医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

症例で学ぶ外科診療

専門医のための意思決定と手術手技

編集:Justin B. Dimick /Gilbert R. Upchurch Jr. /Christpher J. Sonnenday 
訳:安達 洋祐

  • 判型 B5
  • 頁 352
  • 発行 2017年09月
  • 定価 8,640円 (本体8,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03058-8
臨床シナリオに沿って学ぶ新時代の教科書
診断から手術、術後管理まで外科医が押さえておくべきポイントを解説した実践的な教科書。米国の外科専門医試験(口頭試問)対策のテキストとして評価の高い原書から、日本の外科医が診る機会の多い症例を厳選して再編集した。外科専門医に求められる考え方、意思決定のプロセスを診療の流れに沿って示すユニークな構成。随所に挿入された訳者による補足解説が読者の理解を深める。
序 文
訳者の序(安達洋祐)/巻頭言

訳者の序

 原書『Clinical Scenarios in Surgery : Decision Making and Operative Technique』に出会ったのは,2015年に福岡市で...
訳者の序(安達洋祐)/巻頭言

訳者の序

 原書『Clinical Scenarios in Surgery : Decision Making and Operative Technique』に出会ったのは,2015年に福岡市で開催された日本臨床外科学会総会の書籍コーナーでした.診療の現場を想定した実践的な構成と具体的な記載に目が釘づけになり,このような本で外科を学べる海外の医師や学生を羨ましく思いました.

 本書『症例で学ぶ外科診療-専門医のための意思決定と手術手技』には,次のような特徴があります.
 ① 外科の外来や病棟で専門医が患者を診ながら研修医に教えているような現場感覚の本.
 ② 章ごとに症例から鑑別診断や治療方針を考え手術手技や周術期管理を学べる実践的な本.
 ③ 「…のときは」「…がある患者は」という状況設定で理解を深め意思決定力を高められる本.

 原書は672ページの厚い本ですが,本書は123章の中から55章を厳選し,日本版だけのコンパクトな「いいとこどり」になっています.翻訳にあたっては「正しくわかりやすく」を心がけ,文中の「訳注」,段落後の「補足」と「参照」で日常診療に有用な情報を追加しています.参考文献では代表的な論文の要旨を「論文紹介」で示し,発展的な学習に役立つようにしました.

 本書は専門医取得に備える外科医に最適ですが,外科の患者を担当する研修医や医学生にも役立ちます.無味乾燥な教科書よりずっとおもしろく,意識せずに疾患や治療の理解が深まります.1人でも多くの医師や学生が本書で外科の魅力に触れることを願いつつ,翻訳の機会を与えてくださった医学書院に感謝します.

 2017年6月28日
 安達洋祐


巻頭言

 診療に参加しようとしている外科の研修医にいくつか助言があります.外科の教科書の執筆や編集を担当したときに気をつけてきたいくつかのルールもあります.あなたが例外的に完璧な人間で,明晰な頭脳と自信に満ちた態度で軽々と診察しているのであれば,ここで読むのをやめていいです.しかし,ふつう生まれながらの外科医はいないはずで,もう少し読んでください.次の3つの考えがあります.

1. 今すぐ読み始める
 多くの外科医が最も読みにくいのは最初の課題です.専門医試験が一か八かの賭けと思ってもよく,受験に必要な書類契約も厄介ですが,読むべき教科書にも問題があり,一見して1つの章が長く,本文は味気なく,イラストはわずかです.ところが,この本は魅力的な「症例提示」で構成され,明快な本文と豊富なイラストで視覚に訴える読みやすい本です.さあ今すぐ始めましょう.

2. 将来に期待する
 近代外科学は進歩し,治療成績の向上と合併症の回避を追求しています.現在のペースで医学研究が進歩すれば,臨床問題をすべて解決できる十分な知見を容易に検索・利用できるようになるでしょう.それでも,外科医には状況に応じて文献に基づいた指針が必要です.幸いなことに,この本の編集者は経験が豊富で情熱に溢れ,豊富な情報をバランスよく提供しています.さあ前に進みましょう.

3. 毎日少しずつ読む
 読むことも技術であり,続けることによって上達します.熟練外科医のテクニック,優先順位を判断するセンス,独自の自信や直感は,手技を磨き続けた成果なのです.本を読むのも手術のトレーニングと同じです.本もメスのように使えば使うほど愛着がわきます.さあ読書の旅を楽しみましょう.

 Michael W. Mulholland, M.D., Ph.D.




 技術の顕著な進歩と科学の急速な発展にもかかわらず,安全で上手な外科医になるのが非常に困難な時代になっています.若い外科医は新しい情報の進歩と外科技術の専門化に遅れないように求められているからです.

 伝統的な外科の教科書は,時代の変化に合わせて改訂され,百科事典のような参考書になっており,包括的な概要を知る必要があるときに開くだけです.利用できる膨大な情報では,目前の臨床シナリオに適した安全な手術の基本方針を解決するのは困難です.若い外科医が専門医の筆記試験と口頭試問を受ける準備をしようと机についたとき,既存の教材は一般外科の基本を確実に理解しようというニーズに適していないことが明らかになります.

 若い外科医は昔の外科医とちがった方法で学習します.今の研修医は何時間もじっと座って本を読みません.複数の作業を同時に行うのが得意で,教材に効率と直接的な関連を求めます.医学部のカリキュラムは「症例に基づいた学習」(case-based learning)に移行することで,時代の変化に対応しています.「臨床の物語」(clinical narratives)は非常に効果的な学習法であり,患者の物語で外科の重要な基本を学ぶことができます.魅力ある外科の教科書の多くは医学教育の変革に追いついていません.

 この本は若い外科医と伝統的な教科書のギャップを埋めるために執筆しました.症例に基づいた教材であり,一般外科の基本原則と専門性を結びつけています.臨床シナリオにある患者の物語には,安全な外科管理の基本を学ぶための刺激になる文脈があるでしょう.医学生・研修医・若手外科医が診療の合間や病院の長い1日を終えたときに読めるほど各章は短くなっています.とくに研修医やレジデントが外科専門医の口頭試問の準備をするときにこの本が役立つことを願っています.

 Justin B. Dimick
 Gilbert R. Upchurch Jr.
 Christopher J. Sonnenday
目 次
目次
I 消化管外科 Esophagus & Gastrointestinal
 (1)食道破裂
 (2)アカラシア
 (3)食道癌
 (4)胃食道逆流症(GERD)
 (5)出血性胃潰瘍
 (6)穿孔性十二指腸潰瘍
 (7)胃癌
 (8)消化管間質腫瘍(GIST)
 (9)腸閉塞
 (10)病的肥満
 (11)Crohn病の小腸狭窄
 (12)急性虫垂炎
 (13)穿孔性虫垂炎
 (14)下部消化管出血
 (15)結腸捻転
 (16)穿孔性憩室炎
 (17)難治性の潰瘍性大腸炎
 (18)虚血性大腸炎
 (19)大腸癌による腸閉塞
 (20)直腸癌
 (21)肛門周囲膿瘍
 (22)血栓性外痔核

II 肝胆膵外科 Hepatobiliary & Pancreas
 (23)慢性肝疾患の肝腫瘤
 (24)転移性大腸癌
 (25)急性胆嚢炎
 (26)急性胆管炎
 (27)重症急性膵炎
 (28)慢性膵炎の頑固な腹痛
 (29)膵頭部癌による閉塞性黄疸
 (30)ガストリノーマ

III 小児外科 Pediatric
 (31)肥厚性幽門狭窄症
 (32)Meckel憩室出血
 (33)腸重積

IV 女性外科 Gynecologic & Breast
 (34)婦人科疾患による下腹部痛
 (35)マンモグラフィーの異常
 (36)乳房腫瘤
 (37)進行乳癌

V ヘルニア Hernia
 (38)症状がある鼠径ヘルニア
 (39)嵌頓や絞扼がある鼠径ヘルニア
 (40)腹壁創ヘルニア

VI 胸部外科 Thoracic
 (41)孤立性肺結節
 (42)自然気胸

VII 血管外科 Vascular
 (43)拍動性腹部腫瘤
 (44)腹部大動脈瘤破裂
 (45)急性腸間膜虚血
 (46)閉塞性動脈硬化症
 (47)急性肢虚血
 (48)糖尿病足感染

VIII 外傷外科 Trauma
 (49)胸部鋭的外傷
 (50)腹部鈍的外傷

IX 救命処置 Critical Care
 (51)気道緊急
 (52)副腎不全
 (53)急性呼吸促迫症候群
 (54)敗血症性ショック
 (55)重症手術患者の栄養管理

索引