医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

臨床検査データブック [コンパクト版]


(第9版)

監修:高久 史麿
編集:黒川 清/春日 雅人/北村 聖

  • 判型 三五変
  • 頁 406
  • 発行 2017年10月
  • 定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03435-7
小さいけれど、検査値ぎっしり詰まっています
臨床検査の必携書『臨床検査データブック2017-2018』から『コンパクト版第9版』が飛び出した! いつでもどこでも必要になる検査を中心に、約200項目をセレクト掲載! ポケットに入る大きさで、病棟、外来、実習など、常に携帯可能。あなたの臨床と学習をサポートします。
序 文
第9版/編集者の序

 「根拠をもって必要な検査を選択する」こと,「無駄な検査を省く」こと,そして「異常値の背景を理解する」ことを理念として『臨床検査データブック』と本書...
第9版/編集者の序

 「根拠をもって必要な検査を選択する」こと,「無駄な検査を省く」こと,そして「異常値の背景を理解する」ことを理念として『臨床検査データブック』と本書『臨床検査データブックコンパクト版』は版を重ねて,第9版を上梓することになった.
 われわれが掲げたこの理念は,超高齢少子化社会を迎えるわが国の医療においてまさに必要とされる医療人の心構えになっていると自負している.20世紀においては,科学の時代として高度先進医療ときわめて先鋭化した専門医がもてはやされたが,21世紀では患者に寄り添う総合医のニーズが高まっている.さらに,チーム医療の必要性が広く認識され,そのチームの検査に対する共通認識として冒頭に挙げた3つのことが求められる.
 現代の医療人養成において,知識や技能よりも,プロフェッショナリズムを持っていることが第一の資質に掲げられる.そのプロフェッショナリズムもいろいろな考え方があるが,最大公約数として,患者への思いやり,アクティブラーニング(自立した学習・生涯学習),さらにチーム医療が挙げられることが多い.プロフェッショナリズムを備えた医療人のポケットに共通して携帯性に優れた本書と,本書の理念が入れられていることを願う.

 2017年8月
 北村 聖
目 次
1 生化学検査
 血清蛋白質
 アミノ酸・窒素化合物
 鉄代謝
 血清酵素
 血清ビリルビン
 脂質
 電解質・金属
 血液ガス
 機能検査

2 内分泌学的検査
 下垂体
 甲状腺
 副甲状腺
 副腎髄質・交感神経
 副腎皮質
 性腺・胎盤
 糖代謝
 生理活性

3 血液・凝固・線溶系検査
 血球検査
 凝固・線溶系検査

4 免疫血清検査
 補体
 免疫グロブリン
 自己抗体
 免疫細胞

5 感染症検査
 感染症遺伝子検査
 塗抹検査
 一般細菌の培養検査
 薬剤感受性試験
 抗酸菌
 真菌
 一般細菌
 検査材料からの直接抗原検出
 一般細菌以外の培養・同定困難な菌
 肝炎ウイルス
 ATLV・HIV
 その他のウイルス
 感染・炎症マーカー

6 腫瘍・線維化マーカー
 腫瘍マーカー
 線維化マーカー

7 癌細胞遺伝子検査

8 尿検査

9 糞便検査

10 血液・尿以外の検査

11 薬物

付録
 1 medical emergencyに対応する検査
 2 高齢者の検査計画
 3 知っておきたい検体採取のポイント

索引
数字・欧文索引
和文索引
週刊医学界新聞 関連記事