医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪ジェネラリストBOOKS≫

病歴と身体所見の診断学

検査なしでここまでわかる

著:徳田 安春

  • 判型 A5
  • 頁 210
  • 発行 2017年11月
  • 定価 3,888円 (本体3,600円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03245-2
五感とエビデンスのみで、いざ勝負!
病歴と身体診察で得られた情報から、臨床疫学的なアプローチで、精度の高い診断を目指そう! 本書は、症例をもとに、指導医と研修医の問答形式で感度・特異度・尤度比の使い方が学べる実践書。付録には、即戦力となる「尤度比一覧」のPDF(ダウンロード形式)を収載。
●読者の皆様へ 付録PDF ダウンロードのご案内
本書第4章の尤度比一覧を配信しています。見返しのシールに記載されているユーザー名とパスワードをご用意のうえ,ダウンロードしてお使いください。
『≪ジェネラリストBOOKS≫病歴と身体所見の診断学-検査なしでここまでわかる』第4章 尤度比一覧[12頁 約573KB]
▼付録のご利用にあたって
序 文


 診断の7割から8割は病歴聴取と身体診察の組み合わせで可能である,とよくいわれます.でも,それはエキスパート診断医のパフォーマンスのことだから,自分たちレジデントや若手医師にはちょっと無理なんだよなぁ,などと考える人も多いのではないでしょうか.

 テクノロジーテネスムス...


 診断の7割から8割は病歴聴取と身体診察の組み合わせで可能である,とよくいわれます.でも,それはエキスパート診断医のパフォーマンスのことだから,自分たちレジデントや若手医師にはちょっと無理なんだよなぁ,などと考える人も多いのではないでしょうか.

 テクノロジーテネスムスという現象もあります.早く(あるいは診察より先に?),血液検査と画像検査を出して,確実に診断していきたいという切迫感です.
 でも,エキスパート診断医の診察風景をみてみましょう.彼らは病歴と診察に基づいて検査の適応を決めています.闇雲に検査しているのではなく,必要な検査を必要な場面で行っているのです.

 実は,エキスパート診断医の思考過程を分析しそれを身に付けることによって,レジデントや若い医師たちでも診断能力を飛躍的にアップさせることができます.
 エキスパート診断医は,無意識の暗黙知(tacit knowledge)を利用して診断しています.この暗黙知,実は究極的には条件付き確率理論なのです.ベイズの理論ともいいます.

 例えば,風邪症候群かインフルエンザかの鑑別診断において,インフルエンザの流行を考慮した検査前確率を考え,症状や所見を複数組み合わせることによって次から次と診断の確率を変化させる.このような条件付き確率の計算を無意識のうちに脳内で行っているのです.
 もちろんこのような計算をエキスパート診断医がすべてのケースで実際に行っているわけではありません.精密な計算ではなく,ザックリとした確率の変化と,鑑別診断の間での確率の比較です.

 そして,さまざまな症候に対してこの方法を無意識に身につけると,エキスパート診断医になれます.ただし,それには長い年月に及ぶたくさんの臨床経験が必要になります.

 そこで私は本書を企画することにしました.
 本書を読むことで,臨床経験がそれほどなくてもエキスパート診断医になる方法論を意識した知識(explicit knowledge)としてマスターすることができると考えます.コモンな症候に対するアプローチを対話形式で臨床現場をリアルに再現しました.細かい計算はスキップして,できるだけノモグラムを使用しました.

 本書は雑誌『総合診療』誌で連載(24巻9号~26巻3号)した内容に大幅に加筆して成書としたものです.連載では杉本佳子氏と滝沢英行氏にたいへんお世話になりました.そして今回の書籍化にあたり,上田剛士先生は本書の企画に快く助けにきてくれました.そして私にとって貴重な座談会も行うことができました.また,本書の編集には藤島英之氏から有益な助言をたくさんいただくことができました.この4人のエキスパートの助けのおかげで本書を出すことができました.心より御礼を申し上げます.

 平成29年11月
 徳田安春
目 次


第1章 診断の精度を上げるために
 1 診断における臨床疫学の基礎
 2 診断の精度を上げるために-対談:徳田安春×上田剛士

第2章 病歴と身体所見の診断学19番勝負
 1 風邪症状-インフルエンザか?
 2 脱水の診断-身体所見で否定できるか?
 3 肝硬変の診断-身体所見でどこまでわかる?
 4 呼吸困難の診断 その1-心不全?COPD?肺塞栓?
 5 呼吸困難の診断 その2-心不全?COPD?肺塞栓?
 6 呼吸困難の診断 その3-肺塞栓?
 7 肺炎の診断-気管支炎か,肺炎か?
 8 咽頭痛-Centor スコアを乗り越えろ!
 9 胸痛-急性冠症候群? 大動脈解離?
 10 上腹部痛-Murphy 徴候は陰性でも!
 11 腹部膨満-腹水はあるか?
 12 腰痛-感染? 腫瘍? あるいは椎間板ヘルニア?
 13 下腿の腫脹-蜂窩織炎か? DVT か?
 14 めまい-危険なめまいか?
 15 手のしびれ-手根管症候群か?
 16 手のふるえ-パーキンソン病か?
 17 低アルブミン血症-低栄養か?
 18 アルコール依存症か?-問題飲酒を見極める
 19 原因不明の身体症状-うつ病か?

第3章 診断特性の研究を読む

第4章 尤度比一覧

文献
索引
週刊医学界新聞 関連記事