医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪系統看護学講座 専門分野Ⅱ≫

成人看護学[1]

成人看護学総論


(第15版)

著:小松 浩子/井上 智子/麻原 きよみ/荒尾 晴惠/内布 敦子/雄西 智恵美/矢ヶ崎 香/安酸 史子/吉田 千文

  • 判型 B5
  • 頁 440
  • 発行 2018年01月
  • 定価 2,484円 (本体2,300円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03173-8
本書の特徴
「成人看護学の対象を、変動する社会状況にかかわりながら社会生活を営む「大人」と位置づけ、成人に特徴的な健康生活の様相とそれにかかわる看護を学びます。
全体を4部に分けています。まず第1部から第3部では、成人の生活と健康および看護の基本的知識を学び、成人看護学全体を概観できる構成にしています。それをふまえ第4部では、成人看護の実際と技術をその特性ごとに紹介します。
最新の医療状況に即して内容の全面的な見直しを行いました。また、テキストで解説されている理論などが臨床とどう結びついているのか、事例や図解を多数用いて解説しました。
各部のはじめにイントロダクションを設け、学生の理解のたすけになるよう工夫をこらしました。
*「系統看護学講座」は2018年版より新デザインとなりました。
*「系統看護学講座/系看」は株式会社医学書院の登録商標です。
序 文
はしがき

 科学技術の目ざましい発展に伴い,人々の生活はより便利に,より多様性を増しつつ変化をとげている。科学技術発展の恩恵は,生活の豊かさや経済的安定といった確かな実感として多くの人々が感じられる一方で,生産性重視の社会構造のひずみからもたらされる健康問題や,多大なエネルギー浪...
はしがき

 科学技術の目ざましい発展に伴い,人々の生活はより便利に,より多様性を増しつつ変化をとげている。科学技術発展の恩恵は,生活の豊かさや経済的安定といった確かな実感として多くの人々が感じられる一方で,生産性重視の社会構造のひずみからもたらされる健康問題や,多大なエネルギー浪費に伴う地球環境の劣悪化に対して脅威を感じていることも事実である。このような変革の時代を生きる大人は,将来への不安や脅威をいだきつつ,日々仕事に従事し,家族の幸せを求め懸命に働き家庭を築きまもっている。ときとして,社会の重圧につぶされそうになりながらも,それを切り抜け,困難を経験知としながら,さらなる課題につぎつぎに立ち向かう力を,大人はどのように身につけていくのだろうか。たいへんな世の中にあっても,なぜ社会の一員として,次代を担う人々の幸福と安寧のために力を尽くそうとするのだろうか。
 成人看護学では,このような大人を対象に,その人にとって最適な健康を維持・促進するための看護援助を学ぶ。本書『成人看護学総論』は,成人看護学における基盤となる考え方や理論,援助方法論をまとめたものである。これらを学ぶことにより,大人を対象とする成人看護学全体の地図を手にすることができると期待している。「成人看護学総論」を学び,学習のための地図を手にした者は,具体的な看護を理解するための「成人看護学各論」について,より効果的に学習を進めることができる。
 『成人看護学総論』は初版(1968年)からこれまでに14回の改訂が行われ,時代や環境変化を反映した学習内容へと充実がはかられてきた。今回の改訂では,現代を生きる大人の生活や生き方について,最新の情報やデータに基づき変動する社会生活を鮮明にとらえ,大人の健康状態や健康問題をダイナミックに理解できるようにした。大人の生活は時代とともにさまがわりしているが,とりわけ現代の経済的・環境的変化は目まぐるしく,そのことに影響を受けるであろう大人の健康問題も複雑性や多様性を増している。さらに,医療財政の建て直し,医療従事者不足や偏在化への対応のため,医療制度改革・医療システムの変革が近年大きく進められている。大人を包括的に理解するためには,大人の生活や健康に関する最新の動向をキャッチし,時代を生きる大人の健康生活を多角的にとらえる視点をもつ必要がある。このような背景から,大人の生活と健康に関する基本的知識の理解基盤とし,大人の多様な健康状態や健康問題に対応するための看護アプローチの基本的考え方や方法を学ぶことが重要と考えた。
 そのため,本書は「成人の生活と健康」「成人への看護アプローチの基本」「成人の健康レベルに対応した看護」「成人の健康生活を促すための看護技術」の4部構成とした。
 第1部「成人の生活と健康」では,まずは成人看護学の対象である「大人」について,変動する社会状況に対応しながら生活する姿を最新のデータや情報から概観できるようにした。そのうえで,生涯発達論や他者との相互性,また生活や仕事といった概念に基づいて大人の生活と健康を力動的に,論理的に理解することを目ざした。適切な看護アプローチを行うためには,対象理解が欠かせない。大人とはどのような人たちか,どのような健康問題をかかえるのかを学び,第2部以降の成人看護の実践の学習に取り組んでいってほしい。
 第2部「成人への看護アプローチの基本」では,個々人の生活と健康に焦点を合わせ,その人らしくあることができるように看護するための,基本となる考え方や方法論について理解する。ここでいう看護アプローチは,個人のみならず,家族や社会におけるさまざまな集団を看護の対象としてとらえはたらきかけるものである。
 第3部「成人の健康レベルに対応した看護」では,大人に特徴的に,また共通してみられる健康状態や健康問題に対する看護を,健康レベル別の切り口でまとめた。今回の改訂では,急性期看護や慢性期看護の解説で事例を活用し,より実践がイメージできるよう工夫をこらした。
 第4部「成人の健康生活を促すための看護技術」では,専門知識に基づいて,対象に対して最適な健康状態をもたらす行為やその原理について述べた。さまざまな状況や患者の状態に対応するための看護技術は,健康レベル別や経過別の枠組みだけでとらえきれるものではない。そのため本書では,看護技術をその行為の特性ごとに章にまとめている。第1~3部までで成人看護学の大枠をつかんだあとに,実践的な技術を学ぶことで看護実践の理解を深め,今後の成人看護学各論の学習や,臨床能力の研鑽に役だててほしい。
 上記のとおり,各部はそれぞれ関連することで学習効果をもたらすよう配置されている。その構成がわかりやすくなるよう,各部のはじめにイントロダクションが設けられているので,成人看護学のなかのどの部分を学んでいるのか,確認するときに適宜活用していただきたい。
 以上,『成人看護学総論』の学習のねらいを記した。本書によって,成人看護学の学習が深められることを願うものである。
 最後に,今後ともさらに本書の充実をはかり,内容を継続的に洗練し,よりよいテキストの追求に努めたい。そのために,読者の皆様からの忌憚のないご意見をお寄せいただければ幸いである。

 2017年12月
 著者ら
目 次
第1部 成人の生活と健康
 第1章 成人と生活 (小松浩子)
  A 対象の理解:大人になること,大人であること
  B 対象の生活:働いて生活を営むこと
 第2章 生活と健康 (矢ヶ崎香・小松浩子)
  A 成人を取り巻く環境と生活からみた健康
  B 生活と健康をまもりはぐくむシステム

第2部 成人への看護アプローチの基本
 第3章 成人への看護アプローチの基本 (小松浩子)
  A 生活のなかで健康行動を生み,はぐくむ援助
  B 健康問題をもつ大人と看護師の人間関係
  C 人々の集団における調和や変化を促す看護アプローチ
  D チームアプローチ
  E 看護におけるマネジメント
  F 看護実践における倫理的判断
  G 意思決定支援
  H 家族支援

第3部 成人の健康レベルに対応した看護
 第4章 ヘルスプロモーションと看護 (麻原きよみ・小松浩子)
  A ヘルスプロモーションと看護
  B ヘルスプロモーションを促進する看護の場と活動
 第5章 健康をおびやかす要因と看護 (井上智子)
  A 健康バランスの構成要素
  B 健康バランスに影響を及ぼす要因
  C 生活行動がもたらす健康問題とその予防
 第6章 健康生活の急激な破綻から回復を促す看護 (井上智子)
  A 健康の急激な破綻
  B 急性期にある人の看護
  C 救急医療を必要とする人々
 第7章 慢性病との共存を支える看護 (安酸史子)
  A 慢性病患者の理解
  B 慢性病との共存を支える看護の実践
 第8章 障害がある人の生活とリハビリテーション (麻原きよみ)
  A 障害がある人とリハビリテーション
  B 障害がある人とその生活を支援する看護
 第9章 人生の最期のときを支える看護 (荒尾晴惠)
  A 人生の最期のときにおける医療の現状
  B 人生の最期のときを過ごしている人の理解
  C 人生の最期のときを支える看護

第4部 成人の健康生活を促すための看護技術
 第10章 学習者である患者への看護技術 (安酸史子)
  A エンパワメント-エデュケーション
  B セルフマネジメントを推進する看護技術
 第11章 治療過程にある患者への看護技術 (雄西智恵美)
  A 治療による身体侵襲からの回復促進のための看護技術
  B 安全を援助する看護技術
  C 日常生活機能の保護・維持と社会復帰に向けた看護技術
  D ボディイメージの変化に対する看護技術
  E その人らしい日常生活再構築のための看護技術
 第12章 症状マネジメントにおける看護技術 (内布敦子)
  A 症状マネジメントと看護
  B 症状マネジメントと看護実践モデル
  C 症状マネジメントモデルから導かれた看護のアプローチ
 第13章 療養の場を移行する人々への看護技術 (吉田千文)
  A 療養の場の移行支援とはどのような活動か
  B 療養の場の移行支援が必要とされる理由
  C 療養の場の移行支援の具体的方法
 第14章 新たな治療法,先端医療と看護 (井上智子)
  A 新たな治療法・医療処置の開発・普及
  B 新たな治療法・医療処置を受ける患者・家族の看護

用語解説
索引