医学書院

商品写真

救急画像ティーチングファイル




編集:Daniel B. Nissman 
監訳:船曵 知弘
  • 判型 B5
  • 頁 304
  • 発行 2019年02月
  • 定価 5,280円 (本体4,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03628-3
救急画像診断のトレーニング本。よく遭遇する100疾患に関する知識の整理・復習に!
LWWの人気シリーズ、Teaching Filesの1冊。「救急の画像診断」をテーマに、よく遭遇する100疾患に関する知識の補充・整理・復習に役立つ。エキスパートの思考パターン(①病歴→②画像所見→③鑑別診断→④最終診断)をなぞりながら、それらを確実に自分のものにするための解説と演習問題(⑤解説→⑥設問:理解を深めるために→⑦読影医の責務→⑧治療医が知っておくべきこと→⑨解答)を収載。症例の100本ノックで読影力を引き上げよう。
目 次
CASE 1 25歳女性.Crohn病に罹患.嘔気,脱水,頭痛を訴え受診
CASE 2 55歳女性.倦怠感
CASE 3 50歳男性.車との交通外傷
CASE 4 45歳男性.車で木に衝突.救出に時間を要し,ER搬送まで低血圧が続いていた
CASE 5 6歳女児.抗菌薬および圧均等化チューブ留置にもかかわらず,弛緩熱,
      左耳の腫脹,両耳の膿性耳漏をきたした
CASE 6 67歳男性.胸痛,血圧低下,好中球の上昇あり
CASE 7 18歳女性.歩行者対車の交通外傷
CASE 8 41歳男性.スキー外傷後の膝痛
CASE 9 28歳男性.自動車衝突事故後の腰痛,下肢筋力低下
CASE 10 71歳女性.胸痛,慢性咳嗽
CASE 11 80歳男性.急性発症の腹痛および腹部膨満感
CASE 12 人工関節置換術後の患者.同側の股関節痛,腫脹,発赤,発熱を主訴に受診
CASE 13 57歳女性.初発の部分痙攣発作を起こした.3年前に乳癌の治療歴あり
CASE 14 31歳女性.呼吸困難
CASE 15 36歳女性.腹部全体の痛みを訴え救急外来受診.最終月経は9週間前.
       最近異所性妊娠を疑われ子宮内膜掻爬術を受けたが,子宮内に
       絨毛膜絨毛はみつからずメトトレキサートの投与を受けていた.
       まず経腹超音波検査が行われたが,所見に基づき経腟超音波を
       行うこととなったため経腹超音波は中断された
CASE 16 10歳男児.落馬後の右肘の痛み
CASE 17 79歳女性.腰痛,下肢筋力低下,排尿障害にて受診
CASE 18 22歳男性.ハイスピードの乗用車の交通事故後.右胸腔ドレーンからの
       持続するエアリークと右肺の再拡張の消失
CASE 19 73歳男性.ヘテロ接合性の第V因子ライデン変異があり,最近深部静脈血栓症に
       対し抗凝固療法を受けていた.拡大する腹部腫瘤を訴え受診
CASE 20 25歳男性.スノーボード事故後に疼痛
CASE 21 29歳男性.交通事故に遭い,頭部を打撲したことは覚えていないが,
       右頬骨弓と上顎部の痛みを訴えている
CASE 22 39歳女性.全身倦怠感
CASE 23 48歳女性.急性発症の腹痛と腹部膨満感
CASE 24 外傷後に肩の痛みと可動域制限が出現
CASE 25 5歳女児.汎下垂体機能低下症がある.最近ウイルス感染症に罹患.
       口周囲に湿った嘔吐物が付着し,反応がない状態で両親に発見された.
       救急隊により現場から心肺蘇生が開始された
CASE 26 29歳女性.自動車横転事故による受傷.右胸郭の奇異性呼吸
CASE 27 30歳女性.高速自動車事故後に頸部痛がある
CASE 28 21歳男性.氷上で転倒
CASE 29 27歳男性.1週間前からの咽頭痛,発熱と頸部痛を伴う
CASE 30 30歳男性.胸腔穿刺後の呼吸困難
CASE 31 16歳男性.急性発症の陰囊痛を呈している
CASE 32 28歳女性.交通外傷により手関節痛を訴えている
CASE 33 8歳女児.自動車の正面衝突に巻き込まれた.患者は後部座席で
       シートベルトを着用していた.背部痛を訴え受診
CASE 34 69歳女性.胸痛
CASE 35 36歳.精神疾患のため入院中の患者.カミソリの刃8枚とペンを飲み込んだ.
       また別の日には電池を6本飲み込んだ
CASE 36 20歳女性.乗用車と衝突し救急搬送された.左下肢と腰部に痛みがある
CASE 37 63歳女性.失神様エピソード後の頭痛,悪心で救急外来を受診
CASE 38 41歳女性.食欲不振と咳嗽を訴えている
CASE 39 24歳男性.右上腹部痛
CASE 40 63歳女性.トラックの後ろから落ちた.左足から着地してから立てなくなった
CASE 41 20歳男性.6日前より悪化する左側頭部痛と左眼瞼の発赤・腫脹.数日前に
       救急外来でセフジニル®(セファロスポリンの経口薬)および
       prednisone®(本邦ではヒト用医薬品としては未承認)が
       処方されていたが,症状が悪化
CASE 42 36歳男性.交通外傷後
CASE 43 11歳女児.急性発症の左下腹部痛
CASE 44 2段ベッドからジャンプした後の足の痛み
CASE 45 23歳男性.突然発症の左上肢筋力低下,左顔面下垂,構音障害
CASE 46 62歳女性.胸痛.大動脈解離の評価目的にCTA施行
CASE 47 25歳運転手.車の事故で閉じ込められた
CASE 48 高エネルギー交通外傷で頸部痛,首の可動制限,上肢の痺れと筋力低下を認める
CASE 49 65歳女性.家で転倒し,反応がなくなった.救急外来到着時,
       対光反射がなく,角膜反射,咳反射,咽頭反射もなかった
CASE 50 10歳女児.胸痛と発熱
CASE 51 91歳女性.転倒後の骨盤痛
CASE 52 5歳児.歩きたがらない
CASE 53 60歳男性.急性発症の左半身麻痺と左顔面下垂.最近新たな
       右側の頭痛を訴えていた
CASE 54 58歳男性.低酸素血症.HIVの既往あり(抗レトロウイルス薬治療の
       コンプライアンス不良症例)
CASE 55 61歳男性.自動車事故による重症腹部外傷
CASE 56 27歳男性.手を伸ばした状態で転倒し,肘と前腕近位の疼痛,腫脹がある
CASE 57 5か月乳児.2週間の間欠熱があり,現在は左頸部と顎の腫脹を認める
CASE 58 30歳男性.自動車衝突事故
CASE 59 68歳女性.急性発症の左下腹部痛,嘔気,嘔吐を訴え受診.身体診察では
       腹膜刺激徴候を認め,腹部全体に圧痛がある
CASE 60 24歳男性.崖から予想より浅い水中に飛び込んだ後,頸部上部の疼痛と
       可動域制限がある
CASE 61 56歳女性.急性発症の激しい頭痛
CASE 62 36歳男性.自動車事故
CASE 63 35歳男性.右下腹部痛
CASE 64 39歳男性.落馬後に手首の痛み
CASE 65 57歳男性.増大する右頸部腫瘤と進行する嚥下障害
CASE 66 57歳男性.衰弱と咳嗽
CASE 67 24歳女性.シートベルトを装着した状態での高速での車の衝突事故
CASE 68 42歳女性.社交ダンスで左足をくじき,その後から左足外側の痛みが出現
CASE 69 27歳男性.バイク対自動車の衝突事故に巻き込まれた.神経学的予後は不良
CASE 70 58歳男性.息切れ
CASE 71 54歳男性.繰り返す下腹部正中の痛みと下痢
CASE 72 10か月男児.右下肢の発赤と痛みを訴えている
CASE 73 26歳男性.車の横転事故にあった.現在,右耳の難聴と顔面神経麻痺を認める
CASE 74 52歳男性.咳嗽,息切れ
CASE 75 41歳女性.右上腹部痛,発熱,嘔吐
CASE 76 47歳男性.自動車衝突事故の後に肩の痛みを訴える
CASE 77 11歳女児.人生最悪の頭痛を訴えて受診.バスケットボールの試合で
       チアをしてジャンプした瞬間から始まり,左の片麻痺としびれを自覚した
CASE 78 26歳女性.気管支鏡検査後,同日の息切れ,左胸痛
CASE 79 35歳女性.急性発症の腹痛.当初は鎮痛薬によって腹痛が軽快したため
       帰宅となっていたが,自宅で食事をしようとしたところ腹痛が再燃した
CASE 80 76歳女性.スーパーマーケットで歩行中,左側へ転倒した.
       臀部痛を主訴に受診した.X線写真では骨折を認めない
CASE 81 42歳.静脈注射薬物乱用の既往あり.数週間で増悪する腰部痛
CASE 82 交通外傷
CASE 83 近距離射撃による銃創
CASE 84 26歳.手を開いた状態で転倒した
CASE 85 37歳男性.新たに出現した著明な下肢筋力の低下と記憶障害で受診
CASE 86 20歳男性.ハイキング中に手を怪我した
CASE 87 36歳男性.精神障害があり異物挿入を繰り返している.排尿障害および
       血尿を訴え受診
CASE 88 43歳女性.全身性エリテマトーデスに対してステロイドを用いた治療を
       受けた既往がある.左膝の痛み,腫脹と熱を訴えている
CASE 89 18歳男性.歩行中に時速約90kmの車と衝突し,約30m飛ばされた.
       事故現場にてPEAで,来院時,瞳孔は散大固定,神経学的な反応は
       みられなかった
CASE 90 40歳女性.胸痛と息切れを伴う左胸部の軽症鈍的外傷
CASE 91 生後6週男児.経口摂取のたびに噴出性の嘔吐が4日間続くため受診.
       吐物は血性や胆汁性ではない
CASE 92 39歳男性.自動車の正面衝突事故後に右股関節痛が出現
CASE 93 8か月女児.急性発症の傾眠と筋力低下.数週間前の軽度の
       上気道炎感染以外の重要な病歴はない
CASE 94 36歳男性.テニス中の突然のふくらはぎの痛み
CASE 95 50歳男性.48時間にわたり増悪する左胸痛,持続する悪心・嘔吐
CASE 96 38歳.バスケットボール中の膝痛
CASE 97 56歳男性.末期腎不全と高血圧の既往歴がある.意識障害,右半身麻痺の
       状態で発見された
CASE 98 80歳女性.緩徐進行性の意識障害
CASE 99 40歳女性.右上腹部痛,悪心,嘔吐を訴え受診
CASE 100 53歳男性.2型糖尿病.右足の母趾足底部にできた難治性潰瘍で受診.
       発熱と右足全体の発赤も伴っている

最終診断のまとめと参考文献

索引
関連書
  • 商品写真
    頭部外傷治療・管理のガイドライン
    (第4版)
    監修:一般社団法人  日本脳神経外科学会/一般社団法人 日本脳神経外傷学会 編集:頭部外傷治療・管理のガイドライン 作成委員会 編集協力:一般社団法人 日本外傷学会
    定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03960-4
  • 商品写真
    画像所見のよみ方と鑑別診断
    胆・膵 (第2版)
    編著:花田 敬士/植木 敏晴/潟沼 朗生/糸井 隆夫
    定価 13,200円 (本体12,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03238-4
  • 商品写真
    内科救急で使える! Point-of-Care超音波ベーシックス[Web動画付]
    著:亀田 徹
    定価 4,950円 (本体4,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03805-8