医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

病歴と診察で診断する感染症

System1とSystem2

編集:志水 太郎/忽那 賢志

  • 判型 B5
  • 頁 236
  • 発行 2018年04月
  • 定価 4,536円 (本体4,200円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03538-5
カリスマ臨床医、気鋭の若手指導医らによる感染症診断の極意とパール!
近年、感染症診断法の進歩はめざましい。しかし、検査が充実すればするほど、臨床現場では「病歴」と「診察」が軽視されているように感じなくもない。本来、感染症の診断で最も重要なのは、感染臓器・病原微生物を突きつめることである。そしてこれは、病歴と診察で可能なかぎり検査前確率を高めることによってなされるべきである。「病歴」と「診察」にこだわった執筆陣による“匠の技”を伝授したい。
序 文


 「感染症は全身を診る力が必要だから,そのためにはまず総合内科的な訓練を行ったほうがいい」というのが,研修医2年目の6月に師匠の青木眞先生からいただいた言葉でした.その後10年が経過しましたが,この言葉は感染症を実際に診るようになり,さらに後輩を指導する立場になった自分がいよ...


 「感染症は全身を診る力が必要だから,そのためにはまず総合内科的な訓練を行ったほうがいい」というのが,研修医2年目の6月に師匠の青木眞先生からいただいた言葉でした.その後10年が経過しましたが,この言葉は感染症を実際に診るようになり,さらに後輩を指導する立場になった自分がいよいよ身に染みて実感するようになりました.
 感染症の診療では,患者の病歴を俯瞰し,指の先から足先までを丁寧に調べて観察し,着目すべき点に細かく着目する柔軟な視点の習得が重要です.これは感染症のみならず,幅広く臓器横断的な診療を行う総合診療医にとっても大切な姿勢と思います.
 本書は,総合診療のexpertiseである病歴とフィジカル,そして基礎的診断戦略であるSystem 1・2を軸に,感染症をテーマに実臨床での診断の現場を言語化することを試みたものです.執筆は,臨床や教育で実際に交流のある総合診療・感染症の若手からベテランまでの先生方にお願いしました.各項に一貫したのはSystem 1・2の切り口ですが,各症例が多彩で示唆に富む学びを与えてくれるものです.結局,臨床医が成長するのは一例一例の学びからだと実感させられる,素晴らしい症例集になったと感じています.ぜひお楽しみください.

 2018年3月
 志水太郎


 「感染症って本当に不思議だなあ」って思いませんか.例えば,風疹ウイルスがヒトに感染したときの臨床症状と,MERSコロナウイルスがヒトに感染したときの臨床症状はなぜ違うのでしょうか? このような臨床症状の違いはなぜ生まれるのでしょうか? もちろん微生物のもつ病原性とヒトの免疫が織りなす反応によって臨床症状が生まれるわけですが,病原体の種類によって感染したヒトが全く異なる臨床像を呈するというのは実に興味深い現象です.なぜ麻疹ではコプリック斑ができるのに風疹ではできないのか? 日々このようなことを考えながら臨床をしている私であります.
 そして,感染したヒトの性別や年齢,免疫の具合によっても微妙に異なる臨床症状になります.つまり感染者の数だけ異なる臨床像が生まれるわけです.私がジカ熱に罹ったら38℃の高熱が出るけど,あなたが罹ったら熱は出ないかもしれません.
 そんなわけで,感染症の診断の面白さの1つは「この患者さんに悪さをしている病原体は何か」を病歴や身体所見で診断することにあります.本書はそのエッセンスが詰まった,感染症診断の究極本であるといえるのではないでしょうか.本書が,読者の皆さまが一例でも多くの感染症患者さんを診断できることに寄与できれば何よりです.

 2018年3月
 忽那賢志
目 次
System 1,System 2の診断Keywords

Introduction
 1 本書の活用の仕方―System 1とSystem 2を中心に
 2 感染症の診断学

System 1 電光石火の感染症 Snap Diagnosis
 1 赤いカメレオン! 多彩な症状に騙されるな
 2 案じたら刺すが易し
 3 心疾患は聴診! ではなく,まず視診と触診!
 4 単なる咽頭炎と思ったら……
 5 “forgotten disease” の逆襲
 6 豚骨ラーメンは,やっぱり死ぬほど美味しい!
 7 初キッスは苦い味
 8 全身痛い! これってリウマチ?
 9 電話口から見えた疾患 歴史は繰り返す!
 10 秋○○はよめに食わすな
 11 頭が痛くてウロウロしてしまう……
 12 「どこも異常ないんですよね~」
 13 天の采配
 14 ある時は発熱,ある時は下痢,ある時は意識障害
 15 「かぜかなぁ」って思ってたら……
 16 手は口と併せてモノを云う
 17 Don't touch me ! 神出鬼没なアイツにご用心
 18 手足は病気を語る
 19 その耳鼻科医の熱は

[One Point Lecture]
 (1)感染症のSnap Diagnosis─メリットとデメリットをしっかり押さえよう
 (2)感染症の演繹的診断─System 1のセーフティネットとしてのSystem 2

System 2 理詰めで追い詰める感染症
 1 ドイツっぽくない麻疹
 2 圧迫骨折+認知症+誤嚥性肺炎=???
 3 高い代償
 4 感染性胃腸炎=「“除外×2”,のち“落とし穴×3”,ところにより一時 市中腸炎」
 5 流行地でのthe great imitator
 6 やはり,こうなるからには理由がある
 7 人も病気も見かけじゃない
 8 There's no such thing as a FREE lunch !
 9 セックスと嘘とアノスコープ
 10 祇園にて 耳をすませば 三味の音
 11 Taking pains in the diagnosis.
 12 システムエラー
 13 航海の果てにたどり着く熱帯の赤い海に浮かぶ白い島
 14 「先生! 患者さんの顔がピクピクしています!」
 15 オバケとアレが見えたら……お手上げです
 16 赤い顔のビール好きにはご用心!
 17 連携で解明! 手ごわい発熱

[One Point Lecture]
 (3)System 1の鍛え方とその後
 (4)System 2の磨き方

読んでおきたいOne More Question

索引