariat®
   [Amplatzer™ Amulet™]
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
   [WaveCrest®
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
   [LAmbre™]
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
   [Lariat®
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
 4 心不全
  心房中隔ステント
    A エビデンス
    B 現在臨床応用が開始されているデバイス
    まとめ
  体内電気生理デバイス(CCM,神経節刺激)
   [CCM]
    A エビデンス
    B 手技
    C 合併症
    D 今後の展開
   [神経節刺激]
    A エビデンス
    B デバイスの概説

索引
関連書
  • 商品写真
    SHDインターベンション コンプリートテキスト
    編集:ジョン D. キャロル/ジョン G. ウェブ 監訳:ストラクチャークラブ・ジャパン 
    定価 15,400円 (本体14,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-01789-3
  • 商品写真
    SHDインターベンション ハンドブック
    監修:ストラクチャークラブ・ジャパン  編集:古田 晃/原 英彦/有田 武史/森野 禎浩
    定価 7,150円 (本体6,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-01708-4
  • 商品写真
    エキスパートが教える 心・血管エコー計測のノウハウ
    編集:種村 正
    定価 6,050円 (本体5,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-04202-4